転職を考えた、考えている、といった方も多いことだろう。
マネジメントコンサルティングの「識学」では、転職後に感じた後悔や不満について調査を行った。マネジメント課題解決のためのメディアプラットホーム「識学総研(https://souken.shikigaku.jp/)」より結果をご紹介しよう。

* * *

転職後「後悔・失敗したと思ったことがある」59.7%。実態が違ったのは「やりがい」と「成長できる環境」

「識学」を使った経営・組織コンサルティングや従業員向け研修を展開する株式会社識学は、2022年6月28日(火)〜6月30日(木)に転職後の幸福度調査を⾏いました。

調査結果では、転職者の多くが給与アップや会社の将来への不安など、待遇と環境を変えたいと転職した一方で、転職後に「後悔・失敗したと思ったことがある」が59.7%と、半数以上いることがわかりました。また、転職後に実態が違うと感じたうたい文句は「やりがいのある職場」と「成長できる環境が整っている」の2つが20%を超えました。

調査背景

新型コロナウイルス感染拡大による業績の悪化や先行きの不安から様々な業界で採用活動を停止、または縮小していましたが、2022年以降は少しずつ採用活動の再開が進み、求人数が増加し活発化が見込まれています。
そこで今回、3年以内に転職を経験した20代〜50代の男女1,000人を対象に、転職活動時に重視したポイントや転職後に感じた後悔や不満などを調査しました。

転職の理由トップ3

1位 給与を上げたかった
2位 会社の将来への不安
3位 会社のビジョン・⽅針が合わない

「後悔・失敗したと思った」のは59.7%(理由トップ3)

1位 給与が思ったより低かった
2位 組織風土が合わなかった
3位 役職・業務内容が異なった

【調査概要】
調査名︓転職後の幸福度調査
調査⽅法︓インターネット調査(WEBアンケート)
調査地域︓全国
調査対象︓過去3年以内に転職した経験がある22〜59歳までの会社員
回答総数︓1,000サンプル
調査期間︓2022年6月28日(火)〜6月30日(木)
※『株式会社識学「識学転職の調査」』

77.2%が満足している一方で、78.5%が転職後の企業に不満を感じている

過去3年以内に転職をした経験がある20代~50代の男女1,000人に、勤務先の企業に対して満足しているか聞いたところ、「思う」「まぁまぁ思う」と回答したのが全体の77.2%でした。

一方で、転職後、勤務先の企業に対して不満を感じたことがあるか聞いたところ、78.5%が「ある」「少しある」と回答していることが判明しました。

Q.勤務先の企業に対して「満足」していると思いますか。 (n=1000 回答は1つだけ)

Q.転職後、勤務先の企業に対して「不満」を感じたことはありますか。(n=1000 回答は1つだけ)

59.7%が転職後に「後悔・失敗した」と感じており、評価制度の不透明さや上司のマネジメントが理由に挙がる

59.7%が転職先の企業に入社してから「後悔・失敗した」と思った経験があり、その理由として「給与が思ったより上がらなかったこと」や「組織の風土が合わなかったこと」が挙げられます。 具体的な理由としては、評価制度が不透明なことや、上司の頼りなさが理由に挙がっています。

Q.転職先の企業に入社してから「後悔・失敗した」と 思ったことはありますか。(n=1000 回答は1つだけ)

Q.転職先の企業に入社してから「後悔・失敗した」と思った理由として、当てはまるものをすべてお答えください。(n=1000 複数回答)

Q.転職先の勤務先企業に対して「不満」を感じた理由を、具体的にお答えください。(n=1000 フリーアンサー)

人事評価が不透明 (東京都/男性/31歳/運輸業・郵便業)
年功序列が強く残っており、頑張っても頑張らなくても給料が⼀緒(三重県/男性/35歳/製造業)
上司が頼りない マネジメントになっていない (愛知県/男性/32歳/卸売業・小売業)
評価制度がないこと。⾼すぎる目標を上層部が勝⼿に作って突然下に振るので、社員のやる気が損なわれること
したことないことを提案すると、否定され、議論すらさせてもらえないこと。業務時間中にサボる人がいること(兵庫県/⼥性/28歳/卸売業・小売業)

