サライ.jp

長距離列車の楽しみといえば、「駅弁」という方も多いでしょう。秋の行楽シーズンを前に、早くも秋の味覚を詰め込んだお弁当が登場している。その中から、東京駅の「グランスタ」&「グランスタ丸の内」で購入できる、秋の新作弁当を紹介しよう。

「松茸ご飯のお弁当」(笹八) 1080円(税込)

蓋を開けた瞬間、秋の味覚の王様“松茸”が目に飛び込んでくる。そんな松茸をふんだんに使って炊き上げた松茸ごはんのお弁当。付け合わせもさんまやさつまいもなど、秋の香りが満載となっている。販売期間:9/1~11/18 

 

「秋の収穫弁当」(浅草今半) 4200円(税込)

明治28年創業のすき焼きの名店「浅草今半」からは、贅沢な秋のお弁当が登場。冷めても美味しいと評判の牛肉のほか、栗やさつまいもなど秋の味覚も味わえる。秋の行楽のお供に最適な豪華なお弁当だ。東京駅限定。1日限定10食。販売期間:9/15~9/30

 

 

「大和まほろぼ『秋のお弁当』」(ゐざさ茶屋) 1180円(税込)

香り豊かな松茸やしめじを盛り込んだ吹寄チラシのお弁当。もみじの形のにんじんなど、見た目からも秋を感じられる。東京駅限定。1日限定20食。販売期間:9/1~9/30

その他、人気のタイ料理専門店マンゴツリーキッチンの“パッタイ”からは、茸やサツマイモなど、季節の野菜をたっぷり使用したタイの焼きそば「秋野菜パッタイ」880円(税込)も登場。

いずれも期間限定で、今しか味わえないものとなっている。列車内で食べる駅弁は、お店や家で食べる時とはまた違った美味しさがある。平成最後の秋、新作駅弁と共に、紅葉を見に出かけてみてはいかがだろうか。

文/鳥居優美

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
10月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア