サライ.jp

高級折り畳みビニール傘「アメマチ58」

写真=レッド 

享保6年(1721)創業の「ホワイトローズ」は、世界で初めてビニール傘を開発した会社だ。発明したのは9代目社長の須藤三男氏。戦後に進駐軍が持ち込んだビニール素材に着目し、総ビニール張りの傘を完成させた。

当時は傘骨に繊維素材のカバーをかけたものが一般的で、ビニール傘は革新的だったが、旧来の傘職人の技術を必要としないため、「こんなもん傘じゃねえ!」と傘業界から反発を招き、販売は困難を極めた。しかし、昭和39年の東京五輪を機に米国輸出で評価され、国内でも大ヒットした。

10代目社長の須藤宰氏は語る。
「傘の使命は雨や風、雪から人を守ること。今やビニール傘は壊れやすい消耗品というイメージが強くなってしまいましたが、当社は安全性と機能を追求し、丈夫な傘を作っています。ハンドメイドで修理が可能なので、10年以上愛用されているお客様も多いです」“究極の透明傘”とも称される所以は、カバーの撥水性に優れたオレフィン系多層フィルムや特許構造の逆支弁が、雨風を防ぎつつ、内側の風を逃がすため、風にあおられたり、傘がひっくり返る心配がないことにある。まさに、雨の日の外出の強い味方だ。

高級折り畳みビニール傘「アメマチ58」

撥水性が高く、開くときにくっつかない。折り目がついているため、畳むのも簡単だ。

【今日の逸品】
高級折り畳みビニール傘「アメマチ58」

ホワイトローズ
15,400円(消費税込み)

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
11月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア