新着記事

X線やMRIでもわからない腰痛の原因は?【川口陽海の腰痛事件簿 第4回】

取材・文/わたなべあや腰痛トレーニング研究所の川口陽海(かわぐち・はるみ)さんは、自…

【夕刊サライ/神取忍】神取流いじめ撲滅運動~思いを声に出す大切さを伝えたい(神取忍の健康・スポーツコラム 第12回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

富士山ぐい呑み|職人技で磨き込まれた富士山シルエットの酒器

金属加工の本場、新潟県燕市から届いた、ぐい呑みセット。錆びにくく熱に強い「18‐8ステンレス…

超合金魂|「超電磁マシーン ボルテスⅤ」「無敵鋼人ダイターン3」「闘将ダイモス」が新シリーズでついに登場!

文/安藤政弘ダイキャスト(亜鉛合金)を使った手にずっしりくる重量感、テレビから抜け出たかのよ…

豊臣秀吉の正室・北政所の謎を追う【にっぽん歴史夜話 7】

 文/砂原浩太朗(小説家)豊臣秀吉の正室・北政所(きたのまんどころ)。戦国女性のなか…

「太宰治記念館 斜陽館」と「太宰治疎開の家」 太宰治ゆかりの2大名所

写真・文/鈴木拓也奥津軽のJR五所川原駅で、1両編成の津軽鉄道に乗り換えて約20分。吉幾三に…

たてスラブ作務衣|肌ざわりよくサラリとした着心地の伝統ウェア

動きやすく体を締め付けず、作業着から部屋着まで万能に使えることから、サライ世代に人気の作務衣…

「糖質制限」は体を壊す?医学的見地から見た効果と副作用

文/中村康宏近年、ダイエットや糖尿病の治療法として「ケトジェニック・ダイエット」が注…

三菱/エクリプス クロス|ブランド復活を狙った、斬新な意匠が評判の高性能な小型SUV【石川真禧照の名車を利く】

文/石川真禧照(自動車生活探険家)荒地などでの走行性能に優れた車づくりに定評のある三菱自動車…

世界最大の陸の孤島!映画「フィツカラルド」誕生の地、ペルー・イキトス

文・写真/原田慶子(海外書き人クラブ/ペルー在住ライター)ドイツの巨匠ヴェルナー・ヘルツ…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

美味

『まい泉』のポークジャーキー|ウイスキーのつまみに好適な「甘い誘惑」

取材・文/編集部

とんかつの名店として名高い『とんかつ まい泉』が、ポークジャーキーを出しているのをご存じでしょうか。ビーフジャーキーはよく聞くけれど、ポークジャーキーなんてあるの?と思われる方も多いでしょうが、あるんです。

甘い誘惑〈まい泉のポークジャーキー〉販売価格394円(税込)

『まい泉』のポークジャーキーには、同店自慢のオリジナルブランド豚「甘い誘惑」が使われています。中ヨークシャー種という豚で、昭和30年代までは市場の95%を占めていた品種。絶滅寸前になっていたものを千葉県の養豚農家が力を合わせて復活させたブランド豚なのです。

肉質は柔らかく、脂身は甘くとろけるような美味しさ。とんかつには最適の品種といえます(このブランド豚を使った料理は『まい泉』の青山本店で賞味できます)。

この「甘い誘惑」を使った『まい泉』のポークジャーキーは、いわゆる”乾き物”のつまみとは一線を画す仕上がり。堅いというジャーキーのイメージを覆し、とても柔らかく、旨みと甘みが強く、お酒にぴったりと寄り添ってくれます。

お酒は、ビール、ワイン、日本酒、焼酎など何でも合いますが、一番のオススメはウイスキー。お好きな人ならストレートでもロックでもハイボールでも、このポークジャーキーとならクイクイ進んでしまいます。

ちょうど発売中の『サライ』12月号は、ウイスキーの大特集号。こんな美味なるポークジャーキーをつまみに、ウイスキーを傾けつつページをめくれば、秋の夜長も薫り高いものになりそうです。

※ご紹介した『まい泉』のポークジャーキーは、同店のオンラインショップのほか、『まい泉』各店舗でもお買い求めいただけます。※一部エキュート品川、新宿伊勢丹、東京ソラマチ、長野売店では販売されていません。

取材・文/編集部

【お知らせ】
『サライ』2017年12月号は「ウイスキー」の大特集です。「そもウイスキーとは」のおさらいはもちろん、全国の蒸溜所を巡る旅企画、日本屈指のバーテンダーによる「家飲みの極意」伝授も見逃せません。

※くわしくは上の表紙画像をクリック!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 東京駅で本格イタリア食材が買える!味わえる!『EATALY グラ…
  2. 稲穂ゆれる千葉県・内房に豊かな大地と海の恵みを訪ねて
PAGE TOP