サライ.jp

『万葉集』の東歌にも、その名が残る伊香保。この地に石段や温泉街が造られたのは、戦国時代末期の天正4年(1576)のことという。現在の石段は365段、懐かしい温泉街の風情が残る。

温泉街の喧噪から少し離れた一角に『諧暢楼』はある。諧暢楼から本館『福一』の館内を通ると、石段の中腹に出ることができる。諧暢楼は、創業400年になる本館の福一が、明治初期に名のっていた名称。「安らぎのなかで伸びやかに過ごしていただきたい」という思いが込められている。

客室は全8室。専用の庭園やテラスなどが備わり、邸宅のような造りとなっている。すべての客室に露天や半露天風呂があり、伊香保の「白銀の湯」が引かれている。

本日の宿泊は「ジャパニーズ・スイート」。障子が多用され、白い和紙に包まれる感覚になる。ウエルカムドリンクは、上質な和三盆を添えたシャンパン。バルコニーに運び、川のせせらぎや鳥のさえずりを聞きながら味わう。

寝室は格天井に琉球畳。枕は好みの高さや固さを選ぶ。掛け布団は、アイスランドやグリーンランドのみに棲息し、“羽毛の宝石”とも呼ばれるアイダーダックの羽毛布団。軽くて弾力があり、深く心地よい睡眠が得られる。

奥伊香保 旅邸 諧暢楼
半露天風呂の大きなガラス窓に、美しい緑が絵のように広がる。源泉掛け流しの「白銀の湯」は、疲労や病後の回復に効能がある。

奥伊香保 旅邸 諧暢楼
「ジャパニーズ・スイート」は広さ100㎡。2名1室で1泊2食付きひとり10万8000円。木の香りが心地よい。天然木の椅子の座り心地も抜群である。

1 2

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
12月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア