取材・文/ふじのあやこ

日本の非婚化が進行している中でも、離婚を経験後にもう一度結婚に向かう人たちもいる。今回は再び家族を求める人たちに、その理由を伺った。

沙理さん(仮名・38歳)は学生時代から付き合っていた男性と別れるべきかこのまま付き合っていくべきか、結論を先送りにしている中、妊娠。2人は結婚することになるも、結婚したこと、子どもができたことも2人が歩み寄るきっかけにはならなかった。

【~その1~はコチラ

「子どもなんて欲しくなかった」家に戻って3か月で離婚

沙理さんは出産後も半年間はそのまま実家で過ごす。その間、夫が様子を見に来ることはなく、「実家から家に戻ることが怖かった」と沙理さんはいう。

「最初は実家には2か月ほどの滞在予定でした。生まれたときと退院のときに様子は見に来てくれたものの、そのまま実家に送り届けてくれて、それっきり。週末に『何か困っていることないか?』と連絡が来るくらいで、私からもそんなに話すこともなくて、会わない期間がどんどん長くなっていきました。

子どもが生まれる前後1年ぐらいも別々に暮らしていて、そうなると毎日顔を合わせるのが怖くなるんです。揉めそうだな、面倒くさいことになりそうだなって」

母親に促されて家に帰ると、子育てについて夫の他人事のような姿に揉めることが増えていき、決定打は「子どもなんて欲しくなかった」の一言。一緒に暮らして3か月で離婚に至る。

「子育てをお願いしても『どうしていいかわからない』『おまえのほうが慣れているんだから』と一切参加せずに、『自分のことは自分でできるから』と言って一緒の家にいるだけで別々に暮らしている感じでした。

そして、ケンカになったときに『子どもなんて欲しくなかった』のひと言です。『離婚したい』と伝えると『わかった』と言って相手は家を出ていきました」

離婚後に再び実家に戻った頃、たまたま連絡をくれたのが元同僚で、それが後の夫。離婚のことを伝えると親身になって話を聞いてくれた。

「そこから頻繁に連絡を取るようになって。会うまでには1年くらいはあったんですが、その間も定期的に連絡を取っていて、私の中ではどんどん存在が大きくなっていきました。私は実家で働いてもなくて、そんなに友人が多いタイプじゃなかったから、連絡を頻繁にくれる人はほぼ彼しかいませんでした」

【真っ直ぐすぎるプロポーズ「家族にしてください」次ページに続きます】

1 2

関連記事

ランキング

サライ最新号
2022年
10月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品
おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品