転職先の条件で妥協したことに関する意識調査

転職したものの、新しい職場に失望してまた転職…
理想の職場が見つからず、妥協して決めた…

転職活動では、そんな経験をする人が多数。一方で「妥協して決めた職場だけど、そこそこ満足してるよ」という人もいます。そこで今回、株式会社ビズヒッツ(https://bizhits.co.jp/)が運営するビジネス上の問題解決を考えるメディアBizHits(https://media.bizhits.co.jp/)は、転職経験がある500人に「転職先の条件で妥協したこと」についてアンケート調査を実施。その結果をランキング形式でまとめました。

調査概要
調査対象:転職経験がある人
調査日:2021年2月26日~27日
調査方法:インターネットによる任意回答
男女別人数:女性327人/男性173人

転職先の条件に妥協をした人は約8割

「転職するにあたり、転職先の条件で妥協した点はありますか」と質問したところ、79.2%と8割近くの人が「妥協した点がある」と答えています。

収入も立地も勤務条件も、とすべてが揃ったパーフェクトな職場を見つけるのは難しいことがわかります。

転職先の条件で妥協したこと1位は「収入」

どのような点を妥協したのか聞いたところ、2位に倍以上の差をつけて1位になったのは「収入額」。

希望の月収・年収額での転職をあきらめた人が多いとわかりました。

2位以下は、出勤日や勤務時間などの「就業時間・曜日」、立地や交通の便などの「勤務地・通勤時間」と続きます。

【1位 収入額】
・月収25万円を望んでいましたが、19万円の手取りで妥協(男性、29歳で転職)
・中途採用だったが、給与や新卒と同じところからスタートだった(男性、36歳で転職)

収入について妥協したという人がダントツの1位。

「転職して収入が減ってしまった」「年収アップを狙ったが、希望額に届かなかった」といった回答が多数。

時給や月収額のほか、ボーナスの有無について妥協したという人もいました。

【2位 勤務時間・曜日】
・土日休みがよかったが、火曜と水曜休み(男性、23歳で転職)
・フルタイムで働きたかったが、時短で妥協した(女性、35歳で転職)

勤務時間・曜日や休日について妥協したという人が2位でした。

「土日休み希望だったが、平日休みの職場で妥協した」とか「カレンダー通りに勤務したかったが、シフト勤務になった」などの意見が寄せられました。

勤務開始時間や終業時間について妥協したという人もいました。

【3位 勤務地・通勤時間】
・地元を出て関東圏での転職を検討していたが、妥協しました(男性、26歳で転職)
・なるべく自宅近くで働きたかったが、通勤時間1時間10分程度かかるところに転職(女性、40歳で転職)

「通勤時間が希望より長くなってしまった」「電車一本で通いたかったが、乗り継ぐことになった」など、「職場の立地や通勤時間に妥協した」という意見が3位。

「自宅近くで働きたかったのに、勤務地が遠くなってしまった」という声が多かったものの、中には「地元を離れたかったが、できなかった」という回答もありました。

通勤に関しては「車通勤したかったが、電車通勤になった」など、「職場への交通手段」を妥協したという回答も8位(9人)に入っています。

【4位 業種・仕事内容】
・製造業へ転職しましたが、本当は住宅の建築関係の仕事がしたかった(男性、29歳で転職)
・キャリアチェンジを考えていたが、前職に近い職種に妥協した(女性、32歳で転職)

「やりたい業種や職種を諦めた」という人が4位でした。

「未経験や無資格での転職は厳しい」という業種や職種も、やはりあります。

また「業界全体の給与水準が低かったから諦めた」という回答もあり、やりたいことよりも収入などの他条件を優先した人もいるとわかります。

【5位 雇用形態・雇用期間】
・本当は長期の仕事がよかったけれど、短期の仕事でもないよりはマシと受け入れた(女性、27歳で転職)
・正社員で働きたかったが、フルタイムのパートで妥協した(女性、48歳で転職)

5位は「希望とは違う雇用形態・雇用期間で転職した」という人たちでした。

正社員を希望していたものの「契約社員」「派遣社員」「パート」といった非正規雇用になったという人が多数いました。

【6位 福利厚生】
・無料の駐車場がある会社が良かったが、無料ではなかった(女性、21歳で転職)
・健康診断や交通費支給など福利厚生が良いところを希望していたが、それらがないところに転職(女性、30歳で転職

「福利厚生の充実度」で妥協したという人が6位でした。

希望していた福利厚生の内容としては「社会保険」「通勤手当」「リフレッシュ休暇や有給休暇の日数」「住宅手当」「健康診断あり」などがあがりました。

【7位 会社の規模・知名度】
・大手企業をあきらめ中小企業にした(男性、28歳で転職)
・せめて中小企業に就職したかったが、従業員6人の零細企業だった(女性、28歳で転職)

「大手企業への転職を諦めた」という人が10人で7位でした。

大手企業や有名企業は人気なので、応募者が多数集まり、採用は狭き門となります。

また、希望する業界トップ企業に転職できた人からも「大きな支店での勤務を希望していたが、小規模支店への配属を受け入れた」と、「大きな事業所での勤務が叶わなかった」という回答が寄せられました。

転職先の条件で妥協した理由1位は「他の条件を優先した」

希望に合わない条件で妥協した理由を聞いたところ、回答は以下のようになりました。

ダントツの1位は「他の希望条件を優先した」でした。

「収入時間」「通勤時間」「勤務日」「仕事内容」など、いくつかの希望条件を天秤にかけて「他の条件は満たしているし、この条件については妥協しよう」と考えたようです。

2位以下には「妥協しないと転職できなさそうだった」「他に求人・転職先がなかった」など、やや消極的な声もランクインしました。

【1位 他の希望条件を優先した】
・通勤の条件以外は理想に近かったため妥協しました(女性、22歳で転職)
・業務を問わず、その会社で働きたかったためです(男性、31歳で転職)
・なるべく給与は下げたくなかったですが、それよりも働きやすさを重視しました(女性、41歳で転職)

