新着記事

メリノンの半纏|裏地に羊毛をふんだんに使い暖かさを逃さない 奇跡の階段 「なぜ立っているのかわからない」世界中の建築家が首をかしげるサンタフェ「奇跡の階段」 中之町出土資料 京都市蔵 日本陶磁史のターニングポイント、桃山時代のやきものをめぐる展覧会【特別展 新・桃山の茶陶】 西郷隆盛と3人の妻たち 西郷隆盛と3人の妻たち【にっぽん歴史夜話10】 「アゴ難民」増加中|顎関節症を引き起こす原因 アゴの疲れを取る方法|3つの原因が顎関節症を引き起こす 男の牛革ベルトポーチ|小さな革鞄で街歩きを軽やかに楽しむべし 幕府の近代化に心血を注いだ小栗忠順|軍港・横須賀に残る「鉄とレンガの近代」の曙光【半島をゆく 歴史解説編 三浦半島3】 娘のきもち・その2 【娘のきもち】口に出すと泣いてしまう。父の思い出を話せるようになるまで、3年が必要だった~その2~ 娘のきもち・その1 【娘のきもち】24歳のときにガンで亡くなった父。思い出すのは幼少期の厳格な姿だった~その1~ 山口蓬春《新宮殿杉戸楓4分の1下絵》 山﨑種二と皇室ゆかりの美術【特別展 皇室ゆかりの美術 ―宮殿を彩った日本画家―】

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

旅行

新幹線で食べたい!「東京駅弁」秋の最新おすすめ3選

長距離列車の楽しみといえば、「駅弁」という方も多いでしょう。秋の行楽シーズンを前に、早くも秋の味覚を詰め込んだお弁当が登場している。その中から、東京駅の「グランスタ」&「グランスタ丸の内」で購入できる、秋の新作弁当を紹介しよう。

「松茸ご飯のお弁当」(笹八) 1080円(税込)

蓋を開けた瞬間、秋の味覚の王様“松茸”が目に飛び込んでくる。そんな松茸をふんだんに使って炊き上げた松茸ごはんのお弁当。付け合わせもさんまやさつまいもなど、秋の香りが満載となっている。販売期間:9/1~11/18 

 

「秋の収穫弁当」(浅草今半) 4200円(税込)

明治28年創業のすき焼きの名店「浅草今半」からは、贅沢な秋のお弁当が登場。冷めても美味しいと評判の牛肉のほか、栗やさつまいもなど秋の味覚も味わえる。秋の行楽のお供に最適な豪華なお弁当だ。東京駅限定。1日限定10食。販売期間:9/15~9/30

 

 

「大和まほろぼ『秋のお弁当』」(ゐざさ茶屋) 1180円(税込)

香り豊かな松茸やしめじを盛り込んだ吹寄チラシのお弁当。もみじの形のにんじんなど、見た目からも秋を感じられる。東京駅限定。1日限定20食。販売期間:9/1~9/30

その他、人気のタイ料理専門店マンゴツリーキッチンの“パッタイ”からは、茸やサツマイモなど、季節の野菜をたっぷり使用したタイの焼きそば「秋野菜パッタイ」880円(税込)も登場。

いずれも期間限定で、今しか味わえないものとなっている。列車内で食べる駅弁は、お店や家で食べる時とはまた違った美味しさがある。平成最後の秋、新作駅弁と共に、紅葉を見に出かけてみてはいかがだろうか。

文/鳥居優美

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 各店の人気No.1はこれ! 東京駅ナカ「美味しいパン」9選
  2. 帰省時のおともに!東京駅「お土産スイーツ」最新人気ランキングベス…
  3. お盆の帰省に新幹線で食べたい!「東京ステーションシティ」お弁当売…
  4. いざ駅弁味の陣!熾烈な決戦を制してきた4つの歴代「駅弁大将軍」を…
PAGE TOP