新着記事

オイルポット・ストーブ|見ているだけで心温まる鋳鉄製のアロマポット 【家族のかたち】父親と同じように離婚、そして子供と離れて暮らすように。当時の父親の気持ちが痛いほどわかるようになった~その2~ 【家族のかたち】父親と同じように離婚、そして子供と離れて暮らすように。当時の父親の気持ちが痛いほどわかるようになった~その2~ 【家族のかたち】両親の不仲、別居、そして離婚。離れて暮らす父親は会いたいといつも言ってくれていた~その1~ 【家族のかたち】両親の不仲、別居、そして離婚。離れて暮らす父親は会いたいといつも言ってくれていた~その1~ 甘えん坊の猫さんに試してみてくださいね 猫の運動不足&ストレス解消には「キャットアジリティー」が効果的【にゃんこサライ特別編】 造園家・小杉左岐さん(72歳)の朝めし自慢「60代に入ってから塩分と油分を控えた献立です」 倭ism 鹿革のカジュアルシューズ|日本の伝統皮革・鹿革製のスニーカー Culture NIPPON シンポジウム2018 文化庁主催「Culture NIPPON シンポジウム2018」東京大会が行なわれました 角野栄子さん 角野栄子さん講演会「現在進行形で生きる」のお知らせ[PR] 親の終の棲家をどう選ぶ?| 有料老人ホーム、倒産したのに前払い金が戻らない⁉ 親の終の棲家をどう選ぶ?| 有料老人ホーム、倒産したのに前払い金が戻らない⁉ 腰丸めストレッチ 1日10回で反り腰を改善!イスに座ってできる簡単腰丸めストレッチ【川口陽海の腰痛改善教室 第12回】

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

  1. 角野栄子さん
  2. 松本零士 不滅のアレグレット〈完全版〉

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

若き名手トリフォノフが弾く、驚きに満ちたショパン【林田直樹の音盤ナビ】

選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)

まったく新しい視点による、驚きに満ちたショパンだ。

1991年生まれのロシアのピアニスト、ダニール・トリフォノフによる『ショパン:ピアノ協奏曲第1番・第2番、他』は、ショパンに影響を受けたシューマン、グリーグ、バーバー、チャイコフスキー、モンポウといった2世紀弱にわたる作品をも収録したユニークな内容。しかも、ショパンのふたつの協奏曲は、指揮者プレトニョフによる編曲によって、見違えるように緻密で表情豊かな、ピアノとの親密さの増したオーケストレーションとなっている。

ここから浮かび上がるのは、ショパンが単に美しいピアノの詩人だったというだけでなく、その後約200年にわたって、そして今後も新しい音楽の可能性を呼び覚ますに違いないピアノの巨人である、という事実である。

トリフォノフの演奏はどっしりと落ち着いたスケールの大きさ、ここぞという箇所でのテンポを落としての内面への深い沈潜が素晴らしい。※試聴はこちらから

【今日の一枚】
『ショパン:ピアノ協奏曲第1番・第2番、ラ・チ・ダレム変奏曲、幻想即興曲ほか』
ダニール・トリフォノフ(ピアノ)、ミハイル・プレトニョフ指揮、マーラー・チェンバー・オーケストラ
2016、 2017年録音
発売/ユニバーサル・ミュージック
商品番号/UCCG-1777~8(2枚組)
販売価格/3500円

文/林田直樹
音楽ジャーナリスト。1963年生まれ。慶應義塾大学卒業後、音楽之友社を経て独立。著書に『クラシック新定番100人100曲』他がある。『サライ』本誌ではCDレビュー欄「今月の3枚」の選盤および執筆を担当。インターネットラジオ曲「OTTAVA」(http://ottava.jp/)では音楽番組「OTTAVA Salone」のパーソナリティを務め、世界の最新の音楽情報から、歴史的な音源の紹介まで、クラシック音楽の奥深さを伝えている(毎週金18:00~22:00放送)

※この記事は『サライ』本誌2018年2月号のCDレビュー欄「今月の3枚」からの転載です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP