新着記事

医学部受験合格者1,031人に聞きました! 勉強法から精神面、身体面まで受験直前対策を一挙紹介!!

勉強法から精神面まで、医学部受験合格者に聞いた「受験直前対策」 

【義家族との間】新居資金のための同居のはずが兄夫婦は実家をリフォーム。義姉の自由さが母親を追いつめる~その2~

【義家族との間】新居資金のための同居のはずが兄夫婦は実家をリフォーム。義姉の自由さが母親を追いつめる~その1~

金ヶ崎城全景 現在は周囲が埋め立てられているが往時は海に突き出た岬だった。

信長・秀吉・家康・光秀 四武将そろい踏みの「金ヶ崎の退き口」。舞台となった金ヶ崎城に秘められた歴史があった

太公望(たいこうぼう)~元祖・軍師の実像をさぐる【中国歴史夜話 8】

太公望(たいこうぼう)~元祖・軍師の実像をさぐる【中国歴史夜話 8】

病気もなく、美しい形状の収穫直前の洗馬のぶどう。

【日本ワイン生産者の肖像8】小山田幸紀さん(ドメーヌ・オヤマダ)|自分の人生や思想をワインに表現、その高い到達点を目指して~その2~

「自分なりの栽培法をみつけるまではチャレンジの連続でした」と語る。

【日本ワイン生産者の肖像8】小山田幸紀さん(ドメーヌ・オヤマダ)|自分の人生や思想をワインに表現、その高い到達点を目指して~その1~

ふとした瞬間に気づく「オバ見え」! 8割以上の女性が「見た目年齢」が気になる!

Google カレンダーがちょっと便利になる使い方【スマホ基本のき 第12回】

御城印発祥の松本城

お城めぐりの記念に「御城印」を集める! はじめての「御城印」ガイド

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

サライの通販「らくだ屋通信販売部」商品

遠州先染織のしじら小あじろ作務衣|涼しい着心地で使うほどに風合いが増す

遠州先染織のしじら小あじろ作務衣

写真=グレー
「涼しくて軽い着心地」
表面に細かな凸凹のあるしじら織りにより、肌にまとわりつかず動きも軽快。

染め、織り、縫製のすべての工程にわたり、遠州(静岡県西部)の職人の手により作られた、着心地抜群の作務衣である。遠州は江戸時代より綿花の栽培が盛んになり、現在に至るまで綿織物の一大産地として発展してきた。

糸をあらかじめ染める伝統的な先染めの手法により、織り上げたときに深みのある色合いとなる。後染めやプリントに比べ手間のかかる製法だが、使い込むほどに風合いが変化し、着心地がよくなるのが先染めの魅力である。

織りは、糸に撚りをかけ表面に凹凸を出現させる「しじら織り」だ。サラサラとした感触が心地よく、汗ばむ季節でも風が通り、肌にまとわりつかず涼しく着られる。

柄は、小さな格子を連ねた「あじろ編み」。遠目には無地に見えるが、粋な小紋が作務衣のおしゃれを演出してくれる。

夏の作務衣をお探しのサライ世代に、ぜひともお使いいただきたい遠州産の逸品である。

遠州先染織のしじら小あじろ作務衣

しじら織りのサラリとした感触は、寛ぎ着として快適。風通しがよく、暑い日も涼しく着られる。

【今日の逸品】
遠州先染織のしじら小あじろ作務衣

榛地織物(日本)
18,360円(消費税8%込み)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. バルミューダ ザ・ライト|明るくくっきりした視界を確保。正確な色…
  2. 龍爪梅花皮の酒器|優美な白の縮れはこの世にひとつ
  3. ポータブル蓄電池|自然災害による停電に備える 電気を備蓄する大容…
  4. 堀文子 太神楽柄ショール|孤高の日本画家、堀文子の代表作を描いた…
  5. 秀久作・足用つめ切り鋏|80もの工程を経て完成!究極の切れ味を誇…
PAGE TOP