新着記事

日本の「クリスマス」のおかしな常識【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編34】

日本の「クリスマス」のおかしな常識とは?【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編34】

ゴルフで仕事がうまくいった人は6割! 会社員500名のゴルフ事情

【ビジネスの極意】「ライバル企業に転職する」と言った部長の話からわかること

【ビジネスの極意】「ライバル企業に転職する」と言った部長の話からわかること

巨大な名峰『立川談志山』登頂のためのガイドブック|『談志語辞典』

自分の欲望をカネで解決するのを、恥ずかしいこととしてやらないのが「江戸っ子の品」|弟子だからこそ知っている「談志のことば」

【車検ははなんでこんなに高い…?】半数以上の方が車検の内容をよく理解せずに受けていることが判明!?知らずに損をしている現状を打破するために見極めなければいけない事とは?

車検はなんでこんなに高い!? 知らないと損をする「車検」の中身

お母さんが1番大変だと感じる「朝ごはんの準備」どう乗り切っている?

ビル・エヴァンス&ジム・ホール『アンダーカレント』

音楽のキャッチボール「デュオ」演奏の楽しみ方【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道36】

人間関係が幸せの道すじ【人生のおさらいをするために――児童精神科医・佐々木正美さんからのメッセージ】

人間は人間関係の中でしか、自分の存在や価値を見出せない【人生のおさらいをするために――児童精神科医・佐々木正美さんからのメッセージ】

429人にアンケート調査!|子どもが医学部受験をしたことのある母親へ質問しました! 当時お子様のために何をしていましたか? 医学部受験のコツとは…!?

子どもが医学部受験をしたことのある母親429人に聞いた「医学部合格のコツ」

海苔の佃煮

【管理栄養士が教える減塩レシピ】新海苔の季節!旨味たっぷり海苔を使った佃煮&おかずレシピ

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  2. 鴨鍋
  3. 宝塚歌劇

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

「老後の生活や年金」「台風・豪雨・洪水」「あおり運転」|令和元年、日本人の不安1位は?

高齢化や核家族化、ネット環境や情報機器の発達、地震や豪雨などの自然災害の多発など、社会のあり方や世相が変化する中で、現代社会で生きていると“不安”だと思う要素はたくさんあります。セコム株式会社(https://www.secom.co.jp)が、20代以上男女(20-29歳、30-39歳、40-49歳、50-59歳、60歳以上/男女各50名の計500名)を対象に、「日本人の不安に関する意識調査」を実施しました。その対策や意識について見ていきましょう。

■8年連続7割以上が「最近不安を感じている」

最近、「何かに不安を感じていることはあるか?」という問いかけに対して、「感じている(29.6%)」、「どちらかといえば感じている(44.8%)」と、計74.4%が回答、8年連続で7割以上が不安を感じている結果となりました。
性年代別で見てみると、女性20~30代の約9割(ともに88.0%)が不安を感じる人が多い結果が出てきました。

最も不安に感じていることは「老後の生活や年金」が全体の約3割でトップ

最近不安を感じている人の中で、具体的に最も不安を感じている項目として、8年連続で「老後の生活や年金(33.3%)」が1位、次いで2位が「健康(20.4%)」、3位が「台風・豪雨・洪水(15.6%)」となりました。

特に「台風・豪雨・洪水」と回答した人が大幅に増加し、昨年3位の「地震」を抜いて、7位から順位を上げています。

■今後の治安悪化・犯罪増加について7割以上が懸念

「今後、治安悪化や犯罪増加の可能性があると思うか?」という問いかけに対して、昨年より下がったものの「そのように思う(20.2%)」、「どちらかといえばそのように思う(55.8%)」と、全体で76.0%が懸念していることがわかりました。
特に男性30代と女性50代では、ともに86.0%が懸念していると回答し、各年代よりも今後の社会情勢について不安視していることが判明しました。

■防犯対策をしていないと回答した人は6割以上。一方、20代男性では5割近くが防犯対策を実施している結果に。

「防犯対策の有無」について聞いたところ、防犯対策を行っている人は昨年から微増したものの、66.2%が「防犯対策をしていない」と回答しています。
一方、性年代別では若い男性の防犯意識が高く、男性20代は約半数(48.0%)が防犯対策を講じていることが判明しました。

■防犯対策をしない理由としては「具体的にどのような対策をすればよいかわからないから」が5割以上

防犯対策をしない理由について聞いたところ、「具体的にどのような対策をすればよいかわからないから(54.1%)」が1位でした。多くの人が不安を感じているものの、対策方法が認知されていないことが分かりました。

​​■最近1年で不安を感じたことは、1位「台風や暴風・豪雨・ゲリラ豪雨などによる土砂災害(50.4%)」を中心に自然災害に由来する回答が顕著。

「最近1年間で不安を感じた事件・事故は何ですか?」と聞いたところ、1位「台風や暴風・豪雨・ゲリラ豪雨などによる土砂災害(50.4%)」、2位「地震・津波による被害(36.0%)」、3位「猛暑や熱中症や日射病(30.0%)」と昨年に引き続き自然災害や異常気象に不安を感じる人が多くいました。
また「交通トラブル(逆走、あおり運転など)による被害(25.8%)」が4位となり、社会問題となっている交通トラブルに不安を感じる人が多くいることが判明しました。

***

老後の生活や年金、頻発する自然災害など悩みは尽きませんが、悩みを抱えているのは他の人も同じようです。今ではそれらについての情報も多くあり、事前に準備をして対策をとることも十分に可能です。不安に思ったら、調べて対策を講じるなどの行動を取れば、案外不安も消えてしまうものかもしれませんね。

 

【調査概要】
・調査期間: 2019年10月25日~27日
・対  象: 全国男女500名
      (20-29歳、30-39歳、40-49歳、50-59歳、60歳以上/各50名)
・方  法: インターネットによるアンケート回答方式

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ノノママhttps://www.photo-ac.com/profile/2434086さんによる写真AChttps://www.photo-ac.com/からの写真 自然災害から、介護の必要な親をどう守る?|「水が来たらあきらめる…
  2. 子どもがいない場合の相続や自身の介護はどうすべきか|『子どもなくても老後安心読本』 老後も死後も揉め事ばかり!? 子どもがいない夫婦、独身者は、自…
  3. 「過ぎてしまったことは、苦労とは思わない。今が一番幸せ」―“サ高住から脱走した”母に聞く 親の終の棲家をどう選ぶ?|「過ぎてしまったことは、苦労とは思わな…
  4. 運動 「メタボ」「疲れやすい」は、筋肉の衰えのシグナル
  5. 50代から本気で始める老後の備え ~30年後、“勝ち組高齢者&#…
PAGE TOP