新着記事

現代美術作家・杉本博司の視線で天正少年使節の足跡をたどる展覧会

取材・文/藤田麻希1582年、長崎のキリシタン大名が4人の少年、伊東マンショ、千々石ミゲル、…

ビートルズ「イエスタデイ」がジャズの最高難度曲である理由【JAZZ絶対名曲コレクションvol.2】

文/編集部サライ責任編集でお届けしているCDつき隔週刊マガジン『JAZZ絶対名曲コレクション…

成功する『定年前リフォーム』は妻の本音を聞くこと

文/印南敦史『定年前リフォーム』(溝口千恵子、三宅玲子著、文春新書)の初版が発行され…

全国の「社長さん」に聞きました! 正直、モテますよね?

一度でいいからモテモテの気分を味わってみたい!? 社会的身分の高い社長は果たしてモテるのか?…

年金生活で1カ月に自由に使えるお金は夫婦で18万958円!|60代からのライフプランの作り方

知っておきたい60代からのライフプラン自分らしく心豊かな人生を歩んでいくために、お金の面から…

だるい、眠い、プチ不調|あなたの「疲れ」を取る方法

文/中村康宏前回の記事『「疲労物質=乳酸」はもう古い|「疲れ」はどこから来るのか』で疲労…

タワマンの低層階は負け組扱い?マンション格差ランキング

同じマンションでも、広さや間取り、階数やバルコニーの向きなどによって価格は異なる。それゆえ、…

醍醐寺の寺宝、選りすぐりの100件【京都・醍醐寺-真言密教の宇宙-】

取材・文/藤田麻希豊臣秀吉が醍醐の花見を楽しんだことで有名な醍醐寺。京都駅から東南にある笠取…

8日目《名寄から留萌へ・その2》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

8日目《名寄から留萌へ・その1》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

本誌情報

漫画史に残る傑作!白土三平『カムイ伝』幻の名品がサライの付録で復活

日本の漫画史において、ひときわ大きな存在感を示す作品がある。白土三平の傑作『カムイ伝』である。

第1部、第2部、外伝からなる未完の群像劇。昭和39年に『ガロ』で連載が始まった第1部では、江戸時代の日置藩でカムイ、正助、竜之進の3人の少年が時代の変転に翻弄されながら運命を交錯させる。そして昭和63年より『ビッグコミック』で連載が始まった第2部では、日置藩崩壊後の登場人物の群像が続く。

続く外伝では、忍びの道に入るも苦悩の末に抜けたカムイの流浪と、自然を相手に生きる人々の暮らしが描かれた。

この『カムイ外伝』には、単行本未収録の作品がある。平成21年に映画『カムイ外伝』の公開に合わせて、同年の『ビッグコミック』10月10日号~11月10日号に掲載された短編3作品である。

その幻の3篇が、発売中の『サライ』9月号の別冊付録として再び登場した。抜け忍となった主人公・カムイを待つ幼なじみの抜け忍・伊児奈(いこな)との思いがけない「再会」の顛末が鮮烈に描かれる3篇。この機会に、ぜひお読みいただきたい。

……続きは付録で!

※サライ9月号の詳細はこちらをご覧ください
https://serai.jp/news/326480

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP