新着記事

樺細工の三段小ダンス|2種の桜の皮を使い豊かな表情。手練の樺細工職人が丹精込めた

スマートフォンを見ながら、指示通りにノートに板書する

日本より進んでいる!? カンボジアのオンライン授業はSNSが大活躍

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(5/25~5/31)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(5/25~5/31)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(5/25~5/31)牡羊座~蟹座編

会社の固定電話が鳴ると緊張する、知らない番号からの着信には出ない、知られざる「電話恐怖症」の実態

上洛中の信長の暗殺を企てていた斎藤義龍(演・伊藤英明)。ドラマでは今回で最後の登場となる。

斎藤義龍による上洛した信長の暗殺計画 いよいよ〈戦国〉がダイナミックに動き出す!【麒麟がくる 満喫リポート】

野筆セット|野外で書道を愉しめる小型・軽量の墨筆セット

発掘された義景館の高台の庭園(特別名勝指定)。

『麒麟がくる』でも再現された朝倉館の美しき庭園。なぜ、戦国大名は競って庭園を造ったのか?【麒麟がくる 満喫リポート】

折りたためるオールシーズンハット|オーソドックスなスタイルで誰でも似合う“普通の帽子”

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

【娘のきもち】他人行儀な親子関係を引きずったまま大人に。不和解消のきっかけは親族の借金だった~その1~

取材・文/ふじのあやこ

近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過ごす中で、娘たちは親に対してどのような感情を持ち、接していたのか。本連載では娘目線で家族の時間を振り返ってもらい、関係性の変化を探っていきます。

「ちゃんと嫌いにもなれないのに、近づくこともできなかった。初めて頼られたことで、やっと両親と家族として近い存在になれた気がします」と語るのは、久美子さん(仮名・36歳)。彼女は現在、都内にあるメーカーでマーケティングの仕事をしています。声が大きく表情も豊かで明るい印象を受けます。しかし、会話を交わす中には自分を卑下するような発言が目立ちました。

実家に入り浸る父親とそれにさえ文句を一切言わない母親。2人の関係性がまったく見えなかった

久美子さんは岐阜県出身で、両親と2つ上に姉のいる4人家族。両親の出会いはお見合い。当時のお見合い結婚には珍しく、母親のほうが年上だと言います。

「お互いの親の知り合いから紹介を受けて、お見合いしたと聞いています。母親のほうからそのことについて詳しく聞いたことはないんですが、父親が父方の身内との飲みの席で『お見合いで年上を紹介された時はびっくりした』とよく口にしていました。両親の年齢差はたった2歳。母親のいない飲みの席で冗談っぽくでもこんなことを言う父親は、なんてデリカシーのない人なんだと思ったことを覚えています」

父親は3歳下の弟(久美子さんの叔父)と仲が良く、弟は独身で祖父母の住む実家にいたこともあり、実家に入り浸っていたとか。

「その頃母親は週に2〜3日パートに行っていたくらいで、ちゃんと晩御飯を毎日用意してくれていました。でも父親は何も言わずに実家に寄って、酔っ払って帰ってくる。うちから徒歩でも15分ぐらいの場所だったのに、夜中でもお構いなく、祖母から連れて帰ってくれという電話がよくあったんですよ。車で迎えに行っている母親が少し可哀想に見えていましたね。でも、そんな父親だったのに、母親から父親の悪口は一切聞いたことがなかった。というか、私たちの前で父親の話をすることなんてなかったんじゃないかな。まったく記憶に残ってないので」

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【娘のきもち】40歳を超えても子ども扱いする親。原因は親の依存で…
  2. 【娘のきもち】40歳を超えても子ども扱いする親。原因は親の依存で…
  3. 【娘のきもち】自分が正しいという前提で話す母親が嫌い。コロナ禍の…
  4. 【娘のきもち】自分が正しいという前提で話す母親が嫌い。コロナ禍の…
  5. 【娘のきもち】母親は結婚せずに私を生んだ。亡くなってからやっと母…
PAGE TOP