新着記事

バルミューダ ザ・ライト|明るくくっきりした視界を確保。正確な色が見え、影ができにくい

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/20~1/26)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/20~1/26)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/20~1/26)牡羊座~蟹座編

これからの20年、30年で、人生全体の納得度が大きく左右される|『人生のピークを90代にもっていく!』

人生の後半を幸せに生きていくための秘訣|人生のピークを90代にもっていく!

龍爪梅花皮の酒器|優美な白の縮れはこの世にひとつ

国宝 銅剣・銅鐸・銅矛(部分) 島根県出雲市 荒神谷遺跡出土 弥生時代・前2~前1世紀 文化庁蔵(島根県立古代出雲歴史博物館保管)

出雲と大和の名品を一堂に集めた展覧会【日本書紀成立1300年 特別展 出雲と大和】

【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その2~

【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その2~

【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その1~

【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その1~

明智光秀謀反の陰に病あり??

明智光秀謀反の陰に病あり??|現役医師が「光秀のカルテ」を作る!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

ワイン

近年注目のニュージーランドワインを飲み比べ!メーカーズディナー@ザ・リッツ・カールトン東京

取材・文/編集部

チリやオーストラリアなど、南半球産のワインが人気になって久しいですが、近年とくに注目されているのがニュージーランドのワインです。

以前からソーヴィニヨンブランという品種を使った白ワインで有名でしたが、ここ最近は、ニュージーランドで日本人醸造家がつくっているワインが、世界的にも評価されています。クスダ・ワインズ、コヤマ・ワインズ、サトウ・ワインズなどが、ピノ・ノワールやリースリング、ピノ・グリなどの葡萄品種で高評価のワインを生み出しているのです。

そんな高品質のニュージーランドワインの先駆的存在だったのが、フェルトン・ロード。ニュージーランドの南島、世界最南端のワイン産地と言われる冷涼なセントラル・オタゴにあるワイナリーです。

筆者はずいぶん昔にこのワイナリーを訪ねたことがあります。リースリングなどの白ワインを造って、現地では高い評価を受けながら、当時はまだ日本には入っていなかったのです。それが今では、世界的に認知され、日本にも輸入され、特にピノ・ノワールのワインは発売されるやいなや完売してしまうほどの人気なのです。

このフェルトン・ロードの醸造家、ブレア・ウォルター氏が来日。ザ・リッツ・カールトン東京でメーカーズディナーが行われました。

この日のラインナップは、希少なマグナムを含む次の6種でした。

●リースリング・バノックバーン 2010
Riesling Bannockburn

●シャルドネ・バノックバーン 2010
Chardonnay Bannockburn

●ピノ・ノワール・バノックバーン 2010
Pinot Noir Bannockburn

●ピノ・ノワール・ブロック3 (1500ml) 2010
Pinot Noir Block 3

●ピノ・ノワール・ブロック5 (1500ml) 2010
Pinot Noir Block 5

●フィーヌ
Fine

ちょうどいい熟成を経た、飲み頃とも言えるワインを飲み比べられるのは貴重な機会でした。フランスのブルゴーニュなどとは違う、独特な濃密さと風味をもつワインです。

「バノックバーン(Bannockburn)」というのは、セントラル・オタゴ内の地域名。地図を見るとかなり広いエリアのようですが、ウォルターさんによると、全ての畑で葡萄を育てているわけではなく、土地の栄養分が復活するよう、栽培を休んでいる休耕地もあるとのこと。

狭い日本と違い、余裕のある将来を見据えたワイン造りには驚くばかりです。

ワインに合わせて出された料理は、同ホテルに入っているモダンビストロ『タワーズ』のシェフやソムリエが、事前にワインの味をみて、それに合うように配慮・工夫がこらされたもの。徹底した”ワイン・マリアージュ”と言ってもよいでしょう。



同じくワインメーカーズディナーと呼ばれるイベントはよくありますが、ここまで徹底しているのは珍しいことでした。なんといっても、ザ・リッツ・カールトン東京45階という眺望の良さの中、希少なワインを料理とともに堪能できるのですから。

同ホテルでは時々このようなイベントが開催されます。機会があればワイン愛好家は足を運ぶべきですね。

●ザ・リッツ・カールトン東京
http://www.ritz-carlton.jp/

取材・文/編集部

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 酒井ワイナリーのワインは決して高価ではないが、「他国の3000円代のワインと比較して、よりいいと思ってもらわなければいけない。危機感がある」と話す。 【日本ワイン生産者の肖像7】酒井一平さん(酒井ワイナリー)|読書…
  2. 【日本ワイン生産者の肖像7】酒井一平さん(酒井ワイナリー)|読書…
  3. 幹が太い、マスカット・ベーリーAの見事な古木。「父が小学生の時の写真にすでに写っているから、樹齢は少なくとも80年以上」。その前に佇む岸平典子さん。 【日本ワイン生産者の肖像6】岸平典子さん(タケダワイナリー)|創…
  4. サライムック『美味サライ』最新号は「日本ワインを究める」の大特集…
  5. オーストリアの「緑のワイン」をワイン居酒屋「ホイリゲ」で満喫
PAGE TOP