新着記事

クリップオン偏光サングラス|日常使いのメガネがそのまま高機能サングラスに

日頃使うメガネの上からかぶせることで度数をそのままに、高機能な偏光レンズを搭載したサングラス…

南部以外ではなかなかお目にかかれないグリッツ。これはインスタント商品

『ザリガニの鳴くところ』のトウモロコシ粥(グリッツ)ってどんな味?【物語のアメリカ料理】

文・写真/大井美紗子(海外書き人クラブ/アメリカ在住ライター)2020年3月に早川書房から発…

【娘のきもち】「その歳で親離れできていなさ過ぎて怖い」と終わった結婚生活。親を過剰に心配しすぎる娘の成長過程~その2~

取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親に感…

【娘のきもち】「その歳で親離れできていなさ過ぎて怖い」と終わった結婚生活。親を過剰に心配しすぎる娘の成長過程~その1~

取材・文/ふじのあやこ近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過…

右側は煮溶かしたばかりのため、サラサラで飲みやすい。 左側は、冷めてかたまってからカットしたもの。プリッとしてボリュームがある。

おこもり生活で便秘が気になるなら、水溶性食物繊維たっぷりスープを!「あったか寒天スープ」でウィルス対策!

STAY HOMEで運動不足、閉塞感から自律神経も乱れがち…となると、便秘が悩みという人も増えてきま…

前列左から時計回りに、ご飯、キンカンの甘煮、梅干し、スクランブルエッグ、ウィンナーソーセージ、野菜サラダ(トマト・パセリ・サラダ菜・胡瓜・セロリ)、塩、フレンチドレッシング、煎茶・味噌汁(豆腐・油揚げ・長葱)。キンカンの甘煮は姉の手作りで、箸休めにつまむ。梅干しは塩分3%と低塩。野菜サラダには塩とフレンチドレッシングをかける。

【朝めし自慢】山本龍香(カラー魚拓作家・76歳)「赤、白、緑と彩りのいい野菜が並びます」

取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆後半生の目標は、カラー魚拓で日本の魚食文化を世界に広めること…

現役キャバ嬢1000人に聞いた、お酒の席で好かれる人・嫌われる人

みなさんは、キャバクラに対して、どのようなイメージを抱きますか? キラキラしたイメージもあれ…

おこもり生活に役立つアプリ「dマガジン」の使い方【スマホ基本のき 第19回】

昨今の社会情勢の影響で家での時間が増えている人は多いと思います。でもそのせいで、変化や刺激が…

『まさか!の高脂質食ダイエット』

「高脂質食ダイエット」に学ぶ、食べてよい脂肪、食べてはいけない脂肪

文/印南敦史多くの方は、「脂質は減らすべき」だという考えているのではないだろうか。だからこそ…

新型コロナウイルスによる「休校体験」から子どもたちに学んでほしいこと【異文化リテラシー レッスン9】

新型コロナウイルスの「休校体験」から子どもたちに学んでほしいこと【異文化リテラシー レッスン9】

文/晏生莉衣新型コロナウイルス感染拡大防止のための休校という異常事態。子どもたちにとっては、それ…

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

  1. 3人に1人がかかる「痔」は、生活習慣を正して治す|『38万人を診た専門医が教える 自分で痔を治す方法』  

    3人に1人がかかる「痔」は、生活習慣を正して治す|38万人を診た専門医が教える 自分で痔を治す方法

         

    文/鈴木拓也「国民病」といえば、糖尿病や歯周病を想起することが多いが、隠れた国民病に「痔」がある。肛門医として30年以上のベテラン、平田肛門科医院の平田雅彦院長は、「3人寄れば、痔主が1人」、つまり3人に1人は痔にか…

  2. 8割超が「相談しづらい」と回答、「痔の悩み」を大調査  

    “痔主”の悲痛な声|「痔の痛み」でシャワートイレのありがたみが身に染みるが7割

         

    誰だって悩みのひとつやふたつはあるだろう。その中には、人には言えない“おしりの悩み”を抱えて…

PAGE TOP