新着記事

多彩な情報が詰まった焼酎の魅力が伝わる入門書|『本格焼酎マニアックBOOK』

焼酎について、どれぐらいのことを知っていますか?|『本格焼酎マニアックBOOK』

【娘のきもち】比べられることを嫌い、妹とは絶縁状態に。2人を再び結び付けてくれたのは家族の危機だった~その2~

【娘のきもち】比べられることを嫌い、妹とは絶縁状態に。2人を再び結び付けたのは家族の危機だった~その2~

【娘のきもち】家族仲はよくていつでもみんな一緒だった。でも、「双子のかわいくないほう」と周りから呼ばれるようになって~その1~

【娘のきもち】家族仲は良く、いつでもみんな一緒だった。でも、「双子のかわいくないほう」と周りから呼ばれるようになって……~その1~

榎本武揚ら旧幕府軍が拠点とした五稜郭

戊辰戦争は「近代的な新政府軍vs古臭い旧幕府軍」ではなかった!【検証 「徳川近代」 原田伊織氏インタビュー4】

重文「無学祖元坐像」鎌倉時代 円覚寺

師の息遣いをも伝える、頂相(ちんそう)彫刻に注目! 【円覚寺の至宝 鎌倉禅林の美】展

パーヴォ×パリ管「シベリウス交響曲全集」の明晰で力強くみずみずしい音楽【林田直樹の音盤ナビ】

さんまの梅しそ巻き

【管理栄養士が教える減塩レシピ】梅干しパワーで梅雨を乗り切る! 「うめびしお」の作り方

【夫婦の距離】定年後の趣味がご近所トラブルに! 夫を変えた妻のアイデア~その2~

【夫婦の距離】定年後の趣味がご近所トラブルに! トラブルメーカーの夫を変えた妻の提案~その2~

【夫婦の距離】定年後の趣味がご近所トラブルに! 夫を変えた妻のアイデア~その1~

【夫婦の距離】定年後の趣味がご近所トラブルに! トラブルメーカーの夫を変えた妻の提案~その1~

なるほど! 腰痛・坐骨神経痛 なかなか治らない原因は深部の筋肉【川口陽海の腰痛改善教室 第18回】

なかなか治らない腰痛・坐骨神経痛|痛みの原因は深部の筋肉【川口陽海の腰痛改善教室 第18回】

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

シニア住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

美味

知っておきたい!豊洲市場の達人が教える「旨い魚」の見極め方(丸魚、サク、切り身)

味のいい魚を入手することは、料理の出来を左右する重要な条件だ。鮮度がいい魚、脂が乗った魚は見た目で判断できる。色艶がいいものは総じて旨い。確認すべきところを覚え、売り場では同じ魚種でも、よりよい個体を選びたい。

【丸魚の見極め方】
「小顔で目が張り出し筋肉質、美形の魚を選ぶべし」

鮮魚店などに行くと、丸魚(まるざかな)を販売している。昨今は購入をためらう向きもあるかもしれないが、丸で買うほうが得だと、豊洲市場の水産仲卸『島津商店』の島津修さん(50歳)は語る。

「魚をおろすと、可食部は一尾の約4割といわれます。丸で買えば、刺身、焼きや煮物など様々に楽しめて、頭などのアラもお吸い物にしたりと可食部が増えます。魚をおろす手間賃がかからないので、その意味でも割安です」

一見して美しい魚は鮮度よし

鮮度のよい丸魚はまず一見して美しく、色艶がいいという。

「海で泳いでいる魚は美しく、光沢があります。陸に水揚げされ、処理や輸送をする間に酸化などにより、鮮度が落ちてしまう。だから、海にいる時の状態になるべく近いものがいい。そして新鮮なものは目もきれいに澄んでいます。魚眼レンズという言葉がある通り、魚は後方を見ることができるので本来は目が外側に張り出しているから、そういったものを選ぶ。さらには体表を手で触ると、ぬめりがあるのも特徴です。粘液は魚体を保護し、これにより魚は水中を泳ぐことができるのです」

また、脂乗りのよい、太って厚みがある魚を買うことも美味の大事な条件だ。餌がたくさんとれる魚は生命力が強い。体に溜ため込んだ栄養は筋肉に変わり、さらに体は大きくなる。それが顕著に現れるのが、肩から背の部分だ。相対的に顔は小さく見える。

そして尻びれと腹びれの間にある肛門の締まり具合も目安となる。新鮮なものは肛門が見えにくい。しかし死後硬直から時間が経つにつれて肛門が開き、点状の肛門が見てわかるようになる。

丸魚のココに注目!
1、 顔が小さく身に厚みがあるか?
2、 目が張り出しているか?
3、 色艶がよく、光沢があるか?
4、 表面にぬめりがあるか?
5、 肛門が締まっているか?

淡泊ながら風味豊かで、味・色・姿とも最高の魚とされる真鯛。天然物の旬は、産卵前の春の桜鯛、産卵後、再び脂が乗ってくる秋の紅葉鯛だ。写真は天然の真鯛。

【真鯛の見極めポイント】
◎天然物と養殖物は尾びれが違う。天然物は尾びれがピンと張り、美しい赤色。養殖物は底の浅い場所で飼われ、尾びれが発達しないため、尾の先が丸くなる。◎新鮮なものは目に濁りがなく澄む。膨らんで盛り上がり、外側に張り出しているが、時間が経つと、目の水晶体が壊れて沈む。◎筋肉が発達し、さらに脂乗りもよいと、肩から背にかけて大きく盛り上がり、身が厚くなる。そのため自然と顔が小さく見える。◎全体に張りと弾力があるものを。体表に粘液がついていて、光沢、色いろ艶つやがよく、鱗うろこがきれいに揃っているものを選ぶ。◎鮮度がいいと肛門が締まり、その存在自体が見えない。

上から、金目鯛、秋刀魚、カサゴ、真鯵、真鯖、イカ。

【金目鯛の見極めポイント】
深海魚で、その名の通り金色に光る大きな目を持つ。目が濁りなく盛り上がったものを選ぶ。表面にぬめりがあると鮮やかな赤金色に。

【秋刀魚の見極めポイント】
「秋の刀」という名に象徴されるように皮がぴんと張り、全体が輝いているものがよい。脂乗りがいいと口先や尾の中央が黄色になる。

【真鯵の見極めポイント】
体表に艶があるものがいい。鮮度が落ちるにつれて、しわしわした印象へと変化する。新鮮だと、目の透明部分に張りがある。

【カサゴの見極めポイント】
磯魚であるカサゴは、刺さし網あみで獲られる。身が傷ついていない、全体的に生き生きしたもの、腹部がしっかりしたものを選ぶとよい。

【イカの見極めポイント】
海中では透き通っている。水揚げ後、空気に触れると褐色になるが、なるべく透明感のあるきれいなものを。胴に弾力があるものもいい。

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP