新着記事

衝動的に東海道新幹線に飛び乗ってでかけたくなる、ニッチな一冊|『名古屋の酒場』

飲み屋が少ない、そもそも酒に弱い、知られざる「名古屋の酒場」事情

毎日出勤しても仕事が無い…「社内失業者」にならないために必要なこと

【ビジネスの極意】名門会社を失った、40代で働き盛りだった三代目の失敗から学ぶこと

【ビジネスの極意】名門会社を失った、40代で働き盛りだった三代目の失敗から学ぶこと

年収1000万円以上の保護者が子どもにしている「マネー教育」の中身

PTA活動はみんなやりたくない? 年齢別にみると明らかな結果が。生の声をそのまま公開します!

ボスママ、マウント、利権争い、「PTA活動」参加したくない意外な理由

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

『Norman Granz' Jazz At The Philharmonic Vol.6』

「好き勝手」を楽しむ ジャム・セッションの聴き方【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道56】

“ながら視聴”でBGM化したテレビ。2人に1人が“聞き逃し”でストレス

新型コロナウイルスの影響で進路が変わる受験生多数!?|受験生への新型コロナウイルスの影響に関する調査

新型コロナの影響で進路が変わる? 入試を控える高校3年生の不安

ポークソテーシャリアピンソース

【管理栄養士が教える減塩レシピ】みじん切り、すりおろしで活性化! 旬のにんにくの栄養を逃さない調理法

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

美味

東京駅で本格イタリア食材が買える!味わえる!『EATALY グランスタ丸の内店』を訪ねた

取材・文/藤田信吾(美味サライ担当)

自宅で本格イタリアンを楽しみたい人たちの間で話題となっている店が、東京駅の地下にあります。イタリア発の総合フードマーケット『EATALY(イータリー)』の大型新規店『EATALY グランスタ丸の内店』です。

2007年にイタリア・トリノで創業した『EATALY(イータリー)』は、今やドイツ、デンマーク、アメリカなど世界中で30ヶ所以上に店舗を構えています。8月30日に東京駅構内の地下1階、丸の内地下エリア(改札外)にオープンした『EATALY グランスタ丸の内店』は、本格的なイタリアの食材が揃う店として連日賑わいを見せ、新たな東京名所となっています。

開業から1か月以上が経ち、少し落ち着いた頃を見計らって、取材に出かけてみました。

*  *  *

『EATALY グランスタ丸の内店』は、飲食スペースをもつ約450平方メートルの広大な店舗。イタリア産の生ハムやチーズ、パスタやオリーブオイル、ワインなど食材が豊富に揃うだけでなく、店内で作られた生パスタの料理やピザを店内のレストランで食べられます。

気に入れば、帰りにパスタなど食材を購入でき、自宅でもイタリア気分が再現できるわけです。

イタリアへ旅行すると、その文化に魅せられますが、特に飲食にハマってしまう人は多いでしょう。私もその一人。パスタもいいけど、甘いもの=ドルチェ(デザート)もね。この『EATALY グランスタ丸の内店』では、本場さながらのドルチェとエスプレッソ・コーヒーも味わえます。

店頭の一番目立つところで作られているのは、シチリアの名物菓子「カンノーリ」(500円)。店内調理された薄い皮にリコッタチーズのクリームを注入、両端に好みのトッピングを付けて完成。軽やかな食感ながら、濃厚な風味、でもさらりときれいな味わいです。1本じゃ足りないくらい。この伝統菓子には、EATALYでしか味わえない本場のエスプレッソ「ヴェルニャーノ」がよく合います。

甘いもの好きの方には、イタリア「Venchi」のチョコレートもあります。これは現地で食べてファンになった人が探して買いに来るほどの代物です。ここ『EATALY グランスタ丸の内店』では、量り売り(13.8円/g)なので、好きなものを好きなだけ選んで購入できます。色とりどりの包みなので、ミックスにしてもお土産になります。ギフト用に書籍型の箱に入ったものもあります。

イタリアの食文化を気軽に楽しめる『EATALY グランスタ丸の内店』。まずはドルチェを体験して、時間があれば生パスタやピザなどに舌鼓、そして帰りには自宅での料理用にオリーブオイルやアンチョビなどの食材を入手と、何度も楽しめます。

足を運ぶ度に、日々の食卓が本格イタリアンに変化していくかもしれません。

【店舗情報】
『EATALY グランスタ丸の内店』

所在地:東京都千代田区丸の内1-9-1 JR東日本東京駅構内地下1階
営業時間:7時~23時、レストラン11時~23時(日曜と連休最終日の祝日は7時~22時、レストランは11~22時)
電話:03-3217-7070
http://www.eataly.co.jp/

取材・文/藤田信吾(美味サライ担当)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 中国の伝統医学の理論に基づく、アンチエイジングに効く食材とは?|『老いない体をつくる中国医学入門』 中国の伝統医学の理論に基づく、アンチエイジングに効く食材とは?|…
  2. 『まい泉』のポークジャーキー|ウイスキーのつまみに好適な「甘い誘…
  3. 稲穂ゆれる千葉県・内房に豊かな大地と海の恵みを訪ねて
PAGE TOP