関係が近いからこそ、実態が見えなくなる家族の問題。親は高齢化し、子や孫は成長して何らかの闇を抱えていく。愛憎が交差する関係だからこそ、核心が見えない。探偵・山村佳子は「ここ数年、熟年夫婦、そして我が子や孫を対象とした調査が激増しています」と語る。この連載では、探偵調査でわかった「家族の真実」について、紹介していく。

2022年に厚生労働省が発表した、『人口動態統計月報年計(概数)の概況』(2021年)によると、日本人の死因の第1位は「がん」(死亡率26.5%)だった。男女問わず、肺がんと大腸がんにより命を落とすことが多い。1981年から40年間、死因の首位はがんである。

第2位は心臓の病気全般を指す「心疾患」(14.9%)、第3位は「老衰」(10.6%)だ。

今回の依頼者・史織さん(30歳・公務員)は、5年前に父をがんで亡くす。享年は60歳だった。経営者だった父は、母(56歳)に十分な遺産を残すも、天真爛漫の母はそのお金を湯水のように使ってしまう。

史織さんは同じ東京都区内に住んでいるとはいえ、結婚しており仕事もある。母は欲望に忠実で男性にちやほやされることが好きだという。母の行動を知るために、調査を依頼した。

【それまでの経緯は前編で】

56歳とはいえ、40代にしか見えない母

依頼の翌日の早朝、母が住むマンションのエントランスが見えるコインパーキングで待機。母が住むマンションは、築30年程度の簡素な物件ですが、調べると間取りが広く、設計・施工会社が最大手。

依頼者・史織さんの亡くなった父が「社員第一主義。社員の手前、目に見える贅沢はするな」と母にきつく言っていたという考え方を地で行くような物件です。

14時に母は出てきました。小柄でほっそりしており、ツイードのスーツがよく似合っています。全身、たっぷりお金をかけて磨いている女性特有の雰囲気があります。ラインストーンが輝く花柄のマスクをしていたのですが、どう見ても40代半ばといったところ。

タクシーに乗って出かけていきました。

追うと、行き先は羽田空港でした。このままどこかに行くにしては荷物が少ないので、出迎えだろうと推測。到着ロビーで待っている母は、そこだけ発光しているように美しいのです。「これは恋人と待ち合わせだ」と予想した通り、40代半ばと思しき男性が来て、母と合流。男性は史織さんの父に似ており、背が高く筋肉質なタイプでした。

2人が乗るタクシーを追うと、六本木の高級ホテルにチェックイン。翌日まで出てきませんでした。

朝出てきた男性を追うと、上野駅に近い古いマンションに入っていきました。女性と住んでいるようです。この男性を調べると、職業は俳優でした。本業では生活できず、“ママ活”をしていることも判明。ただ、母はこの人とは体の関係だけを結んでいるようです。

母は昼過ぎに出て来て、紅茶の教室でレッスンを受けた後、夕方には帰宅していました。

以来、3日調査を続けましたが、母の行動に変化はありません。俳優の男性とは1回きりだったようで、再び会うそぶりもないのです。

ただ、母は史織さんが心配するだけあり、お金の使い方がすごい。1日1回、タクシーで片道3000円ほどかけて、ヘアサロンに行き、髪を洗うだけで家に帰ったり、ホテルのスパに行ったり。ありあまる時間とお金を持て余していることがわかったのです。

【ホテルのティーラウンジで待っていた女性……次のページに続きます】

1 2

関連記事

ランキング

サライ最新号
2023年
2月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店