Q.転職後に「こんなはずではなかった(思っていたことと違っていた)」と感じた理由を具体的にお答えください。(n=1000 フリーアンサー)

大企業ほど基本的なことがしっかりしていると思っていたが、そんなことはなかった (長野県/男性/27歳/製造業)
未経験での採用で、きちんと教育を受けられると思っていたが、上司が無計画な採用だったことが分かり、不信感を持っている (千葉県/⼥性/32歳/卸売業・小売業)
給料が高いけど、働かない人が多い (東京都/男性/47歳/金融業・保険業)

転職サービスを利用した際、うたい文句と実態が違ったのは「やりがいのある仕事」と「成長できる環境」

転職時に多くの方が転職サービス・エージェントサービスを利用する機会があることでしょう。転職サービスを実際に利用した中で、うたい文句と実態が違っていたことは「やりがいのある仕事」、「成長できる環境が整っている」がそれぞれ20%を超えていました。

これらの結果から、やりがいと成長環境がきちんと備わっている企業を見極めることが難しいことが伺えます。数値化できない表面的な条件・うたい文句を基に転職をすることは、もはや“ガチャ”状態と言えるでしょう。

Q.転職時に利⽤した「転職サービス・エージェントサービス」で使われている言葉の中で、 「うたい文句と、実際の職場環境・条件が違っていた」と感じたことを以下からお選びください。(n=1000 複数回答)

次の転職先選びで重視することは「給与」と「経験やスキルが活かせるか」のほかに、「働きやすい上司」と「職場内での良好な関係」も重視される

次の転職先選びの際に重視することを聞いたところ、「給与が上がるか」「経験やスキルが活かせるか」を重視するほか、「一緒に働きやすい上司がいるか」「職場の人と良好な関係を築くことができそうか」が上位に挙がってきました。

転職先の企業に満足できていない20代・30代男女において、「働きやすい上司」と「職場での良好な関係」は特に重視される項目となっています。若手が求める条件として、働くうえでの組織環境がとくに大切です。

Q. もしまた転職する機会があれば「次の会社選びの際に重視すること」として当てはまるものをすべてお選びください。(n=1000 複数回答)

Q. もしまた転職する機会があれば「次の会社選びの際に重視すること」として当てはまるものをすべてお選びください。 20代・30代男女 n=99 複数回答

調査結果まとめ

本調査において、転職することによる給与などの待遇や職場環境への期待に反して、不満や後悔が大きく、幸福度は高くない結果となりました。

「曖昧な評価制度」と「不必要な恐怖」

まず、転職を検討する理由のトップは「給与」ですが、目先の給与ではなく、給与を上げるための仕組みが不透明なことが大きな課題の1つです。

満足度が低く後悔を感じるような会社の多くは、給与と連動する評価制度が曖昧であることが分かっています。評価する項目が定性的で評価がしにくい、評価する人の采配によって左右されるなど、評価制度が曖昧だと、評価を受ける側にとっては目標とする行動がぼやけてしまい適正な評価を受けにくくなってしまいます。

また、仕事をするうえでの「不必要な恐怖」も転職者の幸福度に大きく影響します。不必要な恐怖とは、相談したい人が忙しそうにしていて相談しにくい、社内チャットで聞くチャンネルが分からない、特定の人に気を遣わなければならない等、客観的にみると不必要だが、社内で暗黙のルール化しているような習慣のことを指します。

この不必要な恐怖は、リモートワークが主流になりお互いが同じ空間にいないことで察することがより困難になるだけでなく、理解するまでに多くの時間がかかってしまっています。このような「不必要な恐怖」は企業側も認識していないケースも多いため、転職者はルールや文化が明文化されているかどうかを調べたり、気になっていることとして面接時に率直に聞いてみることをお勧めします。

【この記事を書いた人】
識学総研 編集部/株式会社識学内にある、コンテンツを企画・制作する編集部です。 『「マネジメント」を身近に。』をコンセプトに、マネジメント業務の助けになる記事を制作。

* * *

いかがだったでしょうか。転職したはいいものの、満足度が低ければ転職した価値が低くなってしまいます。実際の職場の雰囲気など、可能な限りの下調べをして、転職に臨みたいものですね。
引用:識学総研 https://souken.shikigaku.jp/

関連記事

ランキング

サライ最新号
2022年
12月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店