新着記事

メイドイン京都の小さなおりん|澄んだ音色が心地よい手のひらサイズのおりんセット 黒澤明『用心棒』 観るたびに面白く、見飽きない。どんなハリウッド映画も吹き飛ばすほどの痛快さ|黒澤明『用心棒』【面白すぎる日本映画 第28回】 日本リメイク版『24』ジャック・バウアー役を演じてほしい俳優ランキング|3位 は 岡田准一 、2位は ディーン・フジオカ 、1位は? 日本リメイク版『24』ジャック・バウアーを演じてほしい俳優ランキング|3位 は 岡田准一 、2位は ディーン・フジオカ 、1位は? 被災時に預貯金などを引き出すには【被災したときに役立つ生活再建のための知識】 被災時に預貯金などを引き出すには【被災したときに役立つ生活再建のための知識】 出雲黒柿の香筒|柿の古木が生む超希少な材を使った伝統の逸品 今もっともアツい動物行動学者、入交眞巳先生の新刊は愛猫家必読のバイブル【にゃんこサライ特別編】 レクサス車の顔として定着した、台形をふたつ合わせたようなスピンドルグリルが印象的。ヘッドライトは小型LED3眼を採用。 レクサスES|12年ぶりに国内販売を再開した上級4ドアセダンの革新性【石川真禧照の名車を利く】 【ビジネスの極意】なぜ、有望な新人を適材適所に配置できないのか? 【ビジネスの極意】なぜ、有望な新人を適材適所に配置できないのか? 鉄瓶 観月アラレ|まろやかな湯が沸く使い勝手のよいサイズの鉄瓶 野菜たっぷり干し貝柱の中華丼 【管理栄養士が教える減塩レシピ】野菜たっぷり干し貝柱の中華丼|干し貝柱でだしを取ろう

サライ本誌最新号

住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

催し物

御即位30年記念「両陛下と文化交流―日本美を伝える―」

取材・文/池田充枝

2019年4月30日、天皇陛下が御退位されます。御即位から30年、この記念すべき年に特別に開かれる展覧会を紹介します。(4月29日まで)

本展は、宮内庁が所管する皇室ゆかりの作品や、天皇皇后両陛下が海外御訪問の際にお持ちになって紹介された作品などを展示します。
また本展には、皇居東御苑内、大手門近くに位置する宮内庁三の丸尚蔵館から多くの所蔵品が出品されます。三の丸尚蔵館は、皇室に代々受け継がれた絵画・書・工芸品などの美術品が平成元年(1989)に国に寄贈されたのを機に、これらを環境の整った施設で保存・管理するとともに調査・研究を行い、一般にも展示公開することを目的として平成5年(1993)に開館しました。現在約9800点の美術品を所蔵し、テーマを設けて公開展示しています。

酒井抱一筆「花鳥十二ヶ月図」のうち「三月」江戸時代・文政6年(1823)宮内庁三の丸尚蔵館蔵 ※展示期間:4月2日(火)~29日(月・祝)

酒井抱一筆「花鳥十二ヶ月図」のうち「三月」江戸時代・文政6年(1823)宮内庁三の丸尚蔵館蔵 ※展示期間:4月2日(火)~29日(月・祝)

酒井抱一筆「花鳥十二ヶ月図」のうち「四月」 江戸時代・文政6年(1823)宮内庁三の丸尚蔵館蔵 ※展示期間:4月2日(火)~29日(月・祝

本展の見どころを、東京国立博物館の調査研究課長、今井敦さんにうかがいました。

「本展では、冒頭に平成2年(1990)秋に挙行された大嘗祭に際して調えられた儀式用の屏風である「悠紀・主基地方風俗歌屛風」を展示します(悠紀:3月5日~31日、主基:4月2日~29日)。当時日展の重鎮であった東山魁夷と高山辰雄がそれぞれ秋田と大分の風景を描いた力作です。

天皇皇后両陛下は、外国御訪問の際に、宮内庁が所蔵する日本の古美術品を携えて御紹介されてきました。平成10年(1998)の英国、平成17年(2005)のノルウェー御訪問のおりに公開された岩佐又兵衛筆「小栗判官絵巻」(会期中巻替えあり)などを展示します。

岩佐又兵衛筆「小栗判官絵巻」江戸時代・17世紀 宮内庁三の丸尚蔵館蔵 ※会期中巻替えあり ※画像は10巻(部分)

岩佐又兵衛筆「小栗判官絵巻」江戸時代・17世紀 宮内庁三の丸尚蔵館蔵 ※会期中巻替えあり ※画像は10巻(部分)

また、近代以降の歴代皇后陛下は、日本の伝統産業である御養蚕を手掛けてこられました。

「養蚕天女」(展示:3月5日~31日)は、日本の近代彫刻を牽引し、帝室技芸員でもある高村光雲(1852-1943)が彫った養蚕の女神の像です。皇后陛下が育てられた純国産種の蚕である小石丸から取った繊細な絹糸は、正倉院裂の再現や古美術品の修復にも役立てられています。

高村光雲作「養蚕天女」大正13年(1924)宮内庁三の丸尚蔵館蔵 ※展示期間:3月5日(火)~31日(日)

高村光雲作「養蚕天女」大正13年(1924)宮内庁三の丸尚蔵館蔵 ※展示期間:3月5日(火)~31日(日)

天皇皇后両陛下が日本の伝統文化の継承、振興と、海外との文化交流に努めてこられた足跡を、皆様に広く知っていただきたいと思います」

両陛下がお伝えになった日本文化を通して、海外の様々な人々が、わが国への親しみをと交流を深めてきたことが知られる展覧会です。ぜひ会場に足をお運びください。

【開催要項】
特別展 御即位30年記念「両陛下と文化交流―日本美を伝える―」
会期:2019年3月5日(火)~4月29日(月・祝)
   ※会期中展示替あり
会場:東京国立博物館 本館特別4・5室
住所:東京都台東区上野公園13-9
電話番号:03・5777・8600(ハローダイヤル)
https://tsumugu-exhibition2019.jp/
開館時間:9時30分から17時まで、金・土曜日は21時まで(入館は閉館30分前まで)休館日:月曜日(ただし3月25日(月)、4月29日(月・祝)は開館)

取材・文/池田充枝

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 伊藤若冲 《紫陽花双鶏図》 絹本着色 一幅 139.4×85.1cm 米国・エツコ&ジョー・プライスコレクション 好評開催中の「奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド」|若冲以外…
  2. サライ4月号|特集は一期一会の桜旅/必見の美術展
PAGE TOP