新着記事

猫と人は家族や友人のように親しくなれるのか 猫と人は友達になれるの?|猫と「楽しい時間」を過ごす方法 下図の(ア)は足長、(イ)は足囲を示しています 意外と知らない!靴のウィズ表記【快適に過ごせる靴との出会いvol.6】 40代以上が選ぶ! 応援していた80年代アイドルランキング 40代以上が選ぶ! 応援していた80年代アイドルランキング|3位は中山美穂、2位は小泉今日子、1位は? お洒落のポイントは眼鏡。その日の気分でかけかえる。手にしているのは『魔女の宅急便』の主人公キキの相棒、猫のジジのぬいぐるみ。 角野栄子さん(児童文学作家)「読書体験はものすごく大切。心の中に降り積もった言葉が、やがて生きる力になるのです」【サライ・インタビュー】 飼い主さんの想像以上に多い 誤飲事故は寒い今が危険 「うちの子〇〇を食べちゃったんです!」犬・猫の誤飲事故は冬が危険 |獣医が教える助けるために飼い主がすべきこと コミュニケーション 【ビジネスの極意】「最近の若者は……」という言う前に実践したい|部下のコミュニケーション能力を上げる方法 定番野菜で簡単減塩おかず2選 【管理栄養士が教える減塩レシピ】|栄養を逃さない一工夫! 定番野菜の簡単おかず2選 脂肪を制限すると脳卒中になりやすくなる!?【予防医療最前線】 脂肪を制限すると脳卒中になりやすくなる!?【予防医療最前線】 関ケ原 立花宗茂~関ヶ原の敗北から返り咲いた唯一無二の武人【にっぽん歴史夜話12】 娘のきもち22・その2 【娘のきもち】不妊治療でやっと授かった子供の病気は心をえぐられたような痛みだった。その痛みを両親は共有してくれた~その2~

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

  1. 松本零士 不滅のアレグレット〈完全版〉

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

【娘のきもち】放任主義の父に、教育熱心な母親。両親の不仲は年々深刻化していき……~その1~

取材・文/ふじのあやこ

娘のきもち19

近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過ごす中で、娘たちは親に対してどのような感情を持ち、接していたのか。本連載では娘目線で家族の時間を振り返ってもらい、関係性の変化を探っていきます。

「不妊の辛い気持ちを救ってくれたのは同じ経験のある母親でした」と語るのは、凛子さん(仮名・41歳)。彼女は現在、都内の企業で派遣社員として働いており、結婚して旦那さんとの2人暮らし。茶色の髪は耳にギリギリかけられるぐらいのショートカットで、グレーの深いVネックのニットからはデコルテがハッキリと見えるスレンダーな体型をしています。話している間はずっと目をそらすことなく、意思の強そうな雰囲気を感じます。

教育ママの口癖は「一人っ子だから~しなさい」

凛子さんは山梨県出身で、両親との3人家族。父親は銀行員で、母親は専業主婦。母親は教育熱心で、ある口癖を毎日のように言われていたそうです。

「一人っ子が母親の中ではわがままなイメージがあるのか、いつも『一人っ子だからって甘えてはいけない』、『なんでも1人でできるようになりなさい』と言い続けられていました。小さい頃エレクトーン教室に通っていたんですが、みんな近所から通っていたものの、時間が遅くなると他の子たちはみんな親が迎えに来ていました。でも、母親は来なかった。いつも他の子にバレないように一番遅く、一人で走って帰っていました」

父親は厳しいことはなかったそうですが、食卓で一緒になってもほぼ会話はなし。父親は帰宅後にはずっとテレビを見ており、目が合うことも少なかったと言います。

「寂しかったという記憶では残っていません。でも、父親は1人でテレビに向かって話しかけるような人で、クイズ番組やスポーツ番組をずっと見ていましたね。家族3人でテレビを見ることもありましたけど、リモコンはいつも父親の近くにあって、好きな番組を見られたことなんて一度もなかったです」

