新着記事

【名門校の青春食堂 第6回】早稲田中学校高等学校×メルシーのラーメン(東京・早稲田)

文/鈴木隆祐早稲田生に愛されてきたワセメシの代表選手『メルシー』のラーメン早…

なぜお金持ちは長生きする?健康と経済の共通点から導く「健康長寿の秘訣」とは【予防医学の最前線】

文/中村康宏「お金」と「健康」といえば、サライ世代の多くの人が気にかけている問題では…

【夕刊サライ/角田光代】エジプト:悠久の街と、私のなかの悠久(角田光代の旅行コラム 第12回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木…

長崎・小値賀の2つの教会【長崎の潜伏キリシタン関連遺産を旅する 第2回】旧野首教会/小値賀教会

写真・文/石津祐介キリスト教が禁教とされた時代、頑なに信仰を貫いた潜伏キリシタン。その信仰の…

袖裾ゴム式作務衣|軽快な着心地で動きやすい夏の作務衣

これからの季節は、庭仕事など屋外での作業が増えてくる。そんなときの“作業着”のひとつとして、…

谷崎潤一郎がまとっていた絢爛豪華な長襦袢【文士の逸品No.21】

◎No.21:谷崎潤一郎の長襦袢文/矢島裕紀彦長襦袢と呼ぶには、余りにも絢爛…

犬の飼い主は絶対知っておくべき「夏のキケンな果物」はブドウ

取材・文/柿川鮎子 写真/木村圭司人間にとっては美味しい果物ですが、犬や猫にとっては…

【夕刊サライ/テリー伊藤】「テリーが惚れた偉大なるクルマ賢人たち」(テリー伊藤のクルマコラム 第12回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

鉄板を叩いてつくる山田工業所の「打ち出し式」鉄フライパン【メイドインニッポン紀行】

取材・文/編集部中華料理の料理人にとって、鍋は最も重要な道具である。炒める、揚げる、煮る、蒸…

房総半島の小国の大名・里見氏はなぜ関東の覇者と渡り合えたのか【半島をゆく 歴史解説編 房総半島 1】

『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

美味

『まい泉』のポークジャーキー|ウイスキーのつまみに好適な「甘い誘惑」

取材・文/編集部

とんかつの名店として名高い『とんかつ まい泉』が、ポークジャーキーを出しているのをご存じでしょうか。ビーフジャーキーはよく聞くけれど、ポークジャーキーなんてあるの?と思われる方も多いでしょうが、あるんです。

甘い誘惑〈まい泉のポークジャーキー〉販売価格394円(税込)

『まい泉』のポークジャーキーには、同店自慢のオリジナルブランド豚「甘い誘惑」が使われています。中ヨークシャー種という豚で、昭和30年代までは市場の95%を占めていた品種。絶滅寸前になっていたものを千葉県の養豚農家が力を合わせて復活させたブランド豚なのです。

肉質は柔らかく、脂身は甘くとろけるような美味しさ。とんかつには最適の品種といえます(このブランド豚を使った料理は『まい泉』の青山本店で賞味できます)。

この「甘い誘惑」を使った『まい泉』のポークジャーキーは、いわゆる”乾き物”のつまみとは一線を画す仕上がり。堅いというジャーキーのイメージを覆し、とても柔らかく、旨みと甘みが強く、お酒にぴったりと寄り添ってくれます。

お酒は、ビール、ワイン、日本酒、焼酎など何でも合いますが、一番のオススメはウイスキー。お好きな人ならストレートでもロックでもハイボールでも、このポークジャーキーとならクイクイ進んでしまいます。

ちょうど発売中の『サライ』12月号は、ウイスキーの大特集号。こんな美味なるポークジャーキーをつまみに、ウイスキーを傾けつつページをめくれば、秋の夜長も薫り高いものになりそうです。

※ご紹介した『まい泉』のポークジャーキーは、同店のオンラインショップのほか、『まい泉』各店舗でもお買い求めいただけます。※一部エキュート品川、新宿伊勢丹、東京ソラマチ、長野売店では販売されていません。

取材・文/編集部

【お知らせ】
『サライ』2017年12月号は「ウイスキー」の大特集です。「そもウイスキーとは」のおさらいはもちろん、全国の蒸溜所を巡る旅企画、日本屈指のバーテンダーによる「家飲みの極意」伝授も見逃せません。

※くわしくは上の表紙画像をクリック!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 東京駅で本格イタリア食材が買える!味わえる!『EATALY グラ…
  2. 稲穂ゆれる千葉県・内房に豊かな大地と海の恵みを訪ねて
PAGE TOP