新着記事

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(4/6~4/12)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(4/6~4/12)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(4/6~4/12)牡羊座~蟹座編

新型コロナウイルスが4月新入社員研修に与える影

講義型研修はオンライン化進む|新型コロナウイルスで「新入社員研修」どうなる?

信長と帰蝶の関係からも目が離せない。

織田信秀死す! まだ10代の信長・帰蝶夫妻に降りかかる尾張の国難【麒麟がくる 満喫リポート】

【働き手のお財布事情】20代~40代の2割が貯金なし、3割が毎月の貯金をしていない!

【裁判長の説諭】失踪した夫の借金を肩代わり。生活費に困り、子どもたちを育てるために食材を万引きし続けた母。この事件を担当した裁判官は、閉廷後にその母を呼び止めて……。(後編)

【裁判長の説諭】失踪した夫の借金返済を肩代わり。生活費に困り、子どもたちを育てるために食材を万引きし続けた母(後編)

【裁判長の説諭】失踪した夫の借金を肩代わり。生活費に困り、子どもたちを育てるために食材を万引きし続けた母。(前編)

【裁判長の説諭】失踪した夫の借金返済を肩代わり。生活費に困り、子どもたちを育てるために食材を万引きし続けた母(前編)

犬の散歩は犬のためだけに行うのではない。人の健康にも大きな効果。

犬は最高のパーソナルトレーナー。犬の散歩は人の健康寿命を延ばす

明智光秀像 滋賀県・坂本城址公園

明智光秀の妻【にっぽん歴史夜話26】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 荒川豊蔵資料館蔵の志野筍絵茶碗 銘「随縁」(荒川豊蔵、1961年)。豊蔵が「再発見」した「美濃桃山陶」の陶片である「筍」と文様が共通する。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

【義家族との間】義母との絶縁を選択したのは実の子である夫なのに……。複雑な親子関係よりも軽視された15年夫婦の絆~その2~

取材・文/ふじのあやこ

離婚、再婚などで複雑化する家族関係。血縁のない家族(義家族)との関係で生じる問題、そして新たに生まれたものを、当人にインタビューして、当時感じた素直な気持ちを掘り下げます。(~その1~はコチラ)

今回お話を伺った泰子さん(仮名・41歳)は、25歳の時に高校の同級生と結婚、現在は都内にある2人のマンションで生活をしています。泰子さんは29歳の時から義家族と絶縁状態に。そのきっかけは何度も流産している泰子さんに向かって義母が「子どもがいなかったらその分裕福な生活ができていいじゃない」と言ったことで実子である旦那さんがブチギレてしまったから。絶縁になっても、当時の泰子さんに不安はなかったと振り返ります。

「元々、夫の家族は仲が悪くて、義父はろくに帰ってこなくて、母親は家にはいるものの子育てをちゃんとするような人でもありませんでした。私たち夫婦は夫の家族には伝えずに都内に引っ越し、それに電話にも出なくなりました。私は着信があるのも嫌だったので、番号を変えたほど。そうしたら、なんかすっきりしたんですよね。私は夫が好きで結婚したのであって、夫の家族に入りたかったわけじゃなかったし、夫も育った家よりも私を選んでくれたから」

夫の浮気で夫婦関係が悪化。そんな時に義父の訃報が届き……

夫婦だけの生活は長年うまくいっていたそうですが、あることでケンカが絶えなくなっていきます。

「夫が浮気をしたんです。相手は同じ会社の女性でした。浮気がわかったのは、帰りが遅くなったり、いつも気にしていなかったのに携帯を持ち歩くようになったりと、ありきたりなものです。夫は事実を認め、相手女性が会社をやめることを条件に、一度は許しました。その他にも携帯番号を変えさせたり、お小遣いを減らしたりと色々したんです(苦笑)。

夫はそれから真面目にはなりましたが、これも嘘なんじゃないかと疑うクセみたいなものが私についてしまって。私が質問をして一度夫が答えたものを、後日同じ回答をするか再度聞いてみたり。それを何度か繰り返していると、前も言ったことだと夫がキレるようになりました。怒るということはやましいことがあるからとさらに疑心が増えていく、という悪循環に嵌まってしまいました」

夫婦関係の悪化と重なったのが、義父の訃報。

「元々腎臓が悪くて、人工透析で病院に通っているというのは聞いていました。でも、それ以外は元気だったし、年齢も60代でまだまだ働き盛り。家に帰ってこないのも元気な証だと勝手に思っていたのに。たまたま検査もかねて入院したら、病院で急に危篤状態になり、そのまま……。夫は気丈に振る舞っていましたが、車の運転もおぼつかないくらい動揺していて、私が車を運転していったくらいです」

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【義家族との間】両親と義両親が結託した離婚阻止。家庭内別居は6年…
  2. 【義家族との間】両親と義両親が結託した離婚阻止。家庭内別居は6年…
  3. 【義家族との間】夫婦生活10年目。うまく回るためには「頑張るしか…
  4. 【義家族との間】夫婦生活10年目。うまく回るためには「頑張るしか…
  5. 【義家族との間】血の繋がらない2人目の父がしてくれたこと。そして…
PAGE TOP