サライ.jp

一風変わったバリの年末年始。大晦日は悪魔をおびき寄せる「オゴオゴ祭り」が夕方になると始まります。町内の人たちが1カ月がかりで作った大きな悪魔のハリボテを見に、街へ出てみました。

 

出発を待つ悪魔たち

バリの大晦日は、商店街も昼にはシャッターを下ろし、街の人たちもカラフルな衣装に着替えて、お祭りの準備をします。

P1_IMG_4669

路地を歩いていると道の真ん中に、「これぞ、うちの町内の悪魔!」とばかりに、長くとがった牙や、のびた舌、鋭い爪を持つ妖怪や鬼の顔をした悪魔たちが、出番を待っています。

P1_IMG_4641

どの悪魔もユーモラスで思わず笑ってしまいます。しかし、いったいなぜ、こんな悪魔のハリボテであるオゴオゴを1カ月もかけてバリの人たちは作るのでしょう? 

それは悪魔をおびき寄せるためなのです。この日、バリヒンドゥーの冥界マヤ神が大掃除を行なうので、悪霊たちは冥界から地上に追い出されてくるそうです。冥界でも大掃除とは何だかほほえましいですね。前回の「バリ島のニュピを楽しむ旅 その1」でも少し触れましたが、冥界からやって来た悪魔を追い出そうと、各家庭でも太鼓や鍋を木の棒で叩いて悪霊を家の外へと追い払います。

P1_IMG_4647

そして、悪霊が好きなものを通りにお供えします。家庭を追い出された悪霊たちは、通りで宴会でもしているのでしょうか?

 

 

1 2 3

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
10月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア