新着記事

今年のノーベル賞「低酸素応答」乳癌の検査や治療への応用は?

今年のノーベル賞「低酸素応答」|乳癌の検査や治療への応用は?

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(12/9~12/15)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(12/9~12/15)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(12/9~12/15)牡羊座~蟹座編

【ビジネスの極意】こんなに違う!? 信頼関係がある職場・ない職場

【ビジネスの極意】こんなに違う!? 信頼関係がある職場・ない職場

映画のロケーションガイドブック

映画「第3の男」の舞台ウィーンでミステリーを追う(オーストリア)

【最後の恋】親友の未亡人と遺児を見守り続けた10年目の愛……山が繋げた心の絆~その2~

【最後の恋】親友の未亡人と遺児を見守り続けた10年目の愛……山が繋げた心の絆~その1~

京都慈眼寺蔵の「黒い光秀像」は、『麒麟がくる』放映で人気を集めそう。

【今から待てない『麒麟がくる』!】大河対談第三弾|将軍義昭が策謀した「信長包囲網」と武田信玄の死

20代女性1,058人一斉調査! マスクシーズン到来!! マスク=風邪対策?すっぴん隠し?おしゃれ対策?

マスク=風邪対策だけではない!? 20代女性1,000人のマスク事情

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  2. 鴨鍋
  3. 宝塚歌劇

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

【娘のきもち】毒親からの歪んだ愛情。家族が歪みに気づくまで20年必要だった原因とは~その1~

取材・文/ふじのあやこ

近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過ごす中で、娘たちは親に対してどのような感情を持ち、接していたのか。本連載では娘目線で家族の時間を振り返ってもらい、関係性の変化を探っていきます。

「自分が親になるまで、親という存在は絶対的なものだと思っていました」と語るのは、麻友さん(仮名・34歳)。彼女は現在、静岡県で子育てを支援する地域活動などを行っています。ゆったりとした穏やかな物言いで、どんな話でも明るく笑顔で話すところから、周囲も元気にしてくれるようなパワフルな雰囲気を感じさせます。

父親は人に寄り添う気持ちを持っていない。小さい頃からずっとそう思ってきた

麻友さんは静岡県出身で、両親と1歳下に妹のいる4人家族。母親よりも、父親は10歳上で、2人の出会いはお客さんと店員だったそうです。

「母親は夜のお店でホステスとして働いていて、父親はそこのお客さんだったと聞いています。母親の父、私の祖父が50代ぐらいからずっと病気で寝たきりになっていて、小さい頃からお金では苦労したみたいで、高校を中退して家のためにすぐに夜のお店で働き始めました。だから結婚は早かったですよ。私ができた時、母親はまだ24歳でしたから」

一方の母親より10歳上だという父親の話を伺った時、明るい口調ながら、麻友さんはどこか少し言いにくそうに語り始めました。

「父親は自営でガスの配管工の仕事をしていました。そして、母と会う前に一度結婚していて、再婚だったんです。前の結婚のことはよく知りません。前の奥さんとは子供もいなかったみたいで、連絡を取っている感じもなかったので。

父親の性格は一言で表すと、人に寄り添う気持ちを持ち合わせていない、ですかね。ひねくれているし、頑固で短気。小さい頃に私が風邪をひいて寝込んでいても、まったく心配してくれなくて、私のことが見えていないんじゃないかなって思ったほどでした。父親には、人としての心、共感力がないんだとずっと思っていましたね」

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【娘のきもち】「母親から嫌われたくない」。その思いを消し去ってく…
  2. 【娘のきもち】「母親から嫌われたくない」。その思いを消し去ってく…
  3. 【娘のきもち】父親の存在は絶対的なもの?母子家庭で育った女性がシ…
  4. 【娘のきもち】父親の存在は絶対的なもの?母子家庭で育った女性がシ…
  5. 【娘のきもち】自己肯定感がない自分を絶対的に必要としてくれたもの…
PAGE TOP