急ぎ足の観光客だけでなく、地元の「みやこ人」たちからもこよなく愛される京都の「おうどん」。出汁や麺、具材など個性豊かなメニューの数々と、その美味しさの秘訣を紹介する。

具と出汁に天然真鯛を使用。細めの麵とも好相性の一杯

京うどん こむぎ(真鯛うどん)

「天然真鯛うどん」1250円(10食限定)。天然真鯛の美味しさを知ってもらうことも目的。新鮮な三つ葉の香味を添えて。
うどんは下京区の「田毎製麺所」製。小麦が香りつるつる感のある細麺が、個性的な「天然真鯛うどん」には合う。

『京うどん こむぎ』は、コロナ禍の令和3年2月に河原町五条近くに店を構えた。何故この時期にあえて開業したのかを、町おこしも手掛ける店主に聞いた。

「元古美術店だった町家が空いたままになっていて、それを生かして地域活性ができないかと思ったのがきっかけでした」

『草闇(そうじき)なかひがし』の三男で数々の店をプロデュースしてきた中東篤志さんに店の監修を依頼。品書きは、奇を衒ったものではなく、かけや葱、きざみといった出汁の美味しさを直接感じられるものに限定した。そんな中、唯一独自の品として開発したのが天然真鯛うどんだった。

瀬戸内で揚がる真鯛の頭やアラを仕入れ出汁をとる。瞬間冷凍して届く切り身はさっと火を通して身のやわらかさを保つ。

昆布出汁をベースに鯛のアラでとった出汁を合わせる。出汁に真鯛の切り身を入れて煮込む。

淡麗な出汁に合う細麺ののど越しも軽やかで、さらっと食べられる。うどんは、この細麺のほか中太麺もあって、どちらかを好みで選べるのもいい。

近所のお年寄りが毎日通える気安い店にしていきたいという。

万寿寺通には古民家も多く、風情がある。

京都市下京区河原町通万寿寺須浜町647-2
電話:075・746・5910
営業時間:11時30分~14時(17時30分~22時はおでんと日本酒)
定休日:火曜
交通:京阪本線清水五条駅から徒歩約4分

 

取材・文/中井シノブ 撮影/高嶋克郎、竹中稔彦
※この記事は『サライ』2022年3月号別冊付録より転載しました。

関連記事

ランキング

サライ最新号
2022年
8月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品
おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品