新着記事

【第85回人形町らくだ亭】8月27日開催「納涼公演」春風亭一朝が『野ざらし』を口演します

「姓→名」へ変更は必要?「名→姓」ローマ字表記は、実はとても日本的【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編15】

「姓→名」へ変更は必要?「名→姓」ローマ字表記は、実はとても日本的【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編15】

7位:ANA機体工場見学【東京都】

行ってみたい「工場見学」ランキングTOP10|人気スポットは、「お菓子」「ビール」「飛行機」

【ビジネスの極意】「報酬」それとも「やりがい」? あなたの働くモチベーションは何ですか?

【ビジネスの極意】「報酬」それとも「やりがい」? あなたの働くモチベーションは何ですか?

西京漬けは焼いて食す。魚の旨みと味噌床の旨みが溶け合う。手前は食用菊の酢漬け。西京焼きには、酸味のあるあしらいが合う。

「鯛の西京漬け」と「鯛の松前漬け」の作り方【プロ直伝の技とコツ】

40代から70代男女6,511名の運動意識に対する実態調査結果|梅雨明けにおすすめのスポーツは“ウオーキング

「ロコモティブシンドローム」対策していますか?|100歳まで楽しく歩くためにすべきこと

世界のミニマリストな宿泊施設7選|「ミニマリストの美学」がわかる宿

世界のミニマリストな宿泊施設7選|「ミニマリズム」なライフスタイルを体験できる宿

エラ・フィッツジェラルド『シングス・ザ・アイラ・アンド・ジョージ・ガーシュウィン・ソング・ブック』

ジョージ・ガーシュウィンが残した「メロディ」よりも大切なもの【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道12】

人生100年時代、ボーッと生きてたら老後はピンチ!?|50代会社員夫婦の定年対策

今から準備しないと年金生活はピンチ!?|50代会社員夫婦1000人が考える定年退職後

毛もないが、前臼歯もない不思議な犬種

身体にあてると痛みが止まった! 犬の特殊な能力を信じた人々

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

コテージタイプの宿泊棟が川にぷかぷかと浮かぶ、タイ西部の世にも珍しいフローティング・ホテル

近年、海外旅行先として人気上昇中のタイ。急発展している首都・バンコクの刺激に触れるのもいいですが、タイの魅力はそれだけではありません。今回はガイドブックにもあまり載っていない自然豊かなタイ西部、ミャンマー国境と接するカンチャナブリー県を訪ね、ジャングルの中をハイキングしながらモン族の村に寄り、学校やお寺を訪問します。川に浮かぶ珍しいフローティング・ホテルでのユニークな過ごし方も紹介します。

モン族の村までハイキング

前回、ご紹介した第二次世界大戦中のキャンプ地だったホテル「ホーム・プートイ・リバー・クウェー・リゾート」(詳しい記事はこちら)から、歩いてジャングルを進みます。

ジャングルのなかに古い汽車が突然、現れる。

ジャングルの中に古い汽車が突然現れる。

様々な鳥や虫の声を聞きながら歩いていくと、さび付いた汽車が淋しげにポツンと展示されていました。映画「戦場にかける橋」の舞台から近いこの地域も、労働に借り出された捕虜たちが多かったのでしょうか? 汽車以外にも戦時中に使われた作業所など旧日本軍の拠点となった戦跡などが点在しています。

途中、天然のスターフルーツを発見。山を歩いていても飢えることはない?

ハイキングの途中、天然のスターフルーツを発見。山を歩いていても飢えることはない?

 

ジャングルのなかには見上げるほどの大きな木が。小さな祠も。

ジャングルには見上げるほどの大きな木が。

30分ほど歩くと、竹で編まれたモン族独特の高床式の家を発見しました。ここが村の入り口のようです。モン族とは東南アジア一帯に暮らす少数民族で、主にミャンマーとタイ国境に多く住んでいるのだとか。現在、この村には政情不安からミャンマーから移ってきた約80人ほどのモン族が暮らしているそうです。

高床式の家に住むモン族。暑いタイでも涼しそう。

高床式の家に住むモン族。暑いタイでも涼しそう。

 

竹かごを器用に編むモン族のおじいさん。

竹かごを器用に編むモン族のおじいさん。

入り口で竹かごを器用に編んでいたおじいさんが、「よかったらうちにどうぞ」とご自宅に招いてくれました。シンプルな外観とは違って、中にはびっしり家族やスターの写真、仏教のポスターが貼られています。「せっかく竹で編んだ通気性のいい壁なのに、びっしり貼ってあって暑くないのかしら?」と首をひねりましたが、賑やかな壁がいいのでしょう。

カリヨンさんと旦那さん。家のなかはポスターでいっぱいだ。

カリヨンさんと旦那さん。家の中は壁一面にポスターが貼られている。

この家には、カリヨンさんと夫、息子ふたり、カリヨンさんのおじいさん、おばあさんの6人が住んでいます。朝5時に起きて夜9時には寝る健康生活。しかし、旦那さんもカリヨンさんも仕事がなく、現在、就職活動中。「この間まで祖父母に子供を預けて、ヤシの実の加工工場で働いていたんだけど、契約が終わってしまって」とカリヨンさん。ジャングルにいけばフルーツがなり、小川では魚が獲れるので食べ物には困らないけれど、子供の教育のためにも現金は必要とのことです。

家の奥に台所があり、覗いてみると、おばあさんが川魚の塩漬けを作っています。「そんなに珍しい?」と笑うおばあさん。何十匹もの魚を丁寧に丸太の上でさばいていきます。

座って台所仕事をするモン族のおばあさん。たくさんの魚を塩漬けに。

座って台所仕事をするモン族のおばあさん。たくさんの魚を塩漬けにしている。

さあ、村の中を歩いてみましょう。仏教を信仰しているモン族の村の敷地内にはお寺があり、ミャンマーの有名な崖上の仏塔「ゴールデンロック」を模した金色の岩も祀られています。

ゴールデンロックはミャンマーから来た村の人たちの心のよりどころ。

 

25_IMG_1140_s

金の衣をまとった仏様。なかなかの男前。

金の衣をまとった、親しみある表情の仏さま。

なんだか愛嬌のある仏さまの顔を「友達の顔に似ているなぁ」とまじまじと見ていたら、先に歩いていた人たちが「象が来たぞ!」騒いでいます。さすが、ジャングル。木材を運んだり移動の足代わりになったりと、今もタイでは象が活躍しています。

続いて、村の学校へ。モン族の子供たちも普段はタイの学校に通っているのですが、モン族の言葉や文化も忘れずに学んでほしいと、村の父母が日曜学校を建てたそうです。

27_IMG_1181_s

モン族の日曜学校。平日はタイ語で話しているので、土日はしっかりモン族の言葉をお勉強。

モン族の日曜学校。平日はタイ語で話しているので、土日はしっかりモン族の言葉をお勉強。

 
3~4歳から12歳くらいの40人ほどの生徒を、30歳くらいのモン族の男性教師が教えています。聞けばボランティアだとか。若いのに立派です。

村の子供たち。モン族はカラフルな衣装が好き。

村の子供たち。モン族はカラフルな衣装が好き。

 

ハンモックでくつろぐ私たちのガイドさん。ハンモックを見ると反射的に寝てしまう?

ハンモックでくつろぐ旅のガイドさん。ハンモックを見ると反射的に横たわってしまうらしい?

 
川に浮く水上ホテルへ

学校の取材を終え、村のはずれまでくると、視界が開けて川に出ました。よく見ると、川沿いに長い茅葺き屋根の家々が浮いているのが見えます。

川に浮くホテル、リバー・クウェー・ジャングル・ラフツ。

川に浮くホテル、リバー・クウェー・ジャングル・ラフツ。

「あれはリバー・クウェー・ジャングル・ラフツというリゾートホテルですよ」とガイドさん。なんと、このホテルには電気が来ておらず、部屋の灯りはランプのみ。岩を削ったりして建てたのではなく、水上に浮かぶ環境に優しいフローティング・ホテルなので、船が波しぶきを上げて通り過ぎると、全室がまるで地震にあったかのように、グラグラ揺れるのです。でも、タイ人観光客はあまり気にしません。普段からハンモックに揺られているからでしょうか? 

ホテルの廊下にも、いくつもハンモックがあり、本を読んでいる人、ただ川を眺めている人など、みなさん、思い思いにのんびりと過ごしています。 

ハンモックが大好きなタイの人々。

ハンモックが大好きなタイの人々。

 

部屋はいたってシンプルだが清潔で窓から川が見られる。

部屋の設えはいたってシンプル。とても清潔で窓から川を見られる。

 

家と船が一体化したようなホテル、なんとも楽しそうです。今夜はランプの光でのんびりと…と思いきや、お迎えの船がきて全員、乗せられてしまいました。

「ああ、川に浮かぶホテルに泊まりたかった」と残念がっていると、突如、さきほどのホテルを何倍にも立派にしたフローティングホテルが現れました。

天井が高いコテージが並ぶ、高級フローティングホテル。

天井が高いコテージが並ぶ、高級フローティングホテル。

 

一番、大きなコテージがレセプションとレストラン。

一番、大きなコテージがレセプションとレストラン。

リバー・クウェー・リゾート・ホテルといって、最初に見た長屋のようなホテルと同じ系列なのだそう。客室棟はすべて独立したコテージで、それぞれにテラスもついた豪華な造りです。

我々の船が着くと、従業員たちが手を合わせてお出迎えしてくれました。

36_1_IMG_1326_s

タイの人は歓迎のときに軽いお辞儀をしながら手を合わせる。

白い花を挿したウエルカムジュースにリゾート感がアップ。

白い花を挿したウエルカムドリンクにリゾート感がアップします。

三角屋根のコテージに入ると、ベッドには蚊よけの天蓋がついていて王様気分。ベッドにごろごろと横になりながら、川の眺めを楽しむことができます。

天井が高くて涼しい室内。川の上だとは思えない贅沢なコテージ。

天井が高くて涼しい室内。川の上だとは思えない贅沢なコテージ。

 

一日中、ごろごとしたくなる景色に感動。

一日中、ベッドの上でゴロゴロしながら窓の外の絶景を眺めていたくなる。

人間が目の前を流れていきます

さっそくテラスに出ると、船ではなく、人間がスーッと流れていきます。「え? なぜ?」と上流に目を向けると、このホテルに宿泊しているお客さんたちが、上流からドボン! そして下流のコテージの横から這い上がっているのが見えます。

これはおもしろそう! さっそく同じツアーのおじさんとふたりで、救命胴衣を着て、レストランの前からバッシャーン!と飛び込みます。

いっせーの!で、さっそくドボン!

いっせーの!で、さっそくドボン!

タイの川は細かい土が混ざっているためか、日本のように透明ではありません。飛び込んでから、「ワニとかいても、この濁り具合では気づかないではないか!」と不安になったのですが、川の流れは意外に早く、どんどん下流へと流されていきます。

従業員に「這い上がるポイントを間違えると、帰れなくなるから気をつけて」と言われていたのですが、先に飛び込んだおじさんが川の中央へと流されていきます。

 「うわー、流れが強い!」
「大丈夫ですか!? もうすぐ上陸ポイントですよ! 川岸に寄って!」
「うおっ、掴み損ねた!」

 梯子を掴み損ねたおじさんが、さらに下流へ流されていきます。あわてふためくおじさんに、ウッドデッキの人たちが「もうひとつ先に梯子があるよ!」と教えてくれました。必死に泳いで掴まり、なんとか上陸。あやうく戻れなくなるところでした。

見た目よりも早い川の流れ。

見た目よりも早い川の流れ。

川遊びをしているうち、お腹がすいてきました。周囲には、このホテルの電気以外に光るものはありません。夕暮れ時のレストランにみんなで集合してタイのビールで乾杯!

夕暮れ時のレストランはとても幻想的。風も心地いい。

夕暮れ時のレストランはとても幻想的。風も心地いい。

 

タイの代表的なビール、チャンビアー。象のマークがかわいい。

タイの代表的なビール、チャンビアー。象のマークがかわいい。

 

今日もおつかれさまでした! 同じツアーのみなさんと。

今日もおつかれさまでした! 同じツアーのみなさんと。

 
アドベンチャーな一日を振り返りながら、夜も更けていきます。これからのリゾートは海、山よりも川! ボートで上陸し、川の上で一日をのんびり過ごす。ここは最もタイらしいホテルかもしれません。

 さて、5回にわたってタイ西部のエコツーリズムをご紹介してきました。ここは治安もよく、食べ物も豊富で、人々もおだやか。いつものバンコクから少し足を伸ばして、おいしいフルーツが実るジャングルやリバー・リゾートを楽しむ旅に出かけてみてはいかがでしょうか?

取材・文/白石あづさ
旅ライター。地域紙の記者を経て、約3年間の世界旅行へ。帰国後フリーに。著書に旅先で遭遇した変なおじさんたちを取り上げた『世界のへんなおじさん』(小学館)。市場好きが高じて築地に引っ越し、うまい魚と酒三昧の日々を送っている。

取材協力/タイ国政府観光庁

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP