新着記事

塾に通う小学生・中学生の子どもをもつ保護者に聞いた「塾への満足度調査」

塾に通う小学生・中学生の保護者に聞いた「退塾の原因」

リードが外れた!いざという時のために今しておくこと

ペットのリードが外れた!いざという時のために今しておくこと

特製おせち三段重

「サライ・オリジナル 特製おせち」試食会で大好評!|お酒とともに味わう大人の味覚が満載 ご注文受付中

【インタビュー】保科正(家具会社顧問、デザイナー・77歳)「一日一日を思いっ切り生きてきたのでいつ最期を迎えても悔いはありません」

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【前編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【前編】

【義家族との間】情は一切なし。息子に向けられた敵意を敵意で返してきた義母~その2~

【義家族との間】情は一切なし。息子に向けられた敵意を敵意で返してきた義母~その1~

江戸城・松の大廊下跡

「吉良上野介」は悪人だったのか~「忠臣蔵」敵役の真実【にっぽん歴史夜話23】【にっぽん歴史夜話23】

明智光秀が葬られたとされる桔梗塚。今も荒深一族が管理している。

光秀ゆかりの地・岐阜県山県市発 明智光秀生存伝説|関ケ原合戦参陣で溺死した老光秀と墓地を守り続ける光秀の末裔

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

【娘のきもち】毒親からの歪んだ愛情。家族が歪みに気づくまで20年必要だった原因とは~その2~

取材・文/ふじのあやこ

家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親に感じていた気持ちを探ります。(~その1~はコチラ)

今回お話を伺ったのは、静岡県で子育てを支援する地域活動などを行っている麻友さん(仮名・34歳)。静岡県出身で、両親と1歳下に妹のいる4人家族。子供を押さえつけることが親の務めだと思い込んでいた両親から、やや歪んだ愛情を受け続けていました。

「何かやりたいことがあっても、絶対に一度は反対される。それがたとえ勉強のことだったとしても、やりたいことの本気度を何度も反対され続けることで試されていました。父親に『本気でやりたいなら、お前の誠意を見せてみろ』と言われ、土下座でお願いしたこともあります。でも、何があっても子供のことを最優先してくれる両親だった。子供の頃に寂しいと思ったことは一度もなかったですから」

何に対しても一生懸命な父。遊ぶことにも手を抜くことは許されなかった

「子供との時間を最優先してくれた」とお話を伺っている最中によく口にしていた麻友さん。その愛情を実感できていたエピソードがあるとのこと。

「親に勧められて始めた習い事がたくさんあって、そのひとつにバスケットボールがありました。習っていたバスケットボールチームは、さまざまなところで試合をする機会が多かったんですが、試合の日には毎回必ず両親とも応援に来てくれていました。それに旅行も毎年ディズニーランドに連れて行ってくれて、『遊ぶ時は一生懸命遊べ』という父親の方針の下、乗りたいもの、食べたいものは全部かなえてくれていました。その時だけはどんなわがままでもかなえてくれるんです。父親の何に対しても全力で取り組むところは好きだったんですよね」

麻友さんは小さい頃から勉強ができたそうですが、高校卒業後は就職を選択します。それは両親の意向でした。

「塾を必要ないと言い切る両親だったので、どちらも勉強にはまったくの無関心。私の学校の成績を気にされたことも、勉強しなさいとか言われた記憶もまったく残っていません。周りも進学が多くて、私も大学に行きたかったんですが、当然のように卒業後は就職すると思っていた両親に反発することはできませんでした」

就職するまで反抗期もなく、一度も親に歯向かったことはなかったそうですが、なぜ我慢を続けていたのでしょうか。

「我慢、ではないんです。20歳前後になっても、それが普通のことだと思っていたから。両親はともに気分屋なところがあって、目を見て返事をしなかっただけで手をあげられることも日常茶飯事。門限を1分でも遅れただけでビンタをされて、そのまま家に入れてもらえないこともありました。今だったら虐待と問題になっていたレベルかも(苦笑)。でも、どんなに酷い行為を受けたとしても、それは私が悪いからなんだと思い込まされていたんですよね……」

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【娘のきもち】「母親から嫌われたくない」。その思いを消し去ってく…
  2. 【娘のきもち】「母親から嫌われたくない」。その思いを消し去ってく…
  3. 【娘のきもち】父親の存在は絶対的なもの?母子家庭で育った女性がシ…
  4. 【娘のきもち】父親の存在は絶対的なもの?母子家庭で育った女性がシ…
  5. 【娘のきもち】自己肯定感がない自分を絶対的に必要としてくれたもの…
PAGE TOP