新着記事

【ビジネスの極意】やりたい仕事とはどのような仕事ですか?|「やりたい仕事」を追い求めて消耗する人たち

【ビジネスの極意】やりたい仕事とはどのような仕事ですか?|「やりたい仕事」を追い求めて消耗する人たち

蒸れを防ぐ秘密機構で夏場も快適な撥水帽子

『あなたへ』

降旗康男監督と高倉健が組んだロードムービー『あなたへ』【面白すぎる日本映画 第31回】

夏の登山・ハイキング人気スポットランキング!

登山・ハイキング人気スポットランキング|「世界自然遺産」から「日本百名山」まで夏に行きたい景勝地10選

高血圧

「高血圧治療ガイドライン」改定であなたも高血圧!?|40代からは塩分量に注意が必要!

畳の香りにつつまれて極上の昼寝ができる快眠寝具セット

スタンダードの「供給源」|ブロードウェイ・ミュージカルとグレイト・アメリカン・ソングブック【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道11】

ブロードウェイ・ミュージカルの名曲をジャズマンが演奏する理由【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道11】

食の安全。自分の身を自分で守るためには|『OK食品 NG食品 どちらを食べますか?』

危険な食品添加物から自分の身を守る|『OK食品 NG食品 どちらを食べますか?』

お葬式の費用は半数が100万円から200万円以下

わからないことだらけのお葬式の費用|約5割が「一般葬」で100万円から200万円払っている!

自宅で焼酎パーティを開きたくなる美濃焼の焼酎サーバー

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

美味

東京駅で本格イタリア食材が買える!味わえる!『EATALY グランスタ丸の内店』を訪ねた

取材・文/藤田信吾(美味サライ担当)

自宅で本格イタリアンを楽しみたい人たちの間で話題となっている店が、東京駅の地下にあります。イタリア発の総合フードマーケット『EATALY(イータリー)』の大型新規店『EATALY グランスタ丸の内店』です。

2007年にイタリア・トリノで創業した『EATALY(イータリー)』は、今やドイツ、デンマーク、アメリカなど世界中で30ヶ所以上に店舗を構えています。8月30日に東京駅構内の地下1階、丸の内地下エリア(改札外)にオープンした『EATALY グランスタ丸の内店』は、本格的なイタリアの食材が揃う店として連日賑わいを見せ、新たな東京名所となっています。

開業から1か月以上が経ち、少し落ち着いた頃を見計らって、取材に出かけてみました。

*  *  *

『EATALY グランスタ丸の内店』は、飲食スペースをもつ約450平方メートルの広大な店舗。イタリア産の生ハムやチーズ、パスタやオリーブオイル、ワインなど食材が豊富に揃うだけでなく、店内で作られた生パスタの料理やピザを店内のレストランで食べられます。

気に入れば、帰りにパスタなど食材を購入でき、自宅でもイタリア気分が再現できるわけです。

イタリアへ旅行すると、その文化に魅せられますが、特に飲食にハマってしまう人は多いでしょう。私もその一人。パスタもいいけど、甘いもの=ドルチェ(デザート)もね。この『EATALY グランスタ丸の内店』では、本場さながらのドルチェとエスプレッソ・コーヒーも味わえます。

店頭の一番目立つところで作られているのは、シチリアの名物菓子「カンノーリ」(500円)。店内調理された薄い皮にリコッタチーズのクリームを注入、両端に好みのトッピングを付けて完成。軽やかな食感ながら、濃厚な風味、でもさらりときれいな味わいです。1本じゃ足りないくらい。この伝統菓子には、EATALYでしか味わえない本場のエスプレッソ「ヴェルニャーノ」がよく合います。

甘いもの好きの方には、イタリア「Venchi」のチョコレートもあります。これは現地で食べてファンになった人が探して買いに来るほどの代物です。ここ『EATALY グランスタ丸の内店』では、量り売り(13.8円/g)なので、好きなものを好きなだけ選んで購入できます。色とりどりの包みなので、ミックスにしてもお土産になります。ギフト用に書籍型の箱に入ったものもあります。

イタリアの食文化を気軽に楽しめる『EATALY グランスタ丸の内店』。まずはドルチェを体験して、時間があれば生パスタやピザなどに舌鼓、そして帰りには自宅での料理用にオリーブオイルやアンチョビなどの食材を入手と、何度も楽しめます。

足を運ぶ度に、日々の食卓が本格イタリアンに変化していくかもしれません。

【店舗情報】
『EATALY グランスタ丸の内店』

所在地:東京都千代田区丸の内1-9-1 JR東日本東京駅構内地下1階
営業時間:7時~23時、レストラン11時~23時(日曜と連休最終日の祝日は7時~22時、レストランは11~22時)
電話:03-3217-7070
http://www.eataly.co.jp/

取材・文/藤田信吾(美味サライ担当)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 中国の伝統医学の理論に基づく、アンチエイジングに効く食材とは?|『老いない体をつくる中国医学入門』 中国の伝統医学の理論に基づく、アンチエイジングに効く食材とは?|…
  2. 『まい泉』のポークジャーキー|ウイスキーのつまみに好適な「甘い誘…
  3. 稲穂ゆれる千葉県・内房に豊かな大地と海の恵みを訪ねて
PAGE TOP