新着記事

主婦が最も心掛けているのはエコバッグ持参

主婦が実践している「エコ活」|3位「電気をこまめに消す」、2位「水の出しっぱなしに注意」、1位は?

マカオ往復航空券が当たる!Twitterキャンペーンのお知らせ

ジビエ

日本のジビエを考える、そして食べる|地方が直面する問題と都市も注目する食材

『マイ・フェイヴァリット・シングス〜ライヴ・イン・ヨーロッパ1963(アフロ・ブルー・インプレッションズ)』

オリジナルを超えてスタンダードになった「改変」ヴァージョン【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道28】

介護施設の種類と費用は【今からはじめるリタイアメントプランニング】

要介護認定の有無で利用できるかどうかが決まる|介護施設の種類と費用【今からはじめるリタイアメントプランニング】

世代ごとのBS視聴傾向をTV局ごとに深掘り! BSファンの実態とは!?

BS放送世代別視聴率ベスト5|50代1位は「おぎやはぎの愛車遍歴」

アリ・シェフェール《フリデリク・ショパンの肖像》1847年 油彩、カンヴァス credit:Dordrechts Museum

“ピアノの詩人”の音楽と生涯をたどる【「ショパン―200年の肖像」展】

科学者が語る人生論|『138億年の人生論』

科学者が説く、トラブルに煩わされない「宇宙スケール」の考え方

山

紅葉が楽しめる!秋の登山・ハイキング人気スポットランキング

ねっとり里芋の焼きコロッケ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】栄養満点! ねっとり食感を生かした「里芋のグラタン&コロッケ」

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. リラックスを追求し、日々を快適にする『シンラ』。103万5000円~(工事費別)。椅子と桶は23年前の新築時に友人から贈られたもの。
  2. 幅60㎝、広い庫内空間と高い収納力で12人分84点に対応する『SMI69N75JP』。年間で水道代・電気 代が約35%節約可能(※)。34万円(ドア面材、工事費別)。 ※(一財)省エネルギーセンター「家庭の省エネ大事典」より
  3. リビングから0.5階上がると、『タタミスペース』が用意される。1階とは違った設えが、暮らしに豊かさをもたらしてくれる。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

サライの通販「らくだ屋通信販売部」商品

秋友義彦鍛造所のダマスカス三徳包丁とペティナイフ|親子2代で紡ぐ土佐打刃物の真骨頂

秋友義彦鍛造所のレッドオルカ・ダマスカス三徳包丁とペティナイフ

上から三徳包丁、ペティナイフ

土佐鍛冶の技を未来へ。親子2代で挑む、伝統と革新の刃物づくりは、さらなる若き世代へと受け継がれてゆく。

伝統技法に新たな息吹を加える

JR高知駅から土讃線で約30分、土佐打刃物発祥の地として知られる土佐山田に鍛冶場を構える「秋友義彦鍛造所」では、父・秋友義彦氏と子の秋友祥造氏の親子二人で、伝統技法に新しい息吹を加えた刃物づくりを行なっている。
「うちはもとは鉈鍛冶で、農作業に使う刃物や市場で魚を捌くための刃物を注文に合わせてつくっていました」と語る祥造氏。使い手によってそれぞれ異なる形状が求められる注文刃物をつくり分けるのは、鍛造から仕上げまでを一人の職人が一貫して担う「自由鍛造」を特徴とする、土佐打刃物ならではの強みだ。

しかし、そんな土佐打刃物も近年では需要が減ってしまい、冬の時代を迎えたという。「子供のころには地区で300ほどの鍛冶屋が軒を連ねていましたが、この10年ほどで3軒にまで激減しました」と祥造氏は述懐する。事態を憂慮した祥造氏はそれまで勤めていた会社を辞めて、鍛冶屋を継ぐ道を選んだ。15年前のことだった。以来、父・義彦氏に師事して刃物づくりを学びつつ、オリジナルナイフブランド「レッドオルカ」を立ち上げた。

子の祥造氏がナイフをデザインし、父の義彦氏が匠の技を駆使して刃を打ち上げる。それに祥造氏が磨きをかけ、握りや鞘を付けて完成まで仕上げる。

そんな父子の共同作業でつくられる「レッドオルカ」の美しいカスタムナイフは、打刃物の新しい市場を切り拓き、ロシアなど海外からも熱い注目を集めている。

若い鍛冶屋の育成をめざして

しかし父・義彦氏は現在すでに74歳。まだまだ元気でその技術も健在だが、いつまで現場に立てるかわからない。「土佐の鍛冶屋のほとんどが高齢化し、このままだと刃物づくりの技術が失われてしまいます。そうしないために、今自治体と鍛冶屋連合会が一緒になって“鍛冶屋の学校”をつくろうとしています。まだ教える人がいるうちに、若い世代に刃物づくりの技術を伝承して、鍛冶屋を育成することが狙いです。刃だけでなく、柄や鞘といった木工部分も職人が足りなくなっているのです。私も後進を育てるために、指導者として貢献していきたい」と、祥造氏は決意を語った。

秋友義彦鍛造所のレッドオルカ・ダマスカス三徳包丁とペティナイフ

柄は堅牢性に優れ、水に強く、自然の風合いを生かすことのできるブラックキャンバスマイカルタを使用。

【今日の逸品】
秋友義彦鍛造所のレッドオルカ・ダマスカス三徳包丁とペティナイフ

秋友義彦鍛造所
32,400円~(消費税8%込み)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ラフィートVL07 紳士用|しっかり地面を摑んで歩ける安心シュー…
  2. 浮かぶ徳利 COGAMO|水に浮かび、ゆらゆら揺れる徳利
  3. ラフィートVL07 婦人用|しっかり地面を摑んで歩ける安心シュー…
  4. エーデルワイス料理鋏|刃物の老舗、木屋が作った切れ味最高のキッチ…
  5. 日田檜のくり抜きひょうたん型弁当箱|無垢の檜をくりぬいて作った、…
PAGE TOP