小学校高学年の時に部屋にテレビを入れてもらえることに。その結果まったく居間で過ごす時間が減ってしまったそうです。

「テレビが欲しいと母親にお願いしていたけどずっと買ってくれなかったのに、ある日部屋にテレビがあったんです。後から聞いた話なんですが、その話を聞いた父親が実家に余っていたテレビを持って帰ってきてくれたみたいで。母親が詳細をまったく教えてくれなかったので当時は知りませんでした。父はテレビを独り占めしていたことを悪く思っていたからなのかな。

でもその結果、今までは居間にいる理由があったけど、部屋にテレビがあると食後に居間で過ごす理由がなくなってしまったんですよね。母親の手伝いとして洗濯物を畳むことは私の役割だったのでその時だけ居間にいる感じでした」

高校、大学、就職とスムーズに進むも、両親の仲は年々悪化していき……

凛子さんは成績が良かったこともあり、県内の進学校に進んだことで親からの期待を一身に背負うことになったと言います。

「両親というより、母親からの期待がすごかったです。親戚や、ご近所にも私のことを自慢するようになって、恥ずかしかったですね……。今までは家事を手伝うことが当たり前だったのに、『そんな時間があるなら勉強しなさい』と言われるようになったのも高校生の頃から。アルバイトも禁止でしたし、中学生の頃は週に1回の個人塾に行っていたんですが、高校生になると1年から大手の塾に通うことになり、さらに家庭教師もつけてもらいました。大学生になると親の干渉も少なくなりましたけど、高校生の時は勉強しかしていないと言ってもいいほど勉強づけでしたね。青春っぽいことなんて、ちょっといいなって思うクラスメートがいたぐらいで、何の思い出もないですね」

高校卒業後は有名大学へ進学。そして、大手の商社に就職。就職を機に都内で一人暮らしを始めた凛子さんは仕事は忙しいものの、月に1度は必ず実家に帰っていたそう。そこにはある理由がありました。

「高校の時から両親の会話が少なくなっていて、大学の時には私自身も家で晩ごはんを毎日食べていたわけではないですが、3人で食卓を囲むことがなくなっていました。休日に家にいたとしても、父親はお昼ごろから一人で出かけてしまったり、部屋に籠って出てこなかったり。それに母親もわざわざ父親の休みの日にご近所さんを家に招待してお茶会をしたりしていました。

大学卒業時くらいには、会話どころか2人が同じ空間にいるところを見なくなって。社会人になって通勤が厳しかったので一人暮らしを始めたんですが、両親を2人きりにするのが怖かったんです。熟年離婚とかの言葉が流行していたのもたしか同じ時期で。私が帰ると、久しぶりに会う娘を間に挟むことで同じ空間に両親が揃ってくれましたから」

両親の不仲が食い止めたい思いには一人っ子ゆえの気持ちがあり。さらに結婚後にある問題に直面してしまって……。

~その2~に続きます。】

取材・文/ふじのあやこ
情報誌・スポーツ誌の出版社2社を経て、フリーのライター・編集者・ウェブデザイナーとなる。趣味はスポーツ観戦で、野球、アイスホッケー観戦などで全国を行脚している。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 娘のきもち22・その2 【娘のきもち】不妊治療でやっと授かった子供の病気は心をえぐられた…
  2. 娘のきもち22・その1 【娘のきもち】3年弱の不妊治療で30歳の時に妊娠。これからの幸せ…
  3. 娘のきもち21_2 【娘のきもち】退院後に望んだのは普通の生活。自分の中の偏見を気づ…
  4. "娘のきもち21_1 【娘のきもち】大学在学中に発覚した病気。こんなに心配をかける自分…
  5. 娘のきもち~その2~ 【娘のきもち】父の雰囲気によく似た一回り以上年上の男性との恋、そ…
PAGE TOP