いつまでも年賀状を出すのは迷惑かもしれない、とも思っていた

その一方で、Aさんにいつまでも年賀状を出すのは迷惑かもしれない、とも思っていた。

「だって、“あちら”は会社関係の人間とはすっぱり縁を切りたいと思っているかもしれないじゃないですか」

かくいう林田さんは、今、自身がその“あちら側”にいる。

「結果、今年は7人ですからね。そもそも7人のうち4人は同期入社の奴らだし、そのうちふたりは『最後の年賀状にさせていただきます』って書いてありましたよ。来年は5枚だけでいいから、ラクなもんですよ」

そう言って自嘲気味に笑った。

じつは、妻に引け目を感じているのは、年賀状の枚数だけではない。妻宛ての年賀状を見て、なんとも言えないジェラシーを感じたのだそうだ。

「妻の年賀状には、けっこう書き込みが多いんですよ。余白にぎっしり書いてあるのもありました。それを読みながら、ふふっと笑ったり心配したりするんですよ。慌てて電話して長いこと話し込んだり、『近いうち、ご飯に行こうよ』なんて約束をしているのを見たこともあります。昔は、いい歳して友達ごっこみたいなことやってるなと思っていましたけど、最近はちょっとうらやましいんですよね」

先日、うらやましさから、つい本音を漏らしてしまった。

「おまえの年賀状は、ほとんど仕事絡みの人からだろう? リタイアした僕に比べて多いのは当然だよな。まあ、今はスマホの時代だから、3年もすれば年賀状なんて誰も出さなくなるだろうね」

キッチンで洗い物をしていた妻が、手を止めた。眉間にしわが寄ったのがわかった。……どうやら地雷を踏んだようだ。

~その2~に続きます。】

取材・文/大津恭子
出版社勤務を経て、フリーエディター&ライターに。健康・医療に関する記事をメインに、ライフスタイルに関する企画の編集・執筆を多く手がける。著書『オランダ式簡素で豊かな生活の極意』ほか。

1 2

 

関連記事

ランキング

サライ最新号
2024年
6月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

和田秀樹 最新刊

75歳からの生き方ノート

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店