新着記事

ダイナミックすぎる『オメガパーク』で体重約1トンの巨大野生動物に出会う

文・写真/藤木 香(カナダ在住ライター)いつかこの目で本物のカリブー(トナカイ)を見…

キリシタン大名・高山右近と加賀前田家との意外な深イイ関係とは【にっぽん歴史夜話5】

 文/砂原浩太朗(小説家)キリシタン大名として著名な高山右近(たかやま・うこん、1552~1…

【夕刊サライ/福澤朗】カレーに合う日本酒!? 知る人ぞ知る「貴醸酒」に脱帽(福澤朗の美味・料理コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

軽症うつ病の治療にも効果的な「不眠解消」の具体的方法【名医に聞く健康の秘訣】

取材・文/わたなべあや人生、どうしても壁にぶち当たることがあります。離婚や介護、過労…

白洲次郎夫妻の旧邸「武相荘」を味わい尽くす写真イベント《Art of Life(日常の美)》

終戦直後、GHQとの折衝を担った実業家・白洲次郎と、日本の美意識を探究しつづけた稀代の随筆家…

【夕刊サライ/パラダイス山元】突き抜けた、極端なことだらけの生まれ故郷への旅(パラダイス山元の旅行コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

レストランでちょうどいいワインを頼める“魔法の言葉”とは?【食いしん坊の作法 第5回】

文/山本益博「フランス料理が苦手です」という方に、その理由を聞くと、一昔前は、食事の…

綿麻三重織ケット|軽く柔らかな肌掛けで寝苦しい夜も快適に

快眠は、快適な寝具があってこそ。ことに寝苦しい夏場は、寝具の持つ役割が大きくなる。こ…

夏目漱石があのヒゲを整えるのに使っていた剃刀【文士の逸品No.25】

◎No.25:夏目漱石の剃刀文/矢島裕紀彦ロンドンの夏目漱石は、計5回の宿替…

予め知っておきたい「がんになると降りかかってくる4つの負担」とは?

文/中村康宏がんは日本人の死因トップで、3人に1人はがんで死にます。つまり、あなたの…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

R.シュトラウス:ツァラトゥストラほか|パーヴォ×N響の美しき響き【林田直樹の音盤ナビ】

選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)

世界の楽壇の風雲児、1962年エストニア生まれのパーヴォ・ヤルヴィが、2015年秋からNHK交響楽団の首席指揮
者に就任したことは、日本のオーケストラ界にとって大きな事件であった。

以来パーヴォがN響との共演で最も力を入れている作曲家がリヒャルト・シュトラウスであり、『ツァラトゥストラはかく語りき&メタモルフォーゼン』はそのレコーディング第3弾にあたる。パーヴォの大胆さと集中力、N響の重厚な響きが見事に一致し、稀に見る美しいシュトラウスの演奏が堪能できる。

ドイツ・ロマン派の終着点に位置するこの大作曲家は、複雑精緻な管弦楽の扱いが特徴的だが、パーヴォとN響の演奏は、卓越した技術によってそれを再現しているのみならず、熱い真情がこもっているところがいい。

映画『2001年宇宙の旅』で知られる「ツァラトゥストラ」での上質な輝きもさることながら、ベートーヴェンの英雄交響曲の葬送行進曲を主題とした「メタモルフォーゼン」の濡れたように艶でやかな弦の響きは鬼気迫るものさえ感じさせる。(※試聴はこちらから)

【今日の一枚】
『R.シュトラウス:ツァラトゥストラはかく語りき&メタモルフォーゼン』
パーヴォ・ヤルヴィ指揮 NHK交響楽団
2016年録音
発売/ソニークラシカル
http://www.sonymusicshop.jp
商品番号/SICC-10219
販売価格/3000円

写真・文/林田直樹
音楽ジャーナリスト。1963年生まれ。慶應義塾大学卒業後、音楽之友社を経て独立。著書に『クラシック新定番100人100曲』他がある。『サライ』本誌ではCDレビュー欄「今月の3枚」の選盤および執筆を担当。インターネットラジオ曲「OTTAVA」(http://ottava.jp/)では音楽番組「OTTAVA Salone」のパーソナリティを務め、世界の最新の音楽情報から、歴史的な音源の紹介まで、クラシック音楽の奥深さを伝えている(毎週金18:00~22:00放送)

※この記事は『サライ』本誌2017年11月号のCDレビュー欄「今月の3枚」からの転載です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 朴葵姫『ハルモニア』|まろやかで濃厚な生ギターの音色に浸る喜び【…
  2. プロコフィエフ・フォー・トゥー|ギラギラとした色彩感ある音色の傑…
  3. カピュソンのバルトーク:ヴァイオリン協奏曲集|木の匂いのするよう…
  4. カニサレス《洞窟の神話》ギターの華麗さとセクシーさの極限を聴く【…
  5. アンデルシェフスキのモーツァルト:ピアノ協奏曲集|10年ぶり待望…
PAGE TOP