新着記事

【お詫び】新型コロナウイルス感染症の影響による『サライ』4月号の付録変更について

孫の世話をするのは、当たり前ではない!「ばぁば」の半数以上が「孫育て」にモヤモヤしている

【嫌な部屋干しの臭い】生乾きの臭いを解消する有効な対策とは?

電動フルオートアンブレラ|開閉の途中で止められる、完全自動の電動傘

【京都人のお墨付き】「京料理 貴与次郎」店主・堀井哲也さんおすすめの和菓子「中村軒」

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(2/24~3/1)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」 (2/24~3/1)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(2/24~3/1)牡羊座~蟹座編

車でおでかけ途中に子どものテンションを下げないコツ

ドイツ製折りたためるエルゴクラッチ【非課税品】|軽くて丈夫。持ち運びも楽な肘当て付きステッキ

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 北大路魯山人作「つばき鉢」1938年

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

【義家族との間】新居資金のための同居のはずが兄夫婦は実家をリフォーム。義姉の自由さが母親を追いつめる~その2~

取材・文/ふじのあやこ

離婚、再婚などで複雑化する家族関係。血縁のない家族(義家族)との関係で生じる問題、そして新たに生まれたものを、当人にインタビューして、当時感じた素直な気持ちを掘り下げます。(~その1~はコチラ)

今回お話を伺った藍子さん(仮名・37歳)は、32歳まで一人暮らしをしていたものの、体調不良が原因で仕事を退職し、実家に出戻っています。その時実家には兄夫婦と子どもが暮らしていて、実家の雰囲気は以前とはまったく異なるものだったとか。仕事をしていなかった藍子さんは率先して家事をするようになっていきますが……。

「私が担当したのは、朝の用意全般です。もちろんそれ以外にも洗濯や掃除、買い物もしていましたが、朝早くに家を出る父と兄のご飯の準備を私がすれば、母と義姉はもう少しゆっくり起きてもらえると思ったから。私自身もいつまでも無職というわけにはいかないので、朝型の生活に慣れたかったという考えもありました。でも、これが後々アダになるなんて……」

保育園に落選するもパート勤務を強行した義姉。孫の面倒は母親に

藍子さんひとまず派遣の時短勤務で仕事を再開。朝食の準備を交代制にしたいと思っていたものの、自分から言い出すことはできなかったよう。その気持ちを汲み取ってくれたのは母親でした。

「母親は私から何も言わなくても朝早く起きて、私の半分の時間で朝食の準備を終わらせてくれました。さすがですよね。それに『仕事に慣れるまでが大変なんだから』と朝の準備を買って出てくれたんですよ。本当にありがたかったです。でも、義姉は朝起きてくる気配はまったくなくて。まぁ実家ではあるものの、私は出戻りで働いてなかった分、居候という後ろめたさがあって何も言えませんでした。でも、そのちょっとしたわだかまりが少しずつ大きくなっていったんです」

わだかまりがピークに膨れ上がったのは、義姉がパートに出るようになったことがきっかけだったそう。子どもの世話をすべて母親に押し付けていたと当時を振り返ります。

「姪は完全に母乳も終わっていたとはいえ、まだまだ手のかかる時期。それを外に出たいという理由で何の相談もなくパート勤務を始めたんです。ずっと家にいて姪(孫)の世話をすることになる母親のことをすごく軽視しているように感じました。一応保育園に申し込んでいたみたいですが、落選したようで。それならパート勤務をやめればいいのにそれもしなくて。

その頃私は別の会社に再就職していて、実家を出る準備をしていました。でも、義姉にこれ以上母親を頼ることをやめてほしくて、その防波堤になれればと実家にもう少しいることを決めました」

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【義家族との間】離婚後も娘のように接してくれる義両親。その深い愛…
  2. 【義家族との間】離婚後も娘のように接してくれる義両親。その深い愛…
  3. 【義家族との間】毎年決行される義両親との家族旅行。自腹なのに大広…
  4. 【義家族との間】毎年決行される義両親との家族旅行。自腹なのに大広…
  5. 【義家族との間】義母との絶縁を選択したのは実の子である夫なのに……
PAGE TOP