新着記事

大音楽家バーンスタインの破天荒でカラフルな祈りの音楽を聴く【林田直樹の音盤ナビ】

選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)今年はレナード・バーンスタインの生誕100年である。20…

江戸城4代天守はなぜ再建されなかったのか|幻となった不遇の城をCGで再現

家綱の叔父・保科正之が天守無用論を唱えて中止3代将軍家光が没し、嫡男家綱…

純銀製の玉盃|酒を注ぐと球体の中に餅つきうさぎが浮かぶ盃

酒を注ぐと銀盃の真ん中に、レンズのような「玉」が浮かび上がる。玉の中には、餅つきをするうさぎ…

腰痛改善は「お尻」の筋肉から!簡単ストレッチを紹介【川口陽海の腰痛改善教室 第1回】

文/川口陽海人生で誰もが一度は悩まされるという腰痛。もしあなたがなかなか治ら…

缶詰そのままはもう古い|「サバ缶」ブームを支える新しい食べ方

サバの缶詰、通称「サバ缶」の人気がすごい。2年ほど前からサバの人気が高まり始め、同時に手軽で安く…

知れば知るほど奥が深い。今輝く、神秘の国・ミャンマーを訪ねる【3】インレー湖

取材・文/関屋淳子インドシナ半島西部、タイ、ラオス、中国、インド、バングラデシュと国境を接するミ…

籐の脱衣カゴ|ベテラン職人が銭湯向けに編み上げた軽くて丈夫なカゴ

どこか懐かしい銭湯の脱衣カゴをご紹介。この道60年の籐工芸士・尾崎英幸さん(東京都豊島区)が…

牧野伸顕――大久保利通と吉田茂をつなぐ、忘れられた大政治家【にっぽん歴史夜話 8】

文/砂原浩太朗(小説家)牧野伸顕(まきの・のぶあき 1861~1949)と聞いてすぐ…

医学部教授が考案!長生きするための簡単みそレシピ3選

文/鈴木拓也自律神経と腸の研究者として知られ、日本初の便秘外来を立ち上げた順天堂大学…

クラフト・ジンによく合う本場スコットランドのつまみ5選

文・写真/石橋貴子(スコットランド在住ライター/海外書き人クラブ)スコットランドでは近年、手…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

【娘のきもち】中途半端なことが大嫌いな熱血パパ。小さい頃は大好きだったのに、思春期には鬱陶しく感じてしまい~その1~

取材・文/ふじのあやこ

 近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過ごす中で、娘たちは親に対してどのような感情を持ち、接していたのか。本連載では娘目線で家族の時間を振り返ってもらい、関係性の変化を探っていきます。

「最初に家を出たのも、結婚したのも私。父との距離は姉妹の中で一番遠かったと思います」と語るのは、留美さん(仮名・36歳)。彼女は現在、徳島県で中学生と小学生の2人の男の子を育てているお母さんです。肩につかない長さのストレートボブヘアに、ドルマンスリーブの黒のトップスにスリムのデニムを合わせています。とても子供を2人産んだと思えないスリムな体型に、健康的に日焼けをした肌が印象的です。

体が弱かった私の側にはいつも父親の姿があった

留美さんは京都府出身で、両親と3歳上と1歳上に姉のいる5人家族。父親は食品関係の営業の仕事をしており、母親は家からほど近い場所にあるドラックストアでパートをしていました。小さい頃は姉たちと違って体はとても小さく、虚弱体質だった留美さんを父親はよく運動に連れてってくれたと言います。

「私を身籠っていた時に母親が体調を崩して、出産も苦労したそうです。その影響か、私は小学生までとても小さい子で、クラスでは常に一番前でした。学校で朝の朝礼などを最後まで立っていられない子っているじゃないですか。私はそんなタイプでしたね。

姉たちは標準より大きかったので、小さくて体も細かった私に体力をつけるため、父親はいつも休みの日に公園へ連れていってくれました。鉄棒の逆上がりや、補助輪を外した自転車に乗るのも父親が特訓してくれましたね。小学生の時に一輪車がすごく流行ったんですが、姉妹で私だけいつまでも乗れなくて、けっこう厳しめに特訓された記憶が残っています」

