新着記事

【ビジネスの極意】「ダメな部下」を使わないといけない課長の苦悩

【ビジネスの極意】「ダメな部下」を使わないといけない課長の苦悩

波佐見焼のおひつ2色セット|冷やご飯が、ふっくら炊き立てによみがえる

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|旬のさんまを使った炊き込みご飯と蒲焼きレシピ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】旬のさんまを使った炊き込みご飯と蒲焼きレシピ

スミカマの槌目模様の包丁|欧米で脚光を浴びる老舗が古風な包丁を近代的にアレンジ

個人的に世界遺産にしたい場所ランキング! 伊勢神宮に阿蘇、東京タワーなど……未登録なのには理由があった?

世界遺産にしたい場所ランキング| 伊勢神宮に鎌倉、東京タワー……登録されないのには理由があった!?

健康オイル、何を選ぶ?

健康オイル、何を選ぶ?|体に良い油の選び方

朝5時起床。定番スタイルに着替えてから、朝食は6時半頃。「その日のスケジュールを確認しながら、小一時間かけて朝食を摂り、家を出るのは8時半頃です」と服部幸應さん。

【朝めし自慢】服部幸應(服部学園理事長、服部栄養専門学校校長・73歳)「具だくさんの味噌汁と葱入り卵焼き、果物を欠かしません」

ごはんはどうだ! 銅製釜飯セット|銅製羽釜のご飯は旨さ格別 最高の熱伝導で短時間に炊き上がる

チレス・エン・ノガダ

赤白緑のトリコロールに彩られた甘いトウガラシ料理!?|メキシコ独立記念日の味「チレス・エン・ノガダ」

救ってくれたのは同じ悲しみを経験した犬仲間と今の愛犬

救ってくれたのは同じ悲しみを経験した犬仲間と今の愛犬【愛犬との別れ、ペットロス体験記】

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. 東寺
  2. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

パックンと『サライ』が認定!日本の「お宝観光資源」3選|観光商談マッチングフェア2018[PR]

昨年12月に開催された「観光商談マッチングフェア2018」(主催:全国商工会連合会)では、全国から27の商工会と各事業者が集合。温泉好き、秘境好き必見の観光商品や、日本の伝統文化が体験できるツアーなど、サライ世代や外国人旅行客も視野に入れた各地の優良観光資源について、各ブースでPR展示が行われた。

会場には、在住27年目でニッポンをこよなく愛するパックン(パトリック・ハーラン)と『サライ』の小坂眞吾編集長も参加。ふたりが特に興味をそそられたお宝観光資源3つを「パックン&サライ」セレクト賞に認定した。

以下にその認定スポット3つをご紹介しよう。

No.1:人形浄瑠璃「冨田人形」
(滋賀県・びわ商工会)

人形浄瑠璃は三味線と大夫(語り手)と人形遣いの三位一体演芸で、冨田人形はユネスコの無形文化遺産にも登録。演芸体験もできる。

パックンは人形一体につき3 人で操るという人形遣いを体験した。「約150年前の文化財にも匹敵するような人形を実際に触って体験できるのは素晴らしい。日本の伝統文化に親しめ、インスタ映えもするし外国人にも大人気というのがわかります」と大感激だった。

No.2:温泉と生活が密着する町
(兵庫県・新温泉町商工会)

温泉が町名にもなっている新温泉町では、泉質が異なる3つの温泉が湧出。戸別配湯も行われていて宿の部屋の蛇口からも温泉がでる。

温泉町を浴衣で歩くのが大好きというパックンと、小誌『サライ』の小坂眞吾編集長(右)。 「新温泉町は温泉で野菜を湯がく生活や、温泉が各家庭に来ているという暮らしが旅人でもそのまま体験できる希少な場所。松葉ガニや但馬牛も堪能できるし最高」と声を揃える。

No.3:ウミガメにも出会える島
(沖縄県・渡嘉敷村商工会)

豊かなサンゴ礁と世界屈指の透明度を誇るケラマブルーの海。ウミガメとの遭遇を秘めた海中体験や島民のおもてなしに癒される。

「島ならではのローカルな魅力と美しい海、降るような星空、民宿で地元の人と酌み交わす泡盛もいいですね」と小坂編集長がいうと、「リゾートにはない出会いが詰まった旅こそ外国人の心も擽る。宿に1週間滞在すると家族になるかも。楽しそう」とパックンも笑う。

 

なお全国商工会連合会では、「観光商談マッチングフェア」以外にも、毎年、日本全国「むらおこし特産品コンテスト」を開催している。これは全国展開支援事業として、日本各地の地域資源の活用や商工会の助言・協力のもとに開発された特産品の普及や、販路開拓の支援を目的に昭和63年度から開催しているコンテストで、昨年10月の回で31回目を迎えた。

今回は、全国から89品目(食品71品目、非食品18品目)の応募があり、郷土色、訴求力、市場性、将来性などをポイントに選考が行われた。受賞商品は以下の通り。※表示価格(税込)はすべて参考価格です。

【経済産業大臣賞】
元祖・洗顔用こんにゃくスポンジ 『つやの玉』
(兵庫県・畑中義和商店/多可町商工会)

昔から赤ちゃんの産湯にも使われている優しい肌触りのこんにゃくスポンジ。こんにゃくを凍結して解凍する工程を繰り返し、水分を抜き弾力性のあるこんにゃく繊維だけにするという、130 年以上続く伝統製法で作られている。1 個648 円(税込)。

【中小企業庁長官賞】(非食品部門)
上五島カノン マスキングテープ
(長崎県・美容室Creo/新上五島町商工会)

新上五島町にはユネスコの世界遺産に登録された「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の構成資産である「頭ヶ島教会」を始め、数多くの教会が残る。その各教会のステンドグラスなどの模様をデザインしたマスキングテープ。1 個450円(税込)。

【中小企業庁長官賞】(食品部門)
平飼い比内地鶏卵のマヨネーズ
(秋田県・くまがい卵油研究所/北秋田市商工会)

秋田県の比内地鶏は、愛知県の名古屋コーチン、鹿児島県の薩摩軍鶏とともに日本三大地鶏として名高い。その全卵とオリーブオイルを使った、クリームのように優しく、濃厚さのあるフレンチマヨネーズのような味わいが特徴だ。税込1080円(345g)。

*  *  *

小坂「ここ数年、日本各地の特産品に触れる機会が多いのですが、昔からあるこんにゃくスポンジをオシャレなパッケージでブランディングし直したように、日本のお宝を再注目させるには、温故知新の目が大切だと思います」

パックン「ゲストルームに置けるような高級感も出たしいいですね。あと、びわ商工会の人形浄瑠璃は興味あるけど、物語の内容が分かるような英語字幕などあればもっと外国人に伝わると思いますね」

小坂「インバウンドにSNSを使わせて日本文化を体験させる、滋賀ハンターの試みも面白いですね」

パックン「最近、外国人の目線に沿うような観光PRが増えてきたように思います。まさに、リゾートではないローカルなニッポンこそ外国人の心を擽るのですから」

各商工会の展示ブースを回り、資源活用の取り組みに大感激のパックン。

なお、その他「観光商談マッチングフェア2018」に出展された日本各地の「お宝観光スポット」については、以下の記事で紹介している。あわせてご覧いただきたい。

穴場だらけ!知られざる日本全国の「お宝観光スポット」14選(サライ.jp)

●取材協力/全国商工会連合会 電話03・6268・0086 
http://www.shokokai.or.jp

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP