サライ.jp

組紐を使ったベルト

上から黒、こげ茶 

3本以上の糸束を交差させて組み上げる「組紐」は、美しく丈夫な日本の伝統工芸品。優れた伸縮性と安定した強度を誇り、古くから帯留めや、甲冑や刀などの装飾に使われてきた。

この組紐を中心に、靴紐や産業資材の紐など、多品種の紐を製作しているのが、石川県の「紐屋」だ。昭和52年の創業以来、紐のエキスパート企業として歩んできた同社が、組紐の魅力をより広く発信すべく立ち上げたのが、自社ブランド「kumeemo」。その初製品がこのベルト。違うと思えば糸選びからやり直すほどこだわり抜いた自信作である。
「組紐づくりにおいて大切なのは創意工夫。用途によって最適な組み目の密度が異なるので、幾度も調整しながら心地よいベルトを追求しました。一本でも強度のある組紐ですが、このベルトは32本の組紐で編み上げているのでとても丈夫です」と、専務の磯見裕二氏は力説する。ベルトは穴がなく好きなところで留められ、締め付けすぎないなじみのよさが自慢。仕上げに特注の機械で光沢を出し、革ベルトにも劣らない質感を引き出した。どんな服装にも映える、会心の作である。

組紐を使ったベルト

組織自体が多少伸びるのでつけていて圧倒的に楽。ほぼ無段階でバックル位置を変えられ、穴跡は指でなじませれば消える。

【今日の逸品】
組紐を使ったベルト

kumeemo
13,200円(消費税込み)

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
11月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア