新着記事

【学年誌が伝えた子ども文化史】人類、月へ・2|アポロが見せた月生活の夢

学年誌記事で振り返る昭和のニュースと流行!1922年(大正11年)、当時の出版界では初となる…

喜ばれるお持たせは高級デパ地下で!「GINZA SIX」 秋の「手土産スイーツ」10選

実りの秋がやってきた。デパ地下には、旬の食材をふんだんに使ったフードやスイーツが勢ぞろいだ。…

見るものを惹きつけて離さない圧巻の瀧、崖!国際的日本画家・千住博展

取材・文/池田充枝新しい日本画を世界に認知させ、真に国際性をもった芸術にすべく幅広い…

もし「がん」の宣告を受けたら? まず、これだけはしておこう

文/鈴木拓也日本では、2人に1人ががんにかかり、3人に1人ががんで死亡する。これは、…

【学年誌が伝えた子ども文化史】人類、月へ・1|アポロ、挑戦の軌跡

学年誌記事で振り返る昭和のニュースと流行!1922年(大正11年)、当時の出版界では初となる…

南部鉄器のごはん鍋|蓄熱性と気密性の高い鉄器で新米をおいしく炊き上げる

昭和50年(1975)、国から伝統工芸品第1号の指定を受けたのが、岩手県の南部鉄器だ。17世…

【娘のきもち】娘の離婚にも気丈に振る舞う父。辛い経験を過去のものにできたのは父の言葉だった~その2~

取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親…

【娘のきもち】今まで放任だったのに、専門学校に進みたい私を許さなかった父。父親は会話が成立しない人なんだと認識した学生時代を過ごし~その1~

取材・文/ふじのあやこ 近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過ごす中…

ゴルゴ13のすべてが今、明かされる!|連載50周年記念特別展「さいとう・たかを ゴルゴ13」用件を聞こうか…

取材・文/池田充枝孤高の超A級スナイパーとして圧倒的な存在感を放つゴルゴ13。本名、…

5分でわかる!いまさら聞けない「年金制度」基本のキ

文/中村康宏日本の社会保障制度の中核をなす「医療」と「年金」。医療費増加が社会問題になる…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

逸品

家宝にいかが?120万円の「チキンラーメン」“麺塊”蒔絵箱がスゴい

文/編集部

写真の物体、いったいなんだかおわかりだろうか? 実はこれ、おなじみ「日清チキンラーメン」の麺の塊をモチーフにした、蒔絵の小箱なのである。

箱は3つのパーツからなり、いちばん上の蓋には麺塊の上につるんとした卵が載っている。このふたを外すと、中央の卵ポケットまでが本物さながらに見える原寸大の麺塊が現れる。さらに真ん中の蓋を外すと、その蓋と本体の内側には三羽の「ひよこちゃん」の蒔絵が現れる。

日清食品と小学館「和樂」のコラボレーションで企画された本品、手がけたのは若宮隆志氏率いる京都の蒔絵職人集団「彦十蒔絵」だ。漆の世界に新風を巻き起こし国内外から高い評価を得ている漆芸のプロフェッショナル集団が、細部までこだわり抜いて作成した。漆を塗り、金粉を蒔き、丹念に研ぎ出すことで絡み合う麺の様子を見事に再現。蒔絵には3種類の金粉を使い分け、遠近法により得も言われぬ立体感を出している。卵の白身の部分には、うずらの卵殻をこまかく砕いて貼り込んだ。

遊び心がありながら、熟練職人が技巧を凝らして制作し、非常に精巧で高度な仕上がりとなったこの「麺塊蒔絵箱」。制作数は1点のみ。気になるお値段は120万円也である。まずはオンラインで購入希望者を募り、最終的には抽選で購入権者を決めるという(申し込み受付は9/3[月]正午まで)。いったいどんな人が、この世に二つと無い至高の工芸品を手に入れるのだろうか。

同時に発売された彦十蒔絵作「ひよこちゃんエッグスタンド」(こちらも1体限定、120万円也!)のほうも要注目である。

【参考リンク】
チキンラーメン発売60周年記念プレミアムグッズ|日清食品グループ オンラインストア

文/編集部

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP