取材・文/ふじのあやこ

写真はイメージです

家族の中には、血縁のない『義(理の)家族』という間柄がある。結婚相手の親族関係を指すことが一般的だが、離婚件数が増える現在では、親の再婚相手や、再婚相手の連れ子など、家族の関係は複雑化している。血のつながりがないからこそ生じる問題、そして新たに生まれるものも存在する。義家族との関係を実際に持つようになった当事者にインタビューして、そのときに感じた率直な思いを語ってもらう。

セックスレス夫婦のドラマが話題になっている。合同会社serendipityでは、25歳以上30歳未満の既婚男女全国1,000人を対象に「セックスレス(※)と未成年期の両親の仲の関連性」について調査を実施(実施日:2023年5月18日、サンプル数:1,000人(男女各500人)、インターネット調査)。20代後半の35.5%はセックスレスであり、セックスレス既婚者の36.9%が「1年以上セックスしていない」という結果になった。

(※)日本性科学会では、セックスレスとは夫婦やカップルにおいて「特別な事情がないにもかかわらず、性交あるいはセクシュアル・コンタクトが1か月以上ない」ことを指す

今回お話を伺った恵理子さん(仮名・39歳)は大学のときから付き合っている男性と27歳のときに結婚。付き合っているときからレス状態に入っていて、いつ別れても仕方ない状況は遠距離という出来事で修復に至っていた。【その1はコチラ

遠距離でも新婚でも、仲が悪くないだけ

遠距離期間は約4年。お互いにお金に余裕はできたものの、時間の余裕が大幅に減ったことで会えるのは2か月に一度ほど。遠距離の間、行為があったのは5回ほどだった。

「スケジュール帳に数えてしまっていました(苦笑)。久しぶりに会っても一定の距離を置いて、話をするだけ。お互い実家だったので遠距離中に泊まるのはホテルだったのですが、ツインルームだったときにはもうするつもりもないんだなって思いましたね。

4年もあると、会うのが義務みたいになってくるんです。『今月(会えるのは)はこの週かな』と事務的なメールが入って、それに返信するだけ。『早く会いたい』などの言葉なんて、半年ほどしかなかったんじゃないかな」

それでも、別れずに2人は結婚。結婚してから父親が亡くなるまでは恵理子さんは2拠点の生活を続けた。恵理子さんが岡山の実家で過ごす期間には、ショックなことがあったという。

「父親は結婚して半年ほどで亡くなりました。その間、夫の許可も得て、定期的に実家に帰っていました。岡山の仕事は結婚を機に退職していたのですが、どうしても父親の側にいたかったので。

一度、実家に滞在する予定を1日早めて大阪の家に帰ったことがあったのですが、そのときに……、ゴミ箱にある大量のティッシュを見つけてしまって。小さな袋にまとめられていました。私がいるのに、自分でしているんだって思いましたね。もしかしたらもう性的な気持ちがないのかなって思っていたので、その気持ちはあるのに対象が私じゃないんだってわかって、ショックでした……」

【夫婦生活で苦痛に歪む夫の顔 次ページに続きます】

1 2

 


サライ公式通販人気ランキング


関連記事

ランキング

サライ最新号
2024年
3月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

和田秀樹 最新刊

75歳からの生き方ノート

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店