取材・文/ふじのあやこ

写真はイメージです。

昭和、平成、令和と時代が移り変わるのと同様に、家族のかたちも大家族から核家族へと変化してきている。本連載では、親との家族関係を経て、自分が家族を持つようになって感じたことや、親について思うことを語ってもらい、今の家族のかたちに迫る。

美容整形のCMが流れるようになったり、SNS上で整形の情報発信をする人が増えて、美容整形は身近な存在になってきている。ベリーベスト法律事務所では、美容施術に対する意識調査(実施日:2024年1月25日~2024年2月1日、有効回答数:全国18~64歳の女性1500人、インターネット調査)を実施。調査で美容施術についてポジティブ(好意的)、ネガティブ(否定的)に対する印象を聞いたところ、ポジティブと回答した人が75.9%で、ネガティブと回答した人が24.1%という結果になり、ポジティブ印象が高いことがわかった。

今回お話を伺った亜美さん(仮名・42歳)は小さい頃から自分の容姿が大嫌いだった。「髪を伸ばしていたのは顔を隠すためだった」と振り返る。

母親に似た、地味な顔が嫌いだった

現在の亜美さんは、細身で透明感のある白い肌を持つ、美しい女性。年齢よりも若く見え、ハキハキと話す姿からは、「昔は暗かった」ということがにわかには信じられなかった。

「見た目は、いじっています。でも、それは大人になってから。親が整形を認めてくれなくて、我慢ばかりの学生時代でした」

亜美さんには両親と3歳上に兄がいる。父親はぱっちりとした目をしていたが、母親は腫れぼったい奥二重。亜美さんは母親に容姿がよく似ていたという。

「肌の白さと背の高さは父親似だったんですが、それ以外はすべて母親でした。母親はすべてのパーツが小さかったんです。目も鼻も唇も、背も。顔や肩幅なども小さくて、その2つが似てくれたのはうれしかったんですが、それ以外は……。母親は背が小さいから全体にかわいらしい印象なんですが、私は背だけ大きくて淡泊な顔が悪目立ちしているような感じでした」

子どもは遠慮なく容姿を非難することがある。亜美さんは顔を周囲からいじられることはなかったものの、背の高さと太さをいじられ続け、そのときから髪を伸ばし始める。小学校を卒業するときには髪は腰の位置までになったそう。

「私は成長が早くて、小学校のときには150センチ後半になっていました。それにそこまでデブではなかったけれど、周囲よりはぽっちゃりしていたから、背の高さもあって、より大きく見えていたんだと思います。小学校の頃は“大女”とか、“ビッグ”という酷いあだ名をつけられていました。

髪は、長いのが好きというよりも顔を隠すために必要なものでした。親から切ったほうがいいと言われても頑なに拒否して、気づいたらランドセルが隠れるほど伸びていました」

【「私はお母さんに似たからブスになった」と言ったら頬をぶたれた。次ページに続きます】

1 2

 

関連記事

ランキング

サライ最新号
2024年
6月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

和田秀樹 最新刊

75歳からの生き方ノート

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店