新着記事

ロドルフォ・シヴィエロの家博物館「Museo Casa Rodolfo Siviero

イタリア版007エージェント。フィレンツェに実在した伝説のスパイの邸宅を訪ねる(イタリア)

スペリオダウン コンバーチブルジャケット|軽く暖かい高級羽毛を採用。半袖にもなるダウン

クリスマスマーケットの本場ドイツ。画像はボン。

一生に一度は訪れたい! クリスマス市の「屋台グルメ」の食べ歩き方(ドイツ)

シニア層でも利用率の高いSNSアプリはLINEと判明!

【シニアのスマホ利用事情】SNSをしている60代以上の9割は「LINE」

せりのとろろ昆布にぎり

【管理栄養士が教える減塩レシピ】鍋の具材以外でも楽しめる!「せりとあさりのかき揚げ」「せりのとろろ昆布にぎり」

酒燗器 ゆめここち|好みの温度で酒の燗がつけられる美濃焼の酒器

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/27~2/2)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/27~2/2)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/27~2/2)牡羊座~蟹座編

迫力ある場面が展開された第2話の合戦シーン。市街戦が描写されるのは珍しい。

「リアルな戦国」を描写する『麒麟がくる』 やがてくる「本能寺の変」への伏線【麒麟がくる 満喫リポート】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

【娘のきもち】他人行儀な親子関係を引きずったまま大人に。不和解消のきっかけは親族の借金だった~その2~

取材・文/ふじのあやこ

家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親に感じていた気持ちを探ります。(~その1~はコチラ)

今回お話を伺ったのは、都内にあるメーカーでマーケティングの仕事をしている久美子さん(仮名・36歳)。岐阜県出身で、両親と2つ上に姉のいる4人家族。子供たちには少しの関心しか示さず、自分にしか興味がない父親と躾に無頓着な母親の下で育ちます。

「母親からは普通に怒られた記憶は薄っすらと残っているんですが、何で怒られていたのか覚えていないことばかり。一方の父親はとにかく自分が大好きで話はいつも自分が中心。それに思ったことをすぐに口に出してしまうタイプで……。ピアノの発表会が終わる度に『きれいな恰好をして、大層な場所で演奏できるのはお父さんのおかげ』と言われて、せっかくの達成感に毎回水を差されていましたね……」

大学に進学するも父親からは「学費のムダ」と。面と向かって言わない父親に嫌悪感を抱いた

そんな両親の前では、高校生に上がる辺りからいい子を演じるようになっていったそうです。

「反抗期が中学生の時にあったんですが、表に出さずに内心イライラしていることぐらいで、両親に噛みついたりはしていません。そこで、我慢すること、表面だけを取り繕うことを覚えてしまったのかもしれませんね。決定的な何かがあったわけではないんですが、両親に話を聞いてほしいと思わなくなったというか。

それと同じぐらいの時期から、家族旅行に行った時などに家族と一緒にお風呂に入れなくなったんです。もちろん女湯で母親や姉とだけなんですが、なぜか裸を見せることがすごく嫌になってしまって。最初は思春期だからだと思っていたんですが、それは大人になった今も続いています。このことに違和感はまったく持っていなかったんですが、最近友人にこの話をした時があって、『家族なのに変』と言われてしまって気づいたんですが……」

両親というより、家族全員に対して壁を感じるようになったまま、大学進学をきっかけに愛知県で一人暮らしを開始。しかしこの大学進学から父親との関係が悪化していったと言います。

「進学した大学は私大で偏差値もさほど高くなく、ランクはかなり下のほうに属するところでした。私はあまり勉強が好きじゃなかったんですが、高校卒業してすぐに働く気にもなれなくて、進学を希望して入れたところに入ったという感じです。大学に入ると学費がもちろんかかりますし、親に負担をかけてしまったのはわかっています。でも、大学進学を決めた時に父親は一切反対しませんでした。入学が決まった時も喜んでくれていましたし。

でも、お盆で帰省した時に、父方の祖父母の家で親族と集まっている時に父親は、みんなの前で私のことをバカにしました。『あんな大学は学費のムダ』とまで言いましたね。お酒が入っていたとはいえ、それなら大学受験の時に反対すればよかったし、私にだけそのことを言ってほしかった。

でも、それを聞いた時も言い返すなんてできなくて、みんなの前で苦笑いを浮かべるしかできませんでした。そんな時でさえ強く言い返すことができない自分が常々嫌になりましたよ」

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【娘のきもち】「母親から嫌われたくない」。その思いを消し去ってく…
  2. 【娘のきもち】「母親から嫌われたくない」。その思いを消し去ってく…
  3. 【娘のきもち】父親の存在は絶対的なもの?母子家庭で育った女性がシ…
  4. 【娘のきもち】父親の存在は絶対的なもの?母子家庭で育った女性がシ…
  5. 【娘のきもち】自己肯定感がない自分を絶対的に必要としてくれたもの…
PAGE TOP