新着記事

「9月入学、8月卒業」は本当? アメリカモデルから解く「秋に始まる学校」制度【異文化リテラシー レッスン10】

「9月入学、8月卒業」は本当? アメリカモデルから解く「秋に始まる学校」制度【異文化リテラシー レッスン10】

おこもり生活に役立つアプリ「radiko」の使い方【スマホ基本のき 第20回】

生活費が足りない、借金返済の場合は嘘をつく、親にお金を借りる理由

衝動的に東海道新幹線に飛び乗ってでかけたくなる、ニッチな一冊|『名古屋の酒場』

飲み屋が少ない、そもそも酒に弱い、知られざる「名古屋の酒場」事情

毎日出勤しても仕事が無い…「社内失業者」にならないために必要なこと

【ビジネスの極意】名門会社を失った、40代で働き盛りだった三代目の失敗から学ぶこと

【ビジネスの極意】名門会社を失った、40代で働き盛りだった三代目の失敗から学ぶこと

年収1000万円以上の保護者が子どもにしている「マネー教育」の中身

PTA活動はみんなやりたくない? 年齢別にみると明らかな結果が。生の声をそのまま公開します!

ボスママ、マウント、利権争い、「PTA活動」参加したくない意外な理由

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

『Norman Granz' Jazz At The Philharmonic Vol.6』

「好き勝手」を楽しむ ジャム・セッションの聴き方【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道56】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

【義家族との間】新居資金のための同居のはずが兄夫婦は実家をリフォーム。義姉の自由さが母親を追いつめる~その2~

取材・文/ふじのあやこ

離婚、再婚などで複雑化する家族関係。血縁のない家族(義家族)との関係で生じる問題、そして新たに生まれたものを、当人にインタビューして、当時感じた素直な気持ちを掘り下げます。(~その1~はコチラ)

今回お話を伺った藍子さん(仮名・37歳)は、32歳まで一人暮らしをしていたものの、体調不良が原因で仕事を退職し、実家に出戻っています。その時実家には兄夫婦と子どもが暮らしていて、実家の雰囲気は以前とはまったく異なるものだったとか。仕事をしていなかった藍子さんは率先して家事をするようになっていきますが……。

「私が担当したのは、朝の用意全般です。もちろんそれ以外にも洗濯や掃除、買い物もしていましたが、朝早くに家を出る父と兄のご飯の準備を私がすれば、母と義姉はもう少しゆっくり起きてもらえると思ったから。私自身もいつまでも無職というわけにはいかないので、朝型の生活に慣れたかったという考えもありました。でも、これが後々アダになるなんて……」

保育園に落選するもパート勤務を強行した義姉。孫の面倒は母親に

藍子さんひとまず派遣の時短勤務で仕事を再開。朝食の準備を交代制にしたいと思っていたものの、自分から言い出すことはできなかったよう。その気持ちを汲み取ってくれたのは母親でした。

「母親は私から何も言わなくても朝早く起きて、私の半分の時間で朝食の準備を終わらせてくれました。さすがですよね。それに『仕事に慣れるまでが大変なんだから』と朝の準備を買って出てくれたんですよ。本当にありがたかったです。でも、義姉は朝起きてくる気配はまったくなくて。まぁ実家ではあるものの、私は出戻りで働いてなかった分、居候という後ろめたさがあって何も言えませんでした。でも、そのちょっとしたわだかまりが少しずつ大きくなっていったんです」

わだかまりがピークに膨れ上がったのは、義姉がパートに出るようになったことがきっかけだったそう。子どもの世話をすべて母親に押し付けていたと当時を振り返ります。

「姪は完全に母乳も終わっていたとはいえ、まだまだ手のかかる時期。それを外に出たいという理由で何の相談もなくパート勤務を始めたんです。ずっと家にいて姪(孫)の世話をすることになる母親のことをすごく軽視しているように感じました。一応保育園に申し込んでいたみたいですが、落選したようで。それならパート勤務をやめればいいのにそれもしなくて。

その頃私は別の会社に再就職していて、実家を出る準備をしていました。でも、義姉にこれ以上母親を頼ることをやめてほしくて、その防波堤になれればと実家にもう少しいることを決めました」

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【義家族との間】義父亡き後、ゴミ屋敷化した義実家。義両親の持ちマ…
  2. 【義家族との間】義父亡き後、ゴミ屋敷化した義実家。義両親の持ちマ…
  3. 【義家族との間】義妹の子どもの面倒をなぜ私が?コロナ禍の学校休校…
  4. 【義家族との間】義妹の子どもの面倒をなぜ私が?コロナ禍の学校休校…
  5. 【義家族との間】コロナ禍で逃げ場がない。30代に離婚ではなく家庭…
PAGE TOP