新着記事

わかさぎと小じゃがのアヒージョ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】カルシウム豊富!丸ごと食べられる「わかさぎ」を使った「カレーマヨ揚げ」「アヒージョ」

1枚でも重ね履きシルクとウールの折り返し靴下 同色2足組|シルクとウールで重ね履きの保温効果を発揮

【ビジネスの極意】夏目漱石「虞美人草」に学ぶ、働くことの意味

【ビジネスの極意】夏目漱石「虞美人草」に学ぶ、働くことの意味

『チャーリー・パーカー・ウィズ・ストリングス』

再生メディアの進歩はジャズを大きく変えた【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道43】

カードが入る小さな小銭入れ|外出時に必要な機能をコンパクトにまとめた

元気な100歳の3大秘訣「たんぱく質をしっかり摂取」「誰かと食卓を囲む」「世間の出来事に関心あり」

【お詫び】新型コロナウイルス感染症の影響による『サライ』4月号の付録変更について

孫の世話をするのは、当たり前ではない!「ばぁば」の半数以上が「孫育て」にモヤモヤしている

【嫌な部屋干しの臭い】生乾きの臭いを解消する有効な対策とは?

電動フルオートアンブレラ|開閉の途中で止められる、完全自動の電動傘

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 北大路魯山人作「つばき鉢」1938年

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

美味

タイのほっこりご飯!蒸した餅米「カオニャオ」は旅人の食欲を刺激する

カオニャオは竹で編んだ籠(かご)に入って供される。魚醤(ぎょしょう)と香草の香りに満ちた料理と相性抜群だ。

カオニャオは竹で編んだ籠(かご)に入って供される。魚醤(ぎょしょう)と香草の香りに満ちた料理と相性抜群だ。

写真・文/大沼聡子

前にご紹介したタイ・チェンマイのカレーラーメン「カオソーイ」の「カオ」は、かつては「主食」を意味する言葉であった。しかし、現在は「米」をさすことが多い。

ゆでた鶏肉をご飯にのせたチキンライスは「カオマンガイ」、お米を煮たお粥(かゆ)は「カオトム」である。

しかし、2013年に現地チェンマイを旅したとき、こんな面白い話を聞いた。チェンマイの人々にとって、「カオ」の最も定番は、餅米(もちごめ)を蒸した「カオニャオ」なのだそうだ。

「ニャオ」は「ねばねばした」の意。遥か南の首都・バンコクでは、日本では「タイ米」という呼称でおなじみのあっさりしたインディカ米が定番であり、もっちりとした餅米は北部のものだという。

生まれも育ちもチェンマイだというガイドのツリーさんは、蒸しあがったカオニャオを慣れた手つきでちぎり、手で軽く丸める。それを炒めものなどにつけて食べる様は、実に器用に見える。

もともとタイでは、インドなどと同じく手で食事をする文化だったという。しかし、中国の影響でもたらされた麺料理には箸を使い、それ以外は西洋からの影響でスプーンとフォークを使用するようになった。それも、ここ100年ほどの変化だという。

「最近では、カオニャオも手ではなく、スプーンとフォークで食べるようになってきました。僕の祖父母は相変わらず、手で食べていますが……」

ツリーさんは、少し苦笑いしながらそう教えてくれた。

南部のバンコクに住むタイ人からみれば、北部の餅米文化はやや田舎臭くかんじられるようだ。北部の人々の顔立ちの傾向を捉えて「餅米ばかり食べていると、鼻が丸くなる」とも言われるらしい。

しかし、魚醤(ぎょしょう)で味付けされたおかずと共に味わうカオニャオは、旅人の食欲を魅了してやまない味なのである。

写真・文/大沼聡子
※本記事は「まいにちサライ『食いしん坊の味手帖』」2013年12月23日掲載分を転載したものです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP