新着記事

【第85回人形町らくだ亭】8月27日開催「納涼公演」春風亭一朝が『野ざらし』を口演します

「姓→名」へ変更は必要?「名→姓」ローマ字表記は、実はとても日本的【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編15】

「姓→名」へ変更は必要?「名→姓」ローマ字表記は、実はとても日本的【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編15】

7位:ANA機体工場見学【東京都】

行ってみたい「工場見学」ランキングTOP10|人気スポットは、「お菓子」「ビール」「飛行機」

【ビジネスの極意】「報酬」それとも「やりがい」? あなたの働くモチベーションは何ですか?

【ビジネスの極意】「報酬」それとも「やりがい」? あなたの働くモチベーションは何ですか?

西京漬けは焼いて食す。魚の旨みと味噌床の旨みが溶け合う。手前は食用菊の酢漬け。西京焼きには、酸味のあるあしらいが合う。

「鯛の西京漬け」と「鯛の松前漬け」の作り方【プロ直伝の技とコツ】

40代から70代男女6,511名の運動意識に対する実態調査結果|梅雨明けにおすすめのスポーツは“ウオーキング

「ロコモティブシンドローム」対策していますか?|100歳まで楽しく歩くためにすべきこと

世界のミニマリストな宿泊施設7選|「ミニマリストの美学」がわかる宿

世界のミニマリストな宿泊施設7選|「ミニマリズム」なライフスタイルを体験できる宿

エラ・フィッツジェラルド『シングス・ザ・アイラ・アンド・ジョージ・ガーシュウィン・ソング・ブック』

ジョージ・ガーシュウィンが残した「メロディ」よりも大切なもの【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道12】

人生100年時代、ボーッと生きてたら老後はピンチ!?|50代会社員夫婦の定年対策

今から準備しないと年金生活はピンチ!?|50代会社員夫婦1000人が考える定年退職後

毛もないが、前臼歯もない不思議な犬種

身体にあてると痛みが止まった! 犬の特殊な能力を信じた人々

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

魅惑のマカオ紀行(その2) 1度は泊まってみたい5つ星ホテル「フォーシーズンズ」の実力と驚きの高級中華

1999年までポルトガルに統治されていた中華人民共和国 マカオ特別行政区、マカオ。島と島の間を埋め立てて出現したマカオのコタイ地区では今、リゾートホテルの建設ラッシュを迎えています。その中でも人気のある5つ星の高級ホテル「フォーシーズンズ・ホテル・マカオ・コタイストリップ」に宿泊してきました。広大なプールと美味しい創作中華のレストランが自慢のフォーシーズンズでの賢い過ごし方を紹介します。

 

広すぎる部屋にとまどう

 

吹き抜けの美しいエントランスロビー。

吹き抜けの美しいエントランスロビー。

 

埋め立て地のコタイ地区で大型ホテルの建設ラッシュが続いていることは、前回(魅惑のマカオ紀行 その1)触れました。現在、約3万室近くあるホテルが、あと3年でさらに2万室も増えるそうです。

そんな数ある大型ホテルの中でも、安定した人気を誇るのが「フォーシーズンズ・ホテル・マカオ・コタイストリップ」です。エントランスに足を踏み入れれば、丸天井にシャンデリア、ゆったりとしたソファにグランドピアノ。今から舞踏会でも始まりそうな美しいロビーですが、威厳があるのにアットホームな雰囲気が漂い、どこかヨーロッパの大地主さんの邸宅に呼ばれたような気分です。

キングサイズベットのシングルルーム。夜景も美しい。

キングサイズベットのシングルルーム。窓から眺める夜景も美しい。

 
チェックインを終えたら、さっそくお部屋へ。インテリアは明るく上品で落ち着きがあり、ノスタルジックな“ポルトガルマカオ風”。シングルルームといえども、キングサイズベッドが置かれたその広さは約50平方メートル。ひとりで泊まるのはもったいないくらいの広さです。窓際には大きなソファと広々としたデスクが備え付けられていました。こんなに広い部屋に泊まり慣れていないので、優雅に過ごすのは至難の技。

まずはソファでゆったりしようと思い、本や筆記用具など必要なものをとりに玄関近くのクロークまで往復するなど、部屋の中をウロウロしているだけで歩数計の数字はどんどん上がっていきます。

広々とした洗面台とバスタブ。向かいにシャワールームとトイレが。

広々とした洗面台とバスタブ。向かいにシャワールームとトイレが。

 

続いてバスルームへ。シャワールームが独立していて、バスルームだけでも日本のワンルームマンションくらいの広さがありそうです。ひとりで宿泊するというのに大理石の洗面台が2つもあって、なんだか申し訳ない気分になりました。これなら、夫婦ふたりや友人と泊まった時は順番争いをせずにすみそうですね。

5つのプールでリゾート気分を満喫

ところで、海はきれいとはいいがたく、山も緑もほとんど残っていないマカオのどこがリゾートなのか、ピンときませんでした。しかし、ホテルの敷地内はまさにリゾートと呼ぶに相応しい景色です! 巨額の資金を投じて立派な人工リゾート地を作り上げてしまったフォーシーズンズに驚きです。

水深の浅いプールは子供でも安心。

水深の浅いプールは子供でも安心。

この広大な人工リゾートには、水深の違う5つのプールに、涼しい東屋や水着のままで立ち寄れるバーなどが点在しています。ヤシの木の下で、デッキチェアに寝転びながら、カクテルを楽しむ贅沢を味わってみました。なるほど、まるで南国のビーチ・リゾートで過ごしているかのような気分です。木陰も多く、暑い午後は歩きまわらずに、ここで本を読んで過ごすのが良さそうです。

海や山がなくてもリゾート気分に。

海や山がなくても、敷地内はリゾート気分を満喫できます。

 

ミシュラン2つ星「紫逸軒」のお味は?

リゾート気分を満喫したら、さっそく夕食へ。マカオには中華料理やポルトガル料理などのおいしい店が山ほどありますが、せっかく高級リゾートホテルに泊まっているのですから、ホテル自慢の高級中華料理店「紫逸軒(Zi Yat Heen)」(ジーヤッヒン)を予約しておきましょう。

このお店は、お祝いの席など地元のセレブたちに愛されるミシュラン2つ星の有名店。洗練された創作中華を味わえると評判です。次々とドレスアップしたマカオの人々が入っていく姿を見て、もう少し、おしゃれをしてくれば良かったと後悔しつつ、美しいエントランスを抜けて個室へ。

美しい女性が待つエントランス。高級感が漂っています。

高級感漂う「紫逸軒」のエントランスでは、美しい女性が来客を迎えてくれます。

 

ジャスミン茶をいただきながら、「高級中華って何でしょうね?」「やっぱり北京ダックじゃないかしら?」「いや、ここは北京じゃないですよ」と、隣の人とヒソヒソ話をしているうちに前菜が運ばれてきました。

こんがり焼かれた皮を見て、「おおっ、やはり北京ダック!」と思ったら、子豚だそうです。ちょこんと上品に金箔も乗っています。口に入れるとパリパリの皮にジュワッとした柔らかい肉のハーモニーがたまりません! 金箔と一緒にいただくと、なんだかお金持ちになれそうな気もします。

前菜は、ほかに味のよく染み込んだチャーシュー、小皿に乗っているのはアカクラゲ。そして手前のホタテは、さっぱりとした洋梨を挟んでいます。

これだけでご飯一杯食べられそうな前菜。

これだけでご飯一杯食べられそうな前菜。

 

前菜から肉をたっぷり使った料理が出てきて幸せな気分になりますが、次に運ばれてきたスープの底をすくい上げてさらに笑みがこぼれます。これはアワビではありませんか! 聞けば、貝や干しエビから出汁をとったスープだとか。

アワビの絶品スープ。

アワビの絶品スープ。

 

続いて、カニの爪が飛び出した皿がテーブルに置かれます。カニ肉を詰めて揚げ、その上にエビのムースをかけた贅沢すぎるひと品。カニとエビの旨味が溶け合った優しい味が印象的です。

カニ肉の海老ムースがけ。

カニ肉の海老ムースがけ。

 

4皿目は、予想外の料理が登場しました。イカ? それともコーン? 首をひねっていると、「これはウナギです」とウエイトレスさん。じつはウナギが苦手な私ですが、はちみつで味付けし、キンモクセイで香り付けしたウナギのクリスピー揚げは、もはやウナギではありません。ウナギ好きな人には少々、不満でしょうが、臭みはまったくなく、私でもペロリといただくことができました。

10IMG_5657_s

ウナギのクリスピー揚げ。

ウナギの後は、胃に優しいスープ。菜っ葉が白いものに巻かれて白いスープに浸されています。

「これは何ですか? クレープですか?」

「違います。これはキヌガサダケの筒ですよ。筒の中に、ほうれん草の煮浸しを詰めています」

筒ですか。なるほど、ひっくり返してみても切れ目がありません。白いスープは魚の出汁。見た目よりもあっさりした味です。 

キヌガサタケの食感を楽しめる白いスープ。

キヌガサタケの食感を楽しめる白いスープ。

 

さあ、いよいよ最後のデザートです。さすが2つ星レストラン、惜しげもなく、たくさんのスイーツを運んできてくれました。胡麻団子やナツメヤシが入った生姜のスープや、濃厚なマンゴープリン、そしてマカオ名物・エッグタルトやキンモクセイのゼリーなどが乗ったお皿が次々と運ばれてきます!

デザートはどんな時でも別腹ですね。甘いイメージのある中華スイーツですが、おいしくてペロリといただきました。

デザートビュッフェ?と思うほど最後まで盛りだくさん。

デザートビュッフェ?と思うほど最後まで盛りだくさん。

 

コース料理のお値段は2万円ほど。ちょっと高めな設定ですが、マカオならではの洗練された創作中華を堪能できるとしたら、決して高くはありません。お誕生日や結婚記念日など特別な日にいかがでしょうか。

堂々としたフォー・シーズンズの外観。

堂々としたフォー・シーズンズの外観。

次回は、古い街並みが残る南のコロアン地区、北のタイパ地区の魅力に迫ります。

取材協力/マカオ観光局

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP