新着記事

『Norman Granz' Jazz At The Philharmonic Vol.6』

「好き勝手」を楽しむ ジャム・セッションの聴き方【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道56】

“ながら視聴”でBGM化したテレビ。2人に1人が“聞き逃し”でストレス

新型コロナウイルスの影響で進路が変わる受験生多数!?|受験生への新型コロナウイルスの影響に関する調査

新型コロナの影響で進路が変わる? 入試を控える高校3年生の不安

ポークソテーシャリアピンソース

【管理栄養士が教える減塩レシピ】みじん切り、すりおろしで活性化! 旬のにんにくの栄養を逃さない調理法

サンブロックアンブレラ|遮光、遮熱に優れたアウトドア仕様の日傘

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(6/1~6/7)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(6/1~6/7)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(6/1~6/7)牡羊座~蟹座編

【ビジネスの極意】IQが高い人が必ずしも成功するわけではない

【ビジネスの極意】IQが高い人が必ずしも成功するわけではない

数において劣勢の織田信長(演・染谷将太)は、今川方にいる松平元康を取り込むべく、元康の伯父・水野信元と母・於大の説得工作を試みる。

信長危うし! ついに今川義元が攻めて来た 桶狭間前夜、策謀めぐらす〈女軍師・帰蝶〉が凄かった!【麒麟がくる 満喫リポート】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

ネタバレなし! ラストのどんでん返しに驚いた映画ランキング|3位 死刑台のエレベーター、2位はセブン、1位はやはり?

ネタバレなし! ラストのどんでん返しに驚いた映画ランキング
ラストでひっくり返される驚き、というのは映画やドラマのの面白さのひとつだ。「やられた!」から「???」まで、さまざまなどんでん返しの映画がある。株式会社CMサイトのランキングサイト「ランキングー!」(https://rankingoo.net/ )が行った「ラストのどんでん返しに驚いた映画ランキング」から、10~60代の男女11,736人のアンケート結果をご紹介しよう。

* * *

■ラストのどんでん返しに驚いた映画ランキング

第1位:シックス・センス(1999年)

「まさかの展開」
「えーーーーと思った」
「最後まで分からなかった」

どんでん返しのラストといえば、文句なしにこの作品だろう。監督のM.ナイト.シャマランは「アンブレイカブル」や「ヴィレッジ」など、最後の最後で「え~っ!」となる作品が多い。まさにどんでん返しの巨匠といったところか。

第2位:セブン(1995年)

「全体的な雰囲気が良かった」
「観終わった後の無常感…」
「映画館で観て、最後に『えっ!?』って思いました」
「ブラッド・ピットの演技がよかった」

キリスト教の「七つの大罪」をモチーフに行われる連続猟奇殺人事件とそれを追う刑事を描くサイコサスペンス。監督のデヴィッド・フィンチャーは数多くのミュージック・ビデオやCMを手がけており、その独特な映像にファンも多い。

第3位:死刑台のエレベーター(1958年)

「とってもスリリング」
「皮肉な結末」
「最後まで目が離せない」

1958年製作のフランス映画。不倫関係にある男女が計画した犯罪。完璧なはずだったが、エレベーターが止まってしまったことから、すべての歯車がずれ始める…。マイルス・デイヴィスによる音楽やスタイリッシュなモノクロの映像は今でも色褪せずに魅力を放っている。

第4位:ミスト(2007年)

「衝撃だった」
「とにかく後味が悪かった」
「これだけスッキリしない、救いがない映画は無いと思う」

ホラー小説の巨匠、スティーブン・キングの中篇小説が原作。後味の悪い映画というと必ず名前が挙がる本作。霧に包まれた街に襲う悲劇とは…。原作とは違うラストに原作者のスティーブン・キングですら衝撃を覚えたという。

第5位:ブラック・スワン(2010年)

「哀しい結末」
「溜息が出た」
「ラストは見応えあった」

バレエにすべてをささげていた主人公に新作の『白鳥の湖』を演じるチャンスが訪れる。だが、純真で潔白な白鳥と、社悪で官能的な黒鳥の二つを演じなければならない難役に、プレッシャーから精神的に追い詰められていく主人公…。主演のバレリーナを「レオン」、「スター・ウォーズ」のナタリー・ポートマンが演じている。

【6位以下はこちら】
6位 ミッション: 8ミニッツ
7位 隣人は静かに笑う
8位 ユージュアル・サスペクツ
9位 シベリア超特急
10位 バタフライ・エフェクト

* * *

いかがだっただろうか。ラストでどんでん返し、の作品は一度観てしまうと見返さないケースも多いが、ネタバレだけではない、魅力ある作品が選ばれているのではないだろうか。すべて、観て損はない作品ばかりだと思うので、ご覧になっていない方はぜひ!

調査方法:10~60代の男女を対象に、株式会社CMサイトが行ったインターネットリサーチ結果を集計(複数回答)。
有効回答者数:11,736名
調査日:2018年8月10日

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 『時をかける少女』【面白すぎる日本映画 第42回】 人生という旅を逆戻りしたら…『時をかける少女』【面白すぎる日本映…
  2. 『鉄道員』【面白すぎる日本映画 第41回】 志村けん唯一の映画出演作『鉄道員(ぽっぽや)』【面白すぎる日本映…
  3. 銀山温泉 行ってみたい・見てみたい ロケ地ランキングTOP10(東日本編)…
  4. 『スパルタカス』 カーク・ダグラスの名演で古代ローマに思いを馳せる|『スパルタカス…
  5. 『拳銃(コルト)は俺のパスポート』 ニヒルでハードボイルドな宍戸錠=エースのジョー|『拳銃(コルト)…
PAGE TOP