日本の民宿を想像していたら…

リリーさん一家の経営する民宿にたどり着いたのは、夜もだいぶ更けてから。台湾にはたくさんの民宿があり、自宅の使っていない部屋を改装したり、友達と共同出資して新たに建てたりと様々な形態があるそうです。

3-IMG_9277

リリーさんは「白石さんが泊まる部屋は、昔、カラオケルームにしていた部屋です」と言うので、こじんまりとした6畳くらいの部屋を想像していたのですが、案内されてびっくり! 広いリビングの壁一面に日本の城と桜が! ……と思ったら壁ではなく襖で、開けるとベッドルームが現れました。

3-IMG_9293

なぜ、日本の城と桜を壁紙にしたのか謎ですが、この大胆な設計が個人経営の民宿らしいと感心しました。

個性の強い台湾の民宿

部屋は全部で6部屋。大きさによって値段が変わりますが、ひと部屋をふたりで使った場合、ひとり一泊6千円から1万2千円程度なので、一般的なホテルよりも広い部屋に安く泊まることができます。

3-IMG_9281

それにしても、なぜリリーさん一家は民宿経営を始めたのでしょう。リリーさんのご両親によると、自宅を民宿に改装したのは18年前。羅東でお祭りがあり、ホテルの予約がいっぱいで宿泊先がなく困っていた人に、部屋を貸したことがきっかけ。ちょうどそのとき、台北で勉強するため家を離れていた娘のリリーさんや、すでに独立した息子たちの部屋が空いていたのです。

「うちでも民宿ができるんじゃないかと。子どもたちが家を離れて最初はさみしかったのですが、たくさんのお客さんがきてくれて交流できるので、さみしくなくなりました」と笑うリリーさんのお母さん。

3-IMG_9289

一方、お父さんは無類の旅好きで、しょっちゅう日本も旅しているそうです。「日本のお城と桜が大好きで、あなたのお部屋は和をテーマに改装したんですよ!」とおっしゃる通り、確かに日本への愛がビシビシと伝わってくるお部屋です。

「まあ飲んで」とビールを注いでくれる、お酒好きのお父さん。夕食はついていないはずなのですが、お客さんが集まると宴会になることもよくあるそうです。今夜も「羅東にようこそ!」と宴を開いてくれました。

 

1 2 3 4

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2021年
12月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品
おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品