サライ.jp

取材・文/ふじのあやこ

家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親に感じていた気持ちを探ります。(~その1~はコチラ)

今回お話を伺ったのは、都内にあるメーカーでマーケティングの仕事をしている久美子さん(仮名・36歳)。岐阜県出身で、両親と2つ上に姉のいる4人家族。子供たちには少しの関心しか示さず、自分にしか興味がない父親と躾に無頓着な母親の下で育ちます。

「母親からは普通に怒られた記憶は薄っすらと残っているんですが、何で怒られていたのか覚えていないことばかり。一方の父親はとにかく自分が大好きで話はいつも自分が中心。それに思ったことをすぐに口に出してしまうタイプで……。ピアノの発表会が終わる度に『きれいな恰好をして、大層な場所で演奏できるのはお父さんのおかげ』と言われて、せっかくの達成感に毎回水を差されていましたね……」

大学に進学するも父親からは「学費のムダ」と。面と向かって言わない父親に嫌悪感を抱いた

そんな両親の前では、高校生に上がる辺りからいい子を演じるようになっていったそうです。

「反抗期が中学生の時にあったんですが、表に出さずに内心イライラしていることぐらいで、両親に噛みついたりはしていません。そこで、我慢すること、表面だけを取り繕うことを覚えてしまったのかもしれませんね。決定的な何かがあったわけではないんですが、両親に話を聞いてほしいと思わなくなったというか。

それと同じぐらいの時期から、家族旅行に行った時などに家族と一緒にお風呂に入れなくなったんです。もちろん女湯で母親や姉とだけなんですが、なぜか裸を見せることがすごく嫌になってしまって。最初は思春期だからだと思っていたんですが、それは大人になった今も続いています。このことに違和感はまったく持っていなかったんですが、最近友人にこの話をした時があって、『家族なのに変』と言われてしまって気づいたんですが……」

両親というより、家族全員に対して壁を感じるようになったまま、大学進学をきっかけに愛知県で一人暮らしを開始。しかしこの大学進学から父親との関係が悪化していったと言います。

「進学した大学は私大で偏差値もさほど高くなく、ランクはかなり下のほうに属するところでした。私はあまり勉強が好きじゃなかったんですが、高校卒業してすぐに働く気にもなれなくて、進学を希望して入れたところに入ったという感じです。大学に入ると学費がもちろんかかりますし、親に負担をかけてしまったのはわかっています。でも、大学進学を決めた時に父親は一切反対しませんでした。入学が決まった時も喜んでくれていましたし。

でも、お盆で帰省した時に、父方の祖父母の家で親族と集まっている時に父親は、みんなの前で私のことをバカにしました。『あんな大学は学費のムダ』とまで言いましたね。お酒が入っていたとはいえ、それなら大学受験の時に反対すればよかったし、私にだけそのことを言ってほしかった。

でも、それを聞いた時も言い返すなんてできなくて、みんなの前で苦笑いを浮かべるしかできませんでした。そんな時でさえ強く言い返すことができない自分が常々嫌になりましたよ」

【次ページに続きます】

1 2

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
8月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア