新着記事

新型コロナウイルスによる「休校体験」から子どもたちに学んでほしいこと【異文化リテラシー レッスン9】

新型コロナウイルスの「休校体験」から子どもたちに学んでほしいこと【異文化リテラシー レッスン9】

ストレスが原因なのか、便秘になることが増えてきた人の処方箋【不摂生でも病気にならない人の習慣】

ペットの名前ランキング2020、犬1位は「ココ」、猫1位は「レオ」、犬種別、猫種別の1位は?

2020年1月26日。東京・丸の内で行なわれた70歳の「バースディ・ライブ」のステージで。『エーゲ海のテーマ~魅せられて』を優雅に熱唱。1979年に200万枚の大ヒットを記録、日本列島を席巻したジュディさんの代表曲だ。真っ白い衣装に透けるシルエットが美しい。

【インタビュー】ジュディ・オング(歌手、女優、木版画家・70歳)「これからは毎日をお正月にしよう」古稀を迎えて、そう決めたんです

アフターコロナ旅行調査、国内旅行は3か月以内、海外旅行は6か月以内に行きたい人が多数!

市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】

市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】

ジョー・パス『カリフォルニア・ブリーズ』

「驚きの顔合わせ」から見えたフュージョン・ギターの源流【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道55】

アスパラの豆乳レモンクリームスパゲティ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】柔らかくて甘い、旬のアスパラガスを使ったレシピ2品

伝染するストレス! 自粛警察が生み出す生きづらさの実態調査

伝染するストレス! 自粛警察が生み出す生きづらさの実態

樺細工の三段小ダンス|2種の桜の皮を使い豊かな表情。手練の樺細工職人が丹精込めた

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

【義家族との間】親離れ・子離れがいつまでもできない家に嫁いだ6年間でわかったこと~その2~

取材・文/ふじのあやこ

離婚、再婚などで複雑化する家族関係。血縁のない家族(義家族)との関係で生じる問題、そして新たに生まれたものを、当人にインタビューして、当時感じた素直な気持ちを掘り下げます。(~その1~はコチラ)

今回お話を伺った美紀さん(仮名・43歳)は、27歳の時に結婚するも、第二子を出産後すぐに離婚、現在は実家のある千葉県で子ども2人との3人暮らしをしています。結婚前の挨拶に行った時の“義兄の存在の消去”、そして“母親と夫の距離の近さという2つの違和感に見て見ぬふりをして、そのまま結婚することにしたそうですが……。

「夫の実家は沖縄で、飲食店の仕事をずっとしていたこともあり、今まで一度も訪れたことはありませんでした。でも、同棲の時に一度義母と電話で話したことがあって、その時はすごく優しい人だなって印象でした。ご挨拶に行った時も優しかったんですが、私の目の前でも家族しかわからない話をずっと続けるとか、除け者にされている感じはしていました」

相談もなしに夫の実家の隣に新居を建築。沖縄へ強制移住に

結婚して1年後に告げられたのは、沖縄での新居の話。一時は別居になるほど、この騒動では揉めたと振り返ります。

「義両親が夫のために新居を実家の隣に建ててくれているみたいでした……。夫は次男なのに、まさに“寝耳に水”状態でした! 夫からは今まで一度も相談されたことがなくて、義母からの電話で初めて知ったんです。なぜ今まで内緒にしていたのか、沖縄で暮らすことなんて一度も了承していないと、大ゲンカに発展しました。ケンカと言っても、夫のほうはひたすら黙って、ボソボソと謝ってくるばかり……。離婚もよぎった私は一度実家に帰って、冷却期間を置きました。その間夫が3度ほど迎えに来てくれて、やっと3度目に仲直りした感じです。

私の両親の考えは二分していましたね。勝手にしたことを母親はありえないと怒ってくれたんですが、父親は嫁いだのだからもう相手の家の人間になったという考えのようで。私自身も夫のことはまだ好きだったので、沖縄に行く覚悟を、父の話もあってその時に決めた感じでした。寒いところよりは暖かいところのほうが好きだったし(苦笑)。もっと真剣に考えればよかったですね……」

別居騒動から1年後に2人は沖縄へ移住。最初こそ新鮮さもあり楽しかったと言いますが、そんな雰囲気が一転したのは、美紀さんの妊娠でした。

「仕事を辞めて、沖縄に移住した時にはある程度覚悟をしていたこともあって、思いのほか馴染むことは早かったと思います。義母も優しかったし、新居も立派なもので、私たちのことを思って建ててくれたのだと、肯定的に見ようと努めていました。

でも、沖縄に住み始めて4か月ほどで私の妊娠が発覚して、穏やかだと思っていた義母がすごくピリピリしていったんです。それは私の体調を心配してのことなんでしょうが、食べるものまで決められて、私からするとそれが一番ストレスで……。さらには、一緒に連れてきた犬のことをばい菌のような扱いをして、捨てろって言ってきたんです……」

【犬のことを巡って、妊娠の不安定な時期に義母とのバトルがスタート。次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【義家族との間】義父亡き後、ゴミ屋敷化した義実家。義両親の持ちマ…
  2. 【義家族との間】義父亡き後、ゴミ屋敷化した義実家。義両親の持ちマ…
  3. 【義家族との間】義妹の子どもの面倒をなぜ私が?コロナ禍の学校休校…
  4. 【義家族との間】義妹の子どもの面倒をなぜ私が?コロナ禍の学校休校…
  5. 【義家族との間】コロナ禍で逃げ場がない。30代に離婚ではなく家庭…
PAGE TOP