「希望に満たない条件はあるものの、それ以外の条件を優先して妥協した」という人が圧倒的多数となりました。

「仕事内容にやりがいがある」「その会社に入りたかった」「家から近い」「子育てしやすい」「正社員になれる」「収入」など、優先した条件はさまざま。

希望条件のすべてを満たす職場を見つけるのは難しいので、転職の際には、あらかじめ条件の優先度を決めておくとよいですね。

【2位 早く転職したかった】
・人間関係が嫌ではやく転職したかったから(女性、28歳で転職)
・決められた期間に転職しないと、保育園を退園させられてしまうため(女性、40歳で転職)
・生活が厳しくなり、早く仕事に就けるところを優先したため(男性、48歳で転職)

「早く転職したくて、希望に満たない職場で妥協した」という人が2位でした。

早く転職先を決めたかった理由は「生活のため」「早く前の職場を辞めたかった」「無職の期間をつくりたくなかった」「子どもが保育園に在籍できるように」など。

転職活動できる期間に期限があったり、転職活動が予想より長くなって生活費が心配になったりすると「早く決めたい」と思って妥協する人が多いようです。

【3位 妥協しないと転職できなさそうだった】
・自転車通勤できるところがよかったのですが、近くに求人が無かったため通勤範囲を広げなければなりませんでした(女性、24歳で転職)
・なかなか転職先が見つからず、ここで妥協しないと仕事が見つからないと思ったから(女性、26歳で転職)
・落選が続き、能力的に高望みだったと気づいたため(男性、30歳で転職)

3位は「妥協しないと転職できなさそうだった」でした。

希望勤務地や希望職種の周辺の求人が少なかったり、落選が続いたりすると「思ったより転職市場は厳しいぞ」と実感します。

厳しさを感じ、希望条件を下げたという人が多くなりました。

【4位 他に求人・転職先がなかった】
・転職当時、他にいい条件の求人がなかったため(女性、24歳で転職)
・そこしか就職先が見つからなかったから(女性、44歳で転職)

「他に求人・転職先がなかった」という人が4位。

不景気だったり地方だったりで、求人数や働き口が少ない環境だと、「働けるだけでもありがたい」「ここを逃すと次がない」と感じるので、妥協してでも決めたくなりますよね。

【5位 許容範囲だった】
・通勤時間が合計30分を越えなかったため妥協した(女性、29歳で転職)
・交通費が実費の半額しか出ないのと出勤が朝早いですが、妥協部分がこれくらいなら御の字(男性、60歳で転職)

希望条件には満たないものの「許容範囲だった」という人が5位になりました。

「これくらいなら仕方ないか」「交通費が半分出るならいいか」と納得した人が多くなりました。

転職活動にあたっては「希望月給は25万円で、低くても20万円以上は欲しい」「所要通勤時間の理想は30分だけれど、長くて45分まで」など、許容範囲を決めておくのも良さそうですね。

【6位 悪条件の理由に納得できた】
・初めて経験する業種・職種だったので、しょうがないと思った(女性、26歳で転職)
・不景気だったので業種を妥協(女性、34歳で転職)

「未経験での転職だから、どうしても月給は少なくなる」など、「悪条件の理由に納得できた」という人が6位。

「業界全体として土日祝の休みがないのが通例だから、休日については妥協した」といった回答もありました。

【7位 時間が経てば解決するから】
・通勤距離に関しては、どうせ結婚したら変わるだろうと思ったので(女性、23歳で転職)
・将来的には正社員登用を前提としての契約社員契約と言われたので(男性、36歳で転職)

7位は「時間が経てば解決するはずだから、妥協した」と回答した人たちでした。

具体的には「最初は契約社員だけど、正社員登用前提」「昇給予定がある」とか、「引っ越す予定があるから、通勤時間についてはのちのち解決できる」など。

転職当社は希望に満たなくても、将来的には希望を満たせると予想して入社したようです。

転職先に満足している人は75.4%

最後に「転職先に満足していますか?」と質問したところ、回答は以下のようになりました。

75.4%の人が「とても満足」「まあ満足」という結果になりました。

また、転職にあたって妥協した点がある人でも、71.0%の人が「とても満足」「まあ満足」と回答。

「妥協した理由」別に満足度を調べてみると、「他の希望条件を優先した」人は比較的満足度が高く、「他に求人・転職先がなかった」という人は満足度が低くなりました。

選択肢が少ない中から選ぶと、希望条件をほとんど満たしていない仕事に就いてしまうこともあり、満足度が低くなりがちだとわかります。

* * *

転職経験のある500人のうち8割近くが「転職にあたり条件で妥協した点がある」と答えました。

妥協した点の1位はダントツで「収入額」で、妥協した理由は「他の希望条件を優先した」が1位でした。

転職に満足している人は全体の75.4%で、「妥協したことがある人」の満足度も71.0%と比較的高い結果になりました。

すべての条件を満たす職場が見つかればラッキーですが、現実にはなかなか難しいですよね。

そのため、いくつかの希望条件を天秤にかけて折り合いをつけ、妥協した点があっても「他の条件は満たしているから、まあ満足」と感じている人が多いとわかりました。

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2021年
10月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品
おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品