新着記事

衝動的に東海道新幹線に飛び乗ってでかけたくなる、ニッチな一冊|『名古屋の酒場』

飲み屋が少ない、そもそも酒に弱い、知られざる「名古屋の酒場」事情

毎日出勤しても仕事が無い…「社内失業者」にならないために必要なこと

【ビジネスの極意】名門会社を失った、40代で働き盛りだった三代目の失敗から学ぶこと

【ビジネスの極意】名門会社を失った、40代で働き盛りだった三代目の失敗から学ぶこと

年収1000万円以上の保護者が子どもにしている「マネー教育」の中身

PTA活動はみんなやりたくない? 年齢別にみると明らかな結果が。生の声をそのまま公開します!

ボスママ、マウント、利権争い、「PTA活動」参加したくない意外な理由

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

『Norman Granz' Jazz At The Philharmonic Vol.6』

「好き勝手」を楽しむ ジャム・セッションの聴き方【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道56】

“ながら視聴”でBGM化したテレビ。2人に1人が“聞き逃し”でストレス

新型コロナウイルスの影響で進路が変わる受験生多数!?|受験生への新型コロナウイルスの影響に関する調査

新型コロナの影響で進路が変わる? 入試を控える高校3年生の不安

ポークソテーシャリアピンソース

【管理栄養士が教える減塩レシピ】みじん切り、すりおろしで活性化! 旬のにんにくの栄養を逃さない調理法

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

「人の巧を取って我が拙を捨て、人の長を取って我が短を補う」(木戸孝允)【漱石と明治人のことば236】

sousekiKotobaBanner2
今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる明治という時代を呼吸した人びとのことばを、一日一語、紹介していきます。

【今日のことば】
「人の巧を取って我が拙を捨て、人の長を取って我が短を補う」
--木戸孝允

上に掲げたのは、明治の元勲のひとり、木戸孝允が遺したことばである。他者に学んで、その優れたところを取り入れ、自分の至らざるところ、欠点を補う。そうした心掛けの大切さを説いたものだろう。

木戸孝允は、ご存じのように、幕末の長州藩にあっては、はじめ桂小五郎として活躍していた。のち木戸貫治を名乗り、ついで準一郎、孝允と改名した。慶応2年(1866)1月、坂本龍馬を仲立ちとして、長州藩を代表し、薩摩藩代表の西郷隆盛との間に薩長同盟を成立させる大役を果たした。大久保利通、西郷隆盛とともに維新の三傑とたたえられる所以である。

天保4年(1833)生まれ。父親は藩医の和田昌景。まもなく桂九郎兵衛のもとに養子に出され、桂小五郎となった。

松下村塾で知られる吉田松陰と親交を結び、江戸に遊学。斎藤弥九郎の道場で剣術を修養した。その後、尊皇攘夷運動に参加。その隆盛期に、長州藩を代表する形で諸藩の志士と接触し、広く知られる存在となった。禁門の変では、敗走後の処理をして但馬に潜伏。藩論の転換を見計らって帰藩し、藩政をリードした。

久坂玄瑞や高杉晋作ほどの、時代の水準をはるかに抜きんでた政策や路線を構想する器量はなかったが、上士としてのこの人の存在が、藩論をまとめ倒幕へと推し進める上で、重要な役どころを担ったのである。

明治新政府では参与、参議などを歴任。岩倉遣欧使節団の副使として米欧視察もおこなった。だが、大久保利通との対立もあって、存在感はやや薄い。長州を代表する顔も、伊藤博文や山県有朋へと推移していった感がある。

そんな中にあって、木戸は、急変する時代の波を受けた士族の地位と、生活の維持に、心を砕いたという。こんな縁の下の力持ちのような役回りが、木戸には一番似合っていたのかもしれない。

文/矢島裕紀彦
1957年東京生まれ。ノンフィクション作家。文学、スポーツなど様々のジャンルで人間の足跡を追う。著書に『心を癒す漱石の手紙』(小学館文庫)『漱石「こころ」の言葉』(文春新書)『文士の逸品』(文藝春秋)『ウイスキー粋人列伝』(文春新書)『夏目漱石 100の言葉』(監修/宝島社)などがある。2016年には、『サライ.jp』で夏目漱石の日々の事跡を描く「日めくり漱石」を年間連載した。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 「秋立つや一巻の書の読み残し」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば…
  2. 「年の暮れには追憶を、年の初めには希望を」(幸田露伴)【漱石と明…
  3. 「見果てねど はた見あきねど我が夢は 四十余年の夢多き日々」(滝…
  4. 「子供のために一流の文学者が進んで執筆しなければ嘘だ」(鈴木三重…
  5. 最晩年の谷崎潤一郎が愛する風景を詠んだ歌【漱石と明治人のことば3…
PAGE TOP