サライ.jp

取材・文/ふじのあやこ

離婚、再婚などで複雑化する家族関係。血縁のない家族(義家族)との関係で生じる問題、そして新たに生まれたものを、当人にインタビューして、当時感じた素直な気持ちを掘り下げます。(~その1~はコチラ)

今回お話を伺った文乃さん(仮名・39歳)は、33歳の時に結婚し、昨年2019年に離婚しました。現在は大阪市内で働きながら、実家で父親と2人暮らしをしています。文乃さんの離婚理由は子どもに恵まれなかったこと。そして、その原因は31歳の時に治療を受けた乳がんのことが関係しているそう。

「告知を受けたのは31歳の時だったんですが、胸の違和感は20代から感じていました。でも、超音波の検査で大丈夫という医師の言葉を信じ切って、結果2年も放置してしまって……。私の母親が乳がんで亡くなっているのに、危機管理がまったくできていなかった自分が恥ずかしいです。

告知を受けた時は夫となる人と付き合い始めたばかりで、治療方針を聞いて、もしかしたら子どもが望めなくなるかもしれないと思い、別れを切り出しました」

相手の両親に伝えられたのは病気のことだけ。妊娠の可能性についてはどうしても言えなかった

治療方針はがん治療の標準治療といわれる、手術、抗がん剤、放射線治療、そして長期に渡る投薬のホルモン治療でした。医師から妊孕性の話をされた文乃さんは後の夫に別れを告げます。

「今までまったく妊娠について、ちゃんと考えたことはありませんでした。30歳を超えても、まだ“いつかは”なんて楽観的に考えていたんです。でも、それがかなわない未来になるかもしれないと急に言われて。医者は絶対産めなくなるとは言わないものの、妊娠が普通のことではなくなったことだけはわかりました。

だから、別れなければいけないと。でも、夫は当たり前のように『支えていく』と言ってくれて。あの時ほど、この人に選んでもらえて良かったと思ったことはありません」

標準治療も投薬のみになり、仕事にも復帰して落ち着いた時期にプロポーズを受けて、結婚することに。相手の両親も病気のことを受け入れてくれたと言います。

「相手のご両親への挨拶で、彼からは病気のことを言う必要はないと伝えられたんですが、私はそれも含めて、結婚を許してもらいたかった。伝えた時は少しの沈黙の後、『大変だったね』と労っていただけて。反対は一切されませんでした。でも、今思うと、相手のご両親は病気についてそこまで詳しくなくて、私も妊孕性についてちゃんと伝えられなかったのがいけなかった。その時は産める可能性がゼロじゃないんだから、こんなマイナスなことを口にしたくないって思ってしまったんですよね……」

【次ページに続きます】

1 2

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
12月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア