新着記事

【ビジネスの極意】「ダメな部下」を使わないといけない課長の苦悩

【ビジネスの極意】「ダメな部下」を使わないといけない課長の苦悩

波佐見焼のおひつ2色セット|冷やご飯が、ふっくら炊き立てによみがえる

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|旬のさんまを使った炊き込みご飯と蒲焼きレシピ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】旬のさんまを使った炊き込みご飯と蒲焼きレシピ

スミカマの槌目模様の包丁|欧米で脚光を浴びる老舗が古風な包丁を近代的にアレンジ

個人的に世界遺産にしたい場所ランキング! 伊勢神宮に阿蘇、東京タワーなど……未登録なのには理由があった?

世界遺産にしたい場所ランキング| 伊勢神宮に鎌倉、東京タワー……登録されないのには理由があった!?

健康オイル、何を選ぶ?

健康オイル、何を選ぶ?|体に良い油の選び方

朝5時起床。定番スタイルに着替えてから、朝食は6時半頃。「その日のスケジュールを確認しながら、小一時間かけて朝食を摂り、家を出るのは8時半頃です」と服部幸應さん。

【朝めし自慢】服部幸應(服部学園理事長、服部栄養専門学校校長・73歳)「具だくさんの味噌汁と葱入り卵焼き、果物を欠かしません」

ごはんはどうだ! 銅製釜飯セット|銅製羽釜のご飯は旨さ格別 最高の熱伝導で短時間に炊き上がる

チレス・エン・ノガダ

赤白緑のトリコロールに彩られた甘いトウガラシ料理!?|メキシコ独立記念日の味「チレス・エン・ノガダ」

救ってくれたのは同じ悲しみを経験した犬仲間と今の愛犬

救ってくれたのは同じ悲しみを経験した犬仲間と今の愛犬【愛犬との別れ、ペットロス体験記】

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. 東寺
  2. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

美味

世界最大級のチョコレート祭典「サロン・デュ・ショコラ 2016」で見つけた男性が喜ぶチョコ厳選6

年間の売り上げの半分以上がバレンタイン需要といわれるチョコレート業界。例年2月14日が迫ってくると、デパートやスーパーの特設販売会場には連日人だかりができます。

バレンタイン向けにチョコレートを購入するのは女性ばかりと思いきや、最近では男性でも自分のために買う人が増えているとか。普段よりも少し贅沢な気分になれるチョコレートで癒やされたいのでしょう。実際、昨年の2月、銀座の百貨店特設コーナーにできた行列の中に、チョコレートを求める男性の姿を何人も目撃しました。かくいう筆者も男性ですがチョコレートは好物で、コーヒーの共として欠かせません。

IMG_0052_s

そんなチョコレートが好きな男性にも、足を運んでいただきたいイベントが開催されています。世界最大級のチョコレートの祭典「サロン・デュ・ショコラ」。14回目を迎える今年は、世界20カ国から100のブランドが参加。“ショコラの冒険、カカオの誘惑”をテーマに東京・新宿をはじめ、札幌、仙台、名古屋、京都、大阪、福岡の各会場で開催されます。

今回事前に、参加予定のブランドを多数試食させていただきました。その中から、男性にお薦めできるチョコレートを厳選してご紹介しましょう。

 

IMG_0051_s

テール・ド・カカオ/クリュ・ド・ショコラ

これはジャン=ポール・エヴァンをはじめとする6人のショコラティエが競演し、「チョコレートのクリュ(畑の格付け)/カカオの大地」がテーマ。小さなタブレットとボンボンの2種、計12個入りのセット。6人の個性の違いが楽しめる今回の目玉商品です。

 

IMG_0053_sIMG_0057_s

オリヴィエ・ヴィダル

フランスのブルゴーニュ地方オクセールから参加したヴィダル氏。2012年に自分の店をオープンしたという新進気鋭のショコラティエですが、その“作品”は非常に個性的。写真のエスカルゴ型ガナッシュ「アソート・エスカルゴ・フリュイ」は、少々粒が大きいもののカシスとフランボワーズの風味がきいていて、複雑な味わい。まさに料理のようです。丸くシンプルな「ルージュ・ド・ブルゴーニュ」は、ブルゴーニュワインがお好きな方にも賞味していただきたい逸品です。

 

IMG_0069_s

ショコラ・カズナーヴ

カカオ豆から板チョコになるまで一貫して丁寧につくられる“Bean to Bar”で注目されている、創業1854年というフランスの老舗。昨年、好評だったカカオ70%のブラックチョコレート「No.3」のほか、昔ながらのロースト機で豆を焙煎して風味を打ち出したカカオ100%のタブレット「No.6」など、すべての種類が出品予定。

 

IMG_0063_s

ブボ バルセロナ

ガウディやカザルスなど偉大な芸術家を生んだスペイン・カタルーニャ地方。2005年、バルセロナで開業するや、その繊細な味と美しさで瞬く間に人気ショコラティエになったというカルレス・マンペル氏は今回、日本初上陸。写真の板チョコは、ヨーグルト風味のホワイトチョコとラズベリーを組み合わせたマーブルタブレット。酸味のバランスがよく甘さも控えめで、お酒と合わせても楽しめそう。

 

IMG_0064_s

サマーバード オーガニック

世界中の美食家の注目を集めているデンマークからは、オーガニックなブランドが上陸。長年の試行錯誤の末、2014年から100%自然の原材料を使い、添加物も一切使用しないとか。体に優しそうな、最先端のチョコレートといえるでしょう。写真は、オレンジが香るヘーゼルナッツのガナッシュをホワイトチョコで包み込んだ蝶をモチーフにしたチョコレート。

 

IMG_0067_s

エスキス

今や銀座を代表するフランス料理店「エスキス」からは、山椒(さんしょう)を使った日本らしい「オランジェット山椒」が出品されています。青山椒で香り付けされたオレンジピールのチョコレートで、これは驚きに満ちた衝撃的な美味しさ。個人的には一番のお薦めです。

 

IMG_0861_s

「サロン・デュ・ショコラ」開催概要
<東京>
日時:2016年1月27日(水)~1月31日(日)各日午前10時~午後8時
会場:新宿NSビル  地階イベントホール
住所:東京都新宿区西新宿2-4-1

※その他の会場は公式サイトをご参照ください。

【サロン・デュ・ショコラ日本公式サイト】
http://www.salon-du-chocolat.jp/

大勢の女性客に交じってチョコレートを買いに行くのには抵抗があるという男性には、安心してください、オンラインショップもあります。

http://isetan.mistore.jp/onlinestore_shinjuku/sdc/index.html


文/サライ.jp編集部

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP