新着記事

IMABARI コットンスヌード|無造作に巻いても形が決まる、暖かなコットン襟巻き

【最後の恋】10年前にリストラをした、20歳年下の女性部下とのロマンス……定年退職の日の特別な出来事~その2~

【最後の恋】10年前にリストラをした、20歳年下の女性部下とのロマンス……定年退職の日の特別な出来事~その1~

ドレッシング利用者は9割弱。「週に2~3回」がボリュームゾーン

チャーハン? 刺身? 漬け物? サラダだけじゃないドレッシングの意外な利用法

電話に出られない時に知っておきたい3つの対応方法【スマホ基本のき 第1回】

サライ・オリジナル手帳カバーとペンケース|付録の手帳が装着できる革製カバーとペンケース

ラグビー ワールドカップで学ぼう!(2) 国歌から知る出場国の歴史(前編)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編27 】

ラグビー ワールドカップで学ぼう!(2) 国歌から知る出場国の歴史(前編)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編27】

レトルト食品を利用して料理をする人は全体の9割弱

男性は「カレー」、女性は「パスタソース」が人気! みんなが「レトルト食品」を買う理由

【ビジネスの極意】コミュニケーションが苦手な人に必要な「聞く」技術とは?

【ビジネスの極意】コミュニケーションが苦手な人に必要な「聞く」技術とは?

老後は笑顔で「平気で生きていく」|『おじいさんになったね』

南伸坊『おじいさんになったね』に学ぶ「平気で生きていく」ということ

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. リラックスを追求し、日々を快適にする『シンラ』。103万5000円~(工事費別)。椅子と桶は23年前の新築時に友人から贈られたもの。
  2. 幅60㎝、広い庫内空間と高い収納力で12人分84点に対応する『SMI69N75JP』。年間で水道代・電気 代が約35%節約可能(※)。34万円(ドア面材、工事費別)。 ※(一財)省エネルギーセンター「家庭の省エネ大事典」より
  3. リビングから0.5階上がると、『タタミスペース』が用意される。1階とは違った設えが、暮らしに豊かさをもたらしてくれる。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

仏像

蕎麦切り寺の「絶対秘仏」はこうして撮影した

15_1001237

天正10年(1582)に、織田信長配下の軍に焼き払われた宝蔵院の「絶対秘仏」を撮影するために、2メートル近い雪に埋もれた妙高山麓を訪ねた。同地では、「宝蔵院日記」の翻刻が完了し、公開のめどがたったことを受けて、その記録をもとに、かつて宝蔵院の寺領に栄えていた蕎麦の食文化を復活させようという取り組みが始まっていた。

150年以上に及ぶ寺領の出来事を記録した「宝蔵院日記」には、蕎麦に関する記述が多くみられる。極上のソバを栽培するには好適なこの地で、かつて食されていたうまい蕎麦を蘇らせ、味わってみようと、有志による活動が、この冬から始まった。最初に取り組んだのは、「宝蔵院日記」に記されていた「寒ざらし蕎麦」の復活だ。

寒さにあたると、どうやら蕎麦は、一層うまくなるらしい。それはいったい、どういう味なのか。実際に、この地方ならではの、雪の冷たさを利用した寒ざらし蕎麦を作る作業が開始された。果たして、戸隠に劣らぬ蕎麦の食文化が花開いていたというこの地に、失われた蕎麦の聖地を蘇らせることはできるのだろうか。

その作業の詳細については、『蕎麦Web』に掲載したので、そちらをご覧いただきたい。が、ここではひとまず絶対秘仏の撮影の様子を、お知らせしなければならないだろう。

宝蔵院の本尊であったこの仏像は、現在、国の重要文化財に指定され、妙高山麓にある関山神社のご神体として祀られている。

撮影当日、関山神社の本殿内部には紅白の幕が張り巡らされ、神職を始め氏子総代など、たくさんの方々が集まって準備を進めていた。

まず、すべての関係者が神前に整列し、神職が厳かに祈祷する。一通りの儀式を済ませた後に内陣が開かれ、頑丈な金庫にも似た金属製の扉が開けられた。光の届かない内部には、小さな仏像が安置されていた。

神職がその仏像を運び出す。白い布を張って準備した机に置かれた仏像は、そこでもう一度、祈祷を受け、その後ようやくカメラを向けることが許された。

僕は手を合わせ、一礼してから、まず拝見する。

仏像は高さ20センチほどの金属製で、腰部は細くくびれ、華奢な印象を受ける。鋳造された当初は全身、黄金色に輝いていたのだろう。天正10年に戦火に包まれたため、全体に黒い焼け色を呈し、両腕のひじから先が失われている。

しかし、美しいお顔だ。穏やかな笑みを浮かべた端正なお顔からは、痛ましさは微塵も感じられない。むしろ、くぐり抜けてきた運命の過酷さを一種の神々しさに昇華し、自らの輝きとして纏(まと)っているようにさえ見える。この仏像がなぜ、絶対秘仏として箱に入れられ、厳重に封印されなければならなかったのだろうか。

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP