新着記事

初めて大河ドラマの主人公になる明智光秀(長谷川博己)。脱「信長史観」のドラマの展開が気になってしょうがない。

【まだ始まらないのか!『麒麟がくる』リポート】明智光秀が主役の本格戦国大河 オープンセットに持ち込まれた岩の総量が半端ない

堀文子 太神楽柄ショール|孤高の日本画家、堀文子の代表作を描いたストール

『太平記』以来の大河登板の池端俊策さん。『麒麟がくる』も早くも「伝説の大河」の再来と期待が高まる。

【まだ始まらないのか!『麒麟がくる』リポート】脚本家・池端俊策氏インタビュー「描きたかったのは、従来のイメージとは異なる光秀と信長」

2020年「開運×絶景スポットランキング」|3位 箱根神社(神奈川県)、2位 高屋神社(香川県)、1位は?

Google カレンダーの超基本的な使い方(2)|予定を削除や変更する方法【スマホ基本のき 第11回】

プロが教える、正月太り解消法|働く女性の8割が正月太りしている!?

【ビジネスの極意】ネガティブに考えることは、それほど悪いことではない

【ビジネスの極意】ネガティブに考えることは、それほど悪いことではない

美容ミネラル「マグネシウム」が大注目

生活習慣病対策に効果がある、現代美容ミネラル「マグネシウム」のスゴイ実力

テッケン(Tekken)網にかかったCRB Photo courtesy of Aubrey Moore, PhD, University of Guamurtesy of Aubrey Moore, PhD, University of Guam

常夏の島のココナッツが絶滅の危機! 最強の害虫・カブトムシ(CRB)の恐怖(グアム)

歴史と文化を知ることで将棋はもっと面白くなる|『教養としての将棋 おとなのための「盤外講座」』

歴史と文化を知ることで将棋はもっと面白くなる|教養としての将棋 おとなのための「盤外講座」

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

逸品

温故知新の発想から、日本が生み出した携帯電話“日フォン” が登場

手になじむ折りたたみ式とボタン操作を採用。
インターネットやアプリ「LINE」にも対応する、
使い勝手のいい高性能携帯電話『AQUOS K』

スマートフォンに興味があるが、使い慣れている携帯電話にも愛着がある。そんな人に最適な携帯電話が登場した。手になじむ形状の本体に最新機能を搭載。使いやすさを徹底追求した新たな携帯電話を紹介する。

uet_11632

 ↑シャープ『AQUOS K SHF31』
4G LTEという高速通信に対応。幅約51×高さ約113×厚さ約16.9mm(最厚部約17.4mm)、約128g(電池パック含む)。本体色は写真のレッドのほか、ホワイトとブラックがある。撮影協力/『井政

 

次々とスマートフォンの新製品が登場する昨今、従来の携帯電話の利用者は減っている印象がある。しかし下のグラフ(※MM総研調べ。2015年2月現在)の通り、じつは携帯電話の利用者はまだまだ多い。

グラフ←ニュースなどで携帯電話が取り上げられる際はスマートフォンに話題が集中している。しかし契約数を見ると、スマートフォンとほぼ変わらず、携帯電話の契約数は全体の半分近くを占めている。

 

 

 

 

 

 携帯電話ならではの、片手操作しやすい折りたたみ式やテンキー(文字や数字などの入力に特化したボタン)のほうが使いやすいと感じている人も多いだろう。また、スマートフォンのタッチ式の画面操作に慣れず、携帯電話を使い続けているという声もよく耳にする。

とはいえ、携帯電話はインターネットへの接続やメールの送受信に時間がかかったり、スマートフォンのように文字の拡大が簡単にできないなどの不便さもある。

■使いやすさとは何かを再検討

今年、デジタル携帯電話参入20周年を迎えるシャープは、そうした現状を考慮し、「日本人のための携帯電話」をキーワードに使い勝手を再検討。長年培った技術を駆使して開発を重ねてきた。そして誕生したのが、携帯電話とスマートフォンの特性を組み合わせた携帯電話『AQUOS K(アクオス・ケー)』だ。この製品カテゴリーに対し、流行語〝草食男子〟の考案者で知られるコラムニストの深澤真紀さんは「日(に)フォン」(※)と名付けた。 本製品は、手になじむ〝ふたつ折り”とテンキーを継承、キーの表面を指でなぞることでも画面操作ができる。また、無料で通話やメールの送受信が楽しめる通信サービス「LINE」にも対応する。
道具が持つ普遍的な良さに、現代の暮らしに合った最新技術を融合させる。故きをたずねて新しきを知る、まさに温故知新の心から生まれた携帯電話である。
※『AQUOS K』開発のキーワード「日本人のための携帯電話(モバイルフォン)」を基に深澤真紀さんが考案した名称。 

 

『AQUOS K』の特徴を知る

進化した携帯電話『AQUOS K』は、従来の携帯電話と変わらない形状を採用し、 スマートフォン並みの利便性を備えている。温故知新の発想が活かされた4つの特徴を解説する。

特徴1:ふたつ折りで持ちやすい

名称未設定 1

従来の携帯電話を愛用している人にとって、最もなじみ深い形状が折りたたみ式だろう。折りたためばジャケットなどの胸ポケットにも入り、持ち運びに便利だ。折りたたむことでボタンが露出されず、誤作動も防げる。携帯電話ならではの使い勝手のいい形状といえる。

 

 

特徴2:テンキー搭載で操作しやすい
ueb_65958

指でボタンを押す、これが本機の基本操作である。押すという動作を指先で感じることで、操作をしている実感が得られる。ゆえに、従来の携帯電話と同様のテンキーを搭載する。文字が見やすく、各ボタンの下部を盛り上がった形状にして、押しやすさにも配慮している。

 

 

 

 

特徴3:インターネット・サイトが見やすく使いやすい

ueb_65967

高速通信に対応するのでインターネットへの接続が早く、パソコンやスマートフォンと同じインターネット・サイトの表示にも対応する。また、片手でも操作でき、キーの表面を指でなぞれば画面を上下左右に動かしたり、文字や地図などを大きく表示することもできる。

 

 

 

 

特徴4:無料で通話やメールができる「LINE」が使える

06_LINEトーク画面

※画面はイメージです

通話やメールの送受信などを無料で利用できる通信サービス「LINE」が使える(パケット料金が別途必要)。「LINE」は複数の人と同時にメールのやりとりが簡単にでき、写真のようにスタンプと呼ぶ様々なイラストを添付することもできる。家族や趣味の仲間との会話を楽しむのに便利だ。

 

 

 

 

 

 

問い合わせ先/
シャープお客様相談センター☎0120・078・178(フリーダイヤル)

『AQUOS K』の特設ウェブサイト
http://k-tai.sharp.co.jp/dash/lp/shf31/index.html

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP