新着記事

越後亀田縞ハンチング|伝統織物で仕立てた小粋な木綿ハンチング帽

失敗を恐れずに進むことが特効薬|『「感情の老化」を防ぐ本』

40代から始まる「感情の老化」を食い止める方法|『「感情の老化」を防ぐ本』

春の体調管理の鍵を握るのは免疫力を上げる「たんぱく質」!

春の体調管理の鍵を握るのは免疫力を上げる「たんぱく質」!

「褒められると伸びるタイプなんです」と言う部下への接し方

【ビジネスの極意】「褒められると伸びるタイプなんです」と言う部下への接し方

ペーパーグラス|眼鏡作りの聖地が生んだ驚異の薄型軽量読書眼鏡

仏像曼荼羅イメージ 東寺蔵

空海発案の立体曼荼羅21体のうち、15体が集合【特別展「国宝 東寺―空海と仏像曼荼羅」】

災害時に愛猫がPTSDに陥ったら!|知っておきたい「猫のPTSD」治療法

竹製のスタンドにヤシの葉のうちわを常備。和室はエアコンを設置せずに、うちわや扇風機で涼をとります。網戸がなく、窓を開けっ放しにしているため、家中のいたるところに置いている蚊取り線香入れは、バリ島でつくられたもの。

春過ぎて夏を待つ日に葉山の家へ【桐島かれん『KAREN’s』】

50代夫婦1000名に聞いた定年対策 実態調査!|「定年退職後も夫には外で働いてほしい」は9割近く!!

妻の9割は「定年退職後も夫には外で働いてほしい」|50代夫婦1000名に聞いた「定年後のライフスタイル」

SIWA長財布|障子紙の里から生まれた優しい手触りの軽量財布

サライ本誌最新号

住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。
  2. アウトサイド・ジャパン展

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

逸品

世界的権威が絶賛するジャパニーズウイスキーの至宝「あかし2015」限定発売

ベルギー人のステファン・ヴァン・エイケン氏は、2000年に日本に移住して以来、ジャパニーズウイスキーの調査をつづけ、「Nonjatta」などのサイトで、ジャパニーズウイスキーに関する情報を発信しつづけているジャーナリスト。世界中から注目されるジャパニーズウイスキーの詳細を初めて海外ファンに紹介した重要人物である。

そんなステファン氏の著書『WHISKY RISING』が、世界的なウイスキーコレクターである山岡秀雄氏らの翻訳によって、日本版として出版された。最新情報を大幅に加筆。2016年以降に新設された蒸溜所の解説も追加され、ジャパニーズウイスキーの今を最も詳しく知る本として、まさにウイスキーファン必携の一冊である。

そして大注目なのが、同書でも紹介されている、著者のステファン氏自身が企画に携わった8種のウイスキー「ザ・ゴースト・シリーズ」である。

このシリーズは日本中の蒸溜所を訪ね歩いたステファン氏が厳選したボトルに、浮世絵画家・月岡芳年(つきおかよしとし)氏による最後の木版画シリーズ「新形三十六怪撰」(しんけいさんじゅうろっかいせん)をラベルに使用したもの。2013年にそのファーストボトル「軽井沢16年」が限定140本で発売されてから、これまで8種のボトルが世に出ている。それらはステファン氏が厳選したジャパニーズウイスキーであり、貴重なボトルが選ばれていることから、シリーズのセカンドボトルにいたっては限定22本という希少価値も話題に。現在はシリーズ8種のボトルのすべてがプレミアム価格で取引されるほどの人気を誇っているのだ。

そして今回、『WHISKY RISING』日本版の発売を記念して、シリーズ第9弾目となる「あかし2015」(Akashi Sake Cask Matured)が発売された。今回はジャパニーズウイスキーの歴史とともに歩んできたメーカー、兵庫県明石市の江井ヶ嶋酒造(えいがしましゅぞう)によって製造されたウイスキーで、日本酒の熟成に使用したアメリカン・オーク樽で熟成させたもの。そもそもアメリカン・オーク樽で日本酒を熟成させることは大変珍しく、そんな希少価値の高い樽を江井ヶ嶋酒造が購入し、そこにウイスキーを詰め、熟成させた。そして3年間熟成した結果は……。ウイスキー評論家の山岡秀雄氏を「3年の熟成の割に、しっかり樽香があり、また薔薇のような魅惑的な華やかさがある」と言わしめる1本である。

ウイスキー評論家の山岡秀雄氏

熱心なウイスキーファンはもちろん、ジャパニーズウイスキーに興味があるという方にも見逃せないザ・ゴースト・シリーズの新作「あかし2015」は限定500本のみの販売。『WHISKY RISING』日本版とセットで楽しむと、1000円お得でおすすめだが、それぞれ単品でも購入可能である。

【江井ヶ嶋酒造とは】

兵庫県明石市にある江井ヶ嶋酒造は、1919年にウイスキー製造免許を取得し、日本のウイスキーの歴史とともに歩んできたメーカー。1984年には新ウイスキー蒸溜所としてホワイトオーク蒸溜所を竣工した。

2007年に山岡氏が、スウェーデンのウイスキー評論家、ウルフ・バックスラッドと江井ヶ嶋蒸溜所を訪れたとき、長熟のシェリー樽のウイスキーを試飲。当時、ブレンデッド・ウイスキーしか発売していなかったが、その後、山岡氏のアドバイスを受け、シングルモルトの製造を進め、その後すぐに、あかし8年を発売。現在は、世界の免税店にあかしのウイスキーが並ぶなど、ジャパニーズウイスキーを代表するブランドとして認知されている。

日本酒樽熟成 ゴーストシリーズ
あかし2015

価格:9500円(税込)
500ml。アルコール度数61.5%。原材料はモルト。
原産地は日本。返品不可。
限定500本のみ。

ジャパニーズ・ウイスキーと蒸留所ガイド決定版
ウイスキー・ライジング

価格:4536円(税込)
ステファン・ヴァン・エイケン著
山岡秀雄/住吉祐一郎 訳
小学館発行

※「あかし2015」と『ウイスキー・ライジング』(書籍)のセットで特別価格1万3036円(税込)となります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP