新着記事

1枚でも重ね履きシルクとウールの折り返し靴下 同色2足組|シルクとウールで重ね履きの保温効果を発揮

【ビジネスの極意】夏目漱石「虞美人草」に学ぶ、働くことの意味

【ビジネスの極意】夏目漱石「虞美人草」に学ぶ、働くことの意味

『チャーリー・パーカー・ウィズ・ストリングス』

再生メディアの進歩はジャズを大きく変えた【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道43】

カードが入る小さな小銭入れ|外出時に必要な機能をコンパクトにまとめた

元気な100歳の3大秘訣「たんぱく質をしっかり摂取」「誰かと食卓を囲む」「世間の出来事に関心あり」

【お詫び】新型コロナウイルス感染症の影響による『サライ』4月号の付録変更について

孫の世話をするのは、当たり前ではない!「ばぁば」の半数以上が「孫育て」にモヤモヤしている

【嫌な部屋干しの臭い】生乾きの臭いを解消する有効な対策とは?

電動フルオートアンブレラ|開閉の途中で止められる、完全自動の電動傘

【京都人のお墨付き】「京料理 貴与次郎」店主・堀井哲也さんおすすめの和菓子「中村軒」

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 北大路魯山人作「つばき鉢」1938年

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

美味

東京・京橋の洋食店『サカキ』の絶品カキフライ

【私のお気に入り~第100回】
八代目橘家圓蔵


橘家圓蔵1

月の家円鏡(つきのやえんきょう)で知られた八代目橘家圓蔵(たちばなや・えんぞう)師匠が2015年10月7日に亡くなられました。

圓蔵師匠の落語は正統派の江戸前の落語ではなく、持ち前のスピードと奇抜なギャグで貫くスラプスティックなナンセンス落語でした。

三遊亭圓生や古今亭志ん朝を贔屓にする落語ファンは、圓蔵の高座には見向きもせず、全く評価しませんでしたが、私は「上手い」落語ではなく「面白い」落語の代表として高く買っていました。

「猫と金魚」などはその代表的な落語です。

私の円鏡ファンを知ってか、立川談志師匠が「円鏡の独演会」を開いて、そのプロデューサーをやってくれと言ってくださったのです。それがきっかけで、「月の家円鏡独演会」を定期的に開くことになりました。昭和56年(1981年)頃のことです。場所は渋谷の東邦生命ホールでした。

橘家圓蔵2_s

独演会にかける師匠の意気込みはものすごく、この独演会の高座から「火焔太鼓」「寝床」といった傑作が生まれました。

古今亭志ん生や桂文楽の名演とはひと味違う十八番の高座と言ってよいでしょうか?

独演会は「円鏡」から「八代目橘家圓蔵」襲名後も続き、5年間で完結しました。

先日、亀戸にある長寿寺のお墓に出かけ、手を合わせてまいりました。享年82でした。

 

 

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. チキンライスの上に花が咲く!根津『タケル』のオムライス 【新ひと…
  2. 大人のグランメゾン『アピシウス』で小鴨料理に舌鼓 【新ひと皿の歳…
  3. 東京・初台『Anis』の肉料理が堪らない【新ひと皿の歳時記18】…
  4. 東京・神宮前『傳』の自由自在な新しい日本料理【新ひと皿の歳時記1…
  5. 街中華の隠れた名店を発見!東京・大井町の『萬来園』【山本益博の新…
PAGE TOP