新着記事

ポークソテーシャリアピンソース

【管理栄養士が教える減塩レシピ】みじん切り、すりおろしで活性化! 旬のにんにくの栄養を逃さない調理法

サンブロックアンブレラ|遮光、遮熱に優れたアウトドア仕様の日傘

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(6/1~6/7)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(6/1~6/7)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(6/1~6/7)牡羊座~蟹座編

【ビジネスの極意】IQが高い人が必ずしも成功するわけではない

【ビジネスの極意】IQが高い人が必ずしも成功するわけではない

数において劣勢の織田信長(演・染谷将太)は、今川方にいる松平元康を取り込むべく、元康の伯父・水野信元と母・於大の説得工作を試みる。

信長危うし! ついに今川義元が攻めて来た 桶狭間前夜、策謀めぐらす〈女軍師・帰蝶〉が凄かった!【麒麟がくる 満喫リポート】

カビ専門家に聞く「梅雨時期のカビ対策」3つのポイント

朝倉館跡空撮。

「お屋形さま」と呼ばれていた朝倉義景。室町時代後期の「大名屋形」を知れば『麒麟がくる』をもっと楽しめる【麒麟がくる 満喫リポート】

エアコンの故障は冷房の使い始めに起きている! 今年の猛暑を快適に過ごすために今すべきこと

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

【娘のきもち】毒親からの歪んだ愛情。家族が歪みに気づくまで20年必要だった原因とは~その2~

取材・文/ふじのあやこ

家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親に感じていた気持ちを探ります。(~その1~はコチラ)

今回お話を伺ったのは、静岡県で子育てを支援する地域活動などを行っている麻友さん(仮名・34歳)。静岡県出身で、両親と1歳下に妹のいる4人家族。子供を押さえつけることが親の務めだと思い込んでいた両親から、やや歪んだ愛情を受け続けていました。

「何かやりたいことがあっても、絶対に一度は反対される。それがたとえ勉強のことだったとしても、やりたいことの本気度を何度も反対され続けることで試されていました。父親に『本気でやりたいなら、お前の誠意を見せてみろ』と言われ、土下座でお願いしたこともあります。でも、何があっても子供のことを最優先してくれる両親だった。子供の頃に寂しいと思ったことは一度もなかったですから」

何に対しても一生懸命な父。遊ぶことにも手を抜くことは許されなかった

「子供との時間を最優先してくれた」とお話を伺っている最中によく口にしていた麻友さん。その愛情を実感できていたエピソードがあるとのこと。

「親に勧められて始めた習い事がたくさんあって、そのひとつにバスケットボールがありました。習っていたバスケットボールチームは、さまざまなところで試合をする機会が多かったんですが、試合の日には毎回必ず両親とも応援に来てくれていました。それに旅行も毎年ディズニーランドに連れて行ってくれて、『遊ぶ時は一生懸命遊べ』という父親の方針の下、乗りたいもの、食べたいものは全部かなえてくれていました。その時だけはどんなわがままでもかなえてくれるんです。父親の何に対しても全力で取り組むところは好きだったんですよね」

麻友さんは小さい頃から勉強ができたそうですが、高校卒業後は就職を選択します。それは両親の意向でした。

「塾を必要ないと言い切る両親だったので、どちらも勉強にはまったくの無関心。私の学校の成績を気にされたことも、勉強しなさいとか言われた記憶もまったく残っていません。周りも進学が多くて、私も大学に行きたかったんですが、当然のように卒業後は就職すると思っていた両親に反発することはできませんでした」

就職するまで反抗期もなく、一度も親に歯向かったことはなかったそうですが、なぜ我慢を続けていたのでしょうか。

「我慢、ではないんです。20歳前後になっても、それが普通のことだと思っていたから。両親はともに気分屋なところがあって、目を見て返事をしなかっただけで手をあげられることも日常茶飯事。門限を1分でも遅れただけでビンタをされて、そのまま家に入れてもらえないこともありました。今だったら虐待と問題になっていたレベルかも(苦笑)。でも、どんなに酷い行為を受けたとしても、それは私が悪いからなんだと思い込まされていたんですよね……」

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【娘のきもち】「その歳で親離れできていなさ過ぎて怖い」と終わった…
  2. 【娘のきもち】「その歳で親離れできていなさ過ぎて怖い」と終わった…
  3. 【娘のきもち】40歳を超えても子ども扱いする親。原因は親の依存で…
  4. 【娘のきもち】40歳を超えても子ども扱いする親。原因は親の依存で…
  5. 【娘のきもち】自分が正しいという前提で話す母親が嫌い。コロナ禍の…
PAGE TOP