新着記事

倭ism 鹿革のカジュアルシューズ|履き込むほどに味が出る、大人の快適スニーカー

Abbaye Saint Martin du Canigou(C)ADT66(1)

想像もできない切り立ったピレネー山脈の尖峰に建つ天空の修道院|「サン・マルタン・デュ・カニグー修道院」(フランス)

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その2~

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その1~

“マイクロチップ装着の義務化”には賛否両論…“条件付き賛成”が多数 |ペットと高齢化に関する意識調査

“犬と猫のマイクロチップ装着の義務化”どう思う? |「改正動物愛護法」とペットの健康を考える

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

炭素鋼メッキ爪切り|変形爪もささくれも自在にカット 懐かしきニッパー型爪切り

だんご三兄弟!? 個性派ぞろいのシャトー・メルシャン3ワイナリー長の素顔に迫る

画像では見えませんが、ブレーキにはポルシェ用のブレーキポッドとローターが奢られています

【私のクルマ遍歴】スカイラインとカローラレビンを売却し、ついに出会った、BMW『E36』の高性能チューニングカー『M3』(後編)

程度の悪さのおかげで、遠慮することなく未舗装路も走れたそう

【私のクルマ遍歴】“ダルマセリカ”から始まり、カローラレビンにチェイサー。トヨタエンジンの気持ちよさにこだわった青年期(前編)

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

「人の巧を取って我が拙を捨て、人の長を取って我が短を補う」(木戸孝允)【漱石と明治人のことば236】

sousekiKotobaBanner2
今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる明治という時代を呼吸した人びとのことばを、一日一語、紹介していきます。

【今日のことば】
「人の巧を取って我が拙を捨て、人の長を取って我が短を補う」
--木戸孝允

上に掲げたのは、明治の元勲のひとり、木戸孝允が遺したことばである。他者に学んで、その優れたところを取り入れ、自分の至らざるところ、欠点を補う。そうした心掛けの大切さを説いたものだろう。

木戸孝允は、ご存じのように、幕末の長州藩にあっては、はじめ桂小五郎として活躍していた。のち木戸貫治を名乗り、ついで準一郎、孝允と改名した。慶応2年(1866)1月、坂本龍馬を仲立ちとして、長州藩を代表し、薩摩藩代表の西郷隆盛との間に薩長同盟を成立させる大役を果たした。大久保利通、西郷隆盛とともに維新の三傑とたたえられる所以である。

天保4年(1833)生まれ。父親は藩医の和田昌景。まもなく桂九郎兵衛のもとに養子に出され、桂小五郎となった。

松下村塾で知られる吉田松陰と親交を結び、江戸に遊学。斎藤弥九郎の道場で剣術を修養した。その後、尊皇攘夷運動に参加。その隆盛期に、長州藩を代表する形で諸藩の志士と接触し、広く知られる存在となった。禁門の変では、敗走後の処理をして但馬に潜伏。藩論の転換を見計らって帰藩し、藩政をリードした。

久坂玄瑞や高杉晋作ほどの、時代の水準をはるかに抜きんでた政策や路線を構想する器量はなかったが、上士としてのこの人の存在が、藩論をまとめ倒幕へと推し進める上で、重要な役どころを担ったのである。

明治新政府では参与、参議などを歴任。岩倉遣欧使節団の副使として米欧視察もおこなった。だが、大久保利通との対立もあって、存在感はやや薄い。長州を代表する顔も、伊藤博文や山県有朋へと推移していった感がある。

そんな中にあって、木戸は、急変する時代の波を受けた士族の地位と、生活の維持に、心を砕いたという。こんな縁の下の力持ちのような役回りが、木戸には一番似合っていたのかもしれない。

文/矢島裕紀彦
1957年東京生まれ。ノンフィクション作家。文学、スポーツなど様々のジャンルで人間の足跡を追う。著書に『心を癒す漱石の手紙』(小学館文庫)『漱石「こころ」の言葉』(文春新書)『文士の逸品』(文藝春秋)『ウイスキー粋人列伝』(文春新書)『夏目漱石 100の言葉』(監修/宝島社)などがある。2016年には、『サライ.jp』で夏目漱石の日々の事跡を描く「日めくり漱石」を年間連載した。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 「秋立つや一巻の書の読み残し」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば…
  2. 「年の暮れには追憶を、年の初めには希望を」(幸田露伴)【漱石と明…
  3. 「見果てねど はた見あきねど我が夢は 四十余年の夢多き日々」(滝…
  4. 「子供のために一流の文学者が進んで執筆しなければ嘘だ」(鈴木三重…
  5. 最晩年の谷崎潤一郎が愛する風景を詠んだ歌【漱石と明治人のことば3…
PAGE TOP