新着記事

美意識

美意識が高い40代以上が憧れる女性芸能人TOP3は「天海祐希」「吉永小百合」「北川景子」

進学に関する保護者の意識調査

子供の進学に親はどこまで関与する?|保護者が我が子の進学先を選ぶポイントとは?

8号帆布のデイパックと薄マチショルダーバッグ|シンプルで使いやすい。質実剛健な帆布バッグ

(2)キース・ジャレット『ケルン・コンサート』

「都市」と共演するキース・ジャレットのソロ・ピアノ【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道32】

不動産のプロ104人に聞いた、30年後に価値の落ちない物件とは|東京近郊のタワーマンションで一番価値が上がるエリアは!?

間違いだらけのタワマン選び|不動産のプロ100人に聞いた「価値が下がらないタワーマンションエリアランキング」(東京近郊編)

雇用保険、健康保険について【そのときになって困らないために|リタイア前後の手続き編】

定年後の「雇用保険」「健康保険」、どうしたらいい?【そのときになって困らないために|リタイア前後の手続き編】

エコ・ドライブ グローバル電波時計|僅かな光を動力にする「エコ・ドライブ」搭載。海外対応の電波時計ゆえ時刻合わせは不要

彩り野菜のホットサラダ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】秋の味覚、さつまいもを使ったレシピ 「さつまいものごまチーズ焼き」「彩り野菜のホットサラダ」

憧れの女性象として活躍した女優、八千草薫|『男はつらいよ 寅次郎夢枕』【面白すぎる日本映画 第36回】

憧れの女性像として活躍した女優、八千草薫|『男はつらいよ 寅次郎夢枕』【面白すぎる日本映画 第36回】

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(11/11~11/17)射手座~魚座編

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 設計・施工はすべて積水ハウスが担当。バリアフリーをはじめ、高齢者の暮らしやすさに配慮した設えが特徴。写真は50平方メートルの部屋。
  2. 設計・施工はすべて積水ハウスが担当。バリアフリーをはじめ、高齢者の暮らしやすさに配慮した設えが特徴。写真は50平方メートルの部屋。
  3. 写真手前が「ラム串五本セット」1000円。レバー、ショルダー、ランプ、ネックの炭火串焼き。左上「よだれラム」800円。羊のすね肉をロール状にして麻マー辣ラーのタレに漬ける。“赤の泡”と好相性。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

【娘のきもち】他人行儀な親子関係を引きずったまま大人に。不和解消のきっかけは親族の借金だった~その1~

取材・文/ふじのあやこ

近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過ごす中で、娘たちは親に対してどのような感情を持ち、接していたのか。本連載では娘目線で家族の時間を振り返ってもらい、関係性の変化を探っていきます。

「ちゃんと嫌いにもなれないのに、近づくこともできなかった。初めて頼られたことで、やっと両親と家族として近い存在になれた気がします」と語るのは、久美子さん(仮名・36歳)。彼女は現在、都内にあるメーカーでマーケティングの仕事をしています。声が大きく表情も豊かで明るい印象を受けます。しかし、会話を交わす中には自分を卑下するような発言が目立ちました。

実家に入り浸る父親とそれにさえ文句を一切言わない母親。2人の関係性がまったく見えなかった

久美子さんは岐阜県出身で、両親と2つ上に姉のいる4人家族。両親の出会いはお見合い。当時のお見合い結婚には珍しく、母親のほうが年上だと言います。

「お互いの親の知り合いから紹介を受けて、お見合いしたと聞いています。母親のほうからそのことについて詳しく聞いたことはないんですが、父親が父方の身内との飲みの席で『お見合いで年上を紹介された時はびっくりした』とよく口にしていました。両親の年齢差はたった2歳。母親のいない飲みの席で冗談っぽくでもこんなことを言う父親は、なんてデリカシーのない人なんだと思ったことを覚えています」

父親は3歳下の弟(久美子さんの叔父)と仲が良く、弟は独身で祖父母の住む実家にいたこともあり、実家に入り浸っていたとか。

「その頃母親は週に2〜3日パートに行っていたくらいで、ちゃんと晩御飯を毎日用意してくれていました。でも父親は何も言わずに実家に寄って、酔っ払って帰ってくる。うちから徒歩でも15分ぐらいの場所だったのに、夜中でもお構いなく、祖母から連れて帰ってくれという電話がよくあったんですよ。車で迎えに行っている母親が少し可哀想に見えていましたね。でも、そんな父親だったのに、母親から父親の悪口は一切聞いたことがなかった。というか、私たちの前で父親の話をすることなんてなかったんじゃないかな。まったく記憶に残ってないので」

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【娘のきもち】自己肯定感がない自分を絶対的に必要としてくれたもの…
  2. 【娘のきもち】自己肯定感がない自分を絶対的に必要としてくれたもの…
  3. 【娘のきもち】「手のかからない良い子」を演じ続けた代償。今も両親…
  4. 【娘のきもち】「手のかからない良い子」を演じ続けた代償。今も両親…
  5. 【娘のきもち】母親の口癖は「早く自立して」。親子の絆の呪縛から解…
PAGE TOP