新着記事

常滑焼黒土九十九急須|99個の茶漉し穴で、香り高いお茶を抽出できる

理想のデート

7割以上の女性が理想のデート未経験|オトナ女子の理想のデートとは?

荀彧~曹操をささえた悲劇の名参謀【中国歴史夜話 6】

荀彧(じゅんいく)~曹操をささえた悲劇の名参謀【中国歴史夜話 6】

画面ロックしないと起こる危険なこと【スマホ基本のき 第5回】

アルパカミニマフラー|ベビーアルパカの原毛を使用したマフラー。抜群の暖かさ

いまや常識「単数形のthey」をさらに正しく理解しよう|米語辞典から学ぶ新しい英語(1)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編30】

いまや常識「単数形のthey」をより正しく理解しよう|米語辞典から学ぶ新しい英語(1)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編30】

全国のドライバー「2019年あおり運転実態調査」

制限速度で走る、車線変更をした…「あおり運転」をされた理不尽なきっかけ

【ビジネスの極意】欧米式「モチベーション理論」が、なぜ日本社会でうまく機能しないのか?

【ビジネスの極意】欧米式「モチベーション理論」が、なぜ日本社会でうまく機能しないのか?

加重ブランケット『スラウン』|ほどよい圧力で包み込み、快眠に誘う“重たい毛布”

カクシゴトが引き金になる●●離婚とは…|離婚の原因いろいろ

「熟年離婚」「成田離婚」「マザコン離婚」|離婚の原因あれこれ

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 設計・施工はすべて積水ハウスが担当。バリアフリーをはじめ、高齢者の暮らしやすさに配慮した設えが特徴。写真は50平方メートルの部屋。
  2. 設計・施工はすべて積水ハウスが担当。バリアフリーをはじめ、高齢者の暮らしやすさに配慮した設えが特徴。写真は50平方メートルの部屋。
  3. 写真手前が「ラム串五本セット」1000円。レバー、ショルダー、ランプ、ネックの炭火串焼き。左上「よだれラム」800円。羊のすね肉をロール状にして麻マー辣ラーのタレに漬ける。“赤の泡”と好相性。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

健康

中国の伝統医学の理論に基づく、アンチエイジングに効く食材とは?|『老いない体をつくる中国医学入門』

文/鈴木拓也

中国の伝統医学の理論に基づく、アンチエイジングに効く食材とは?|『老いない体をつくる中国医学入門』

「疲れがとれず、意欲がわかない」、「白髪が増えた」、「夜起きて2回はトイレに行く」といった、加齢に伴い多くの人たちが経験する心身の変化。

不可抗力の面もあるが、中国の伝統医学の「抗衰老」(老化を食い止める)の考えでは、こうした望ましくない変化は遅らせることができるという。

特に「腎」をケアすることで、抗衰老ができると説くのは、日本中医薬大学講師で薬膳料理家の阪口珠未さんだ。

ここで言う腎とは、中国医学の五臓(肺、心、脾、肝、腎)の1つで、腎臓とは異なる。阪口さんは著書の『老いない体をつくる中国医学入門』の中 で、腎は先天的な生命エネルギー、すなわち「腎精」を蓄えている所だと説明する。

この腎精は日々使われていき、枯渇してくると、耳が遠くなり、骨がもろくなり、物忘れがひどくなるなど、典型的な老化の兆候が出始める。そして、腎精が残りゼロになったら死が訪れる。

黙っていれば減ってゆく腎精を「チャージしていけるかどうかが、体を若々しく保つ決め手」になると、阪口さんは力説する。そして、腎精は、特定の食材によってチャージできるという。

どのような食材が腎精をチャージしてくれるのだろうか。本書で紹介されているものから、幾つか取り上げてみよう。

■山芋(長芋)

古来日本では、山芋は「精をつける」食べ物として扱われてきたが、中国の薬膳でも腎精をチャージする食材として重宝されている。そして、「腎の消耗による疲労感や冷え、更年期の不定愁訴のほか、胃腸の働きが低下し食欲がない、下痢しやすい、細かいことが気になる、睡眠の質が悪い」などのトラブルに効くと、阪口さんは述べている。

歴史上の人物としては、ストレスと加齢による諸症状に苦しめられていた西太后が、山芋の入った蒸しケーキを食べて、劇的に改善したという例が引き合いに出されている。

本書では、山芋を使ったレシピが幾つか掲載されている。例えば、輪切りにした山芋とみじん切りにしたニンニクをオリーブオイルで炒めて、酒・醤油で味付けした「山芋ステーキ」など、誰でも作れるシンプルなもの。

■海藻(昆布、ワカメ、モズクなど)

阪口さんは、海藻も腎精をチャージする食材として「40歳を過ぎたらぜひ1日1皿の海藻を」とすすめている。

漢方では海藻は、「利尿作用・しこりを柔らかくする作用があるとされ、むくみをとったり、腫瘍やできものの治療」に用いられ、秦の始皇帝は昆布を不老不死の薬の材料とみなしていたという。

食べ方としては、野菜サラダに加えるなどシンプルな方法でよいそう。

■ナッツ(クルミ、アーモンドなど)

現代医学・栄養学でもその効用が見直されているナッツ。阪口さんは、複数種のナッツを毎日少量摂ることで腎精がチャージされ、抗衰老が期待できると大いに推奨する。
また、(厳密にはナッツではないが)薄皮付きピーナッツや黒ゴマも、抗衰老食材として紹介されている。

■魚介類

魚、貝、イカ、タコ、エビは、いずれも腎精をチャージする働きがあるという。中でも阪口さんが「最強」と呼ぶのが牡蠣。次いで、ホタテやシジミを挙げる。そのほか、干しエビや天然のサケが勧められている。サケは缶詰でもかまわないが、養殖モノは効果が乏しいので注意が必要とのこと。

*  *  *

『老いない体をつくる中国医学入門』ではこのほか、キノコや骨つき肉などスーパーで買える食材がいろいろと登場して、実践は容易。ただし、腎精を増やそうとドカ食いするのは禁物だとする。阪口さんは、「食べすぎて消化しきれなかったものは、体に溜まり、血を汚し、エネルギーの流れをせき止める毒」にしかならないと戒める。やはり、腹八分目は中国の伝統医学においても、守るべき原則なのは変わらない。この点をふまえて、腎精チャージにトライしてみよう。

【今日の健康に良い1冊】
『老いない体をつくる中国医学入門』

https://www.gentosha.co.jp/book/b11952.html

(阪口珠未著、本体800円+税、幻冬舎)

『老いない体をつくる中国医学入門』

文/鈴木拓也
老舗翻訳会社役員を退任後、フリーライター兼ボードゲーム制作者となる。趣味は散歩で、関西の神社仏閣を巡り歩いたり、南国の海辺をひたすら散策するなど、方々に出没している。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 『まい泉』のポークジャーキー|ウイスキーのつまみに好適な「甘い誘…
  2. 東京駅で本格イタリア食材が買える!味わえる!『EATALY グラ…
  3. 稲穂ゆれる千葉県・内房に豊かな大地と海の恵みを訪ねて
PAGE TOP