父親は毎朝出社前にジョギングを日課にするなど、体を動かすことが大好きだったそう。中学時代は姉妹にそれぞれ運動部に所属することを義務付け、一番上の姉はテニス部、真ん中はバレー部、そして留美さんは水泳部に入ります。常に部活の話を振って来る父親を鬱陶しいと感じることがたくさんあったと留美さんは語ります。

「一番上の姉は頑なに嫌がって参加しなかったんですが、私は毎朝のジョギングに参加させられていた時期がありました。その頃は中学生で反抗期真っ只中。どんなに愛想のない態度を取っても父親は気にしていない感じで、運動を強要してきましたね。真ん中の姉とぶつぶつ文句を言いながらも一応は付き合っていました」

中学3年生になると受験を理由に父親との朝のジョギングは免除されたそう。しかし、高校進学後に留美さんは部活に所属しなかったことで父親との仲が険悪になったと言います。

「声を荒げるような感じでめちゃくちゃ怒られたんです。私は代表になれるほど強い選手じゃなかったし、中学の時もそこまで部活で楽しかった思い出もありませんでした。それに周りに期待されていた選手でもなかった。なのに、『中途半端なことをして恥ずかしくないのか!』みたいなことを言われましたね。なんでそこまで言われなくちゃいけないんだって、すごく腹が立ちました。私も興奮して何を言ったか覚えていないんですが、思いっきり言い返してやりましたよ」

高校3年間は冷戦状態。一度開いた距離は埋まらないまま、どんどん交流は無くなっていき……

高校生活は序盤で父親と険悪になり、その後は冷戦状態に。家族との食事にも留美さんは参加することをやめるなど、3年間ほぼ会話はなし。短大に進学後は日常的な会話をする関係には戻ったそうですが、家族の誰かを間に挟んでの会話がほとんどだったそうです。

「お互いもう怒っていないんですが、何を話せばいいのかわからないんですよ。嫌いじゃないけど好きじゃなかった。父親は一番上の姉と仲が良くて、姉が就職してからは職場が近かったのかよく一緒に出社していました。そんな姿を見てもちっとも羨ましくなかったし、どちらかというと興味が姉にいってくれて清々していました」

留美さんは短大在学中に日本料理屋のアルバイトを始め、そこで見習いの板前をしていた8歳上の男性と恋愛関係になります。付き合いは短大を卒業後も続き、輸入雑貨や美容機器を扱う企業で働き出したばかりの時に彼が地元に戻ることになり。

「付き合って2年ほど、仕事を始めて半年も経たないぐらいの時期でした。元々彼は実家の飲食店を継ぐために京都の料理屋で見習いをしていたんです。本当ならもう少しこっちにいるみたいだったんですが、彼の父親が体調を崩して、戻って来いってなったみたいで。彼は私について来てほしいと言いました。私は仕事を始めたばかりで悩んだんですが、彼について行くことにしたんです。

私は向こうで仕事を探すつもりでいました。まだ23歳だったし。でも、彼が私の家に挨拶に来た時に、父親から『結婚』という言葉が出てきて……」

自分の意思とは関係なく進んでいく結婚話。そして徳島での新しい生活、妊娠。里帰り出産で父の優しさを知り、母親の急逝で父の強がりを知る。

~その2~に続きます。】

取材・文/ふじのあやこ
情報誌・スポーツ誌の出版社2社を経て、フリーのライター・編集者・ウェブデザイナーとなる。趣味はスポーツ観戦で、野球、アイスホッケー観戦などで全国を行脚している。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【娘のきもち】里帰り出産で見た優しい父親の顔。母親の逝去で知った…
  2. 【娘のきもち】70歳で見せた父の本音。「あと10年しか守ってあげ…
  3. 【娘のきもち】5人兄妹の中でずっと抱いていた劣等感。私にだけ厳し…
  4. 【娘のきもち】親はいつか死んでしまう。絶縁状態から7年ぶりに連絡…
  5. 【娘のきもち】内緒で上京を決断し、両親とは音信不通に。家を出たく…
PAGE TOP