新着記事

ココロとカラダの健康のために! 意識すべき3つの「ホルモン」

ココロとカラダの健康のために! 意識すべき3つの「ホルモン」

越後亀田縞ハンチング|伝統織物で仕立てた小粋な木綿ハンチング帽

失敗を恐れずに進むことが特効薬|『「感情の老化」を防ぐ本』

40代から始まる「感情の老化」を食い止める方法|『「感情の老化」を防ぐ本』

春の体調管理の鍵を握るのは免疫力を上げる「たんぱく質」!

春の体調管理の鍵を握るのは免疫力を上げる「たんぱく質」!

「褒められると伸びるタイプなんです」と言う部下への接し方

【ビジネスの極意】「褒められると伸びるタイプなんです」と言う部下への接し方

ペーパーグラス|眼鏡作りの聖地が生んだ驚異の薄型軽量読書眼鏡

仏像曼荼羅イメージ 東寺蔵

空海発案の立体曼荼羅21体のうち、15体が集合【特別展「国宝 東寺―空海と仏像曼荼羅」】

災害時に愛猫がPTSDに陥ったら!|知っておきたい「猫のPTSD」治療法

竹製のスタンドにヤシの葉のうちわを常備。和室はエアコンを設置せずに、うちわや扇風機で涼をとります。網戸がなく、窓を開けっ放しにしているため、家中のいたるところに置いている蚊取り線香入れは、バリ島でつくられたもの。

春過ぎて夏を待つ日に葉山の家へ【桐島かれん『KAREN’s』】

50代夫婦1000名に聞いた定年対策 実態調査!|「定年退職後も夫には外で働いてほしい」は9割近く!!

妻の9割は「定年退職後も夫には外で働いてほしい」|50代夫婦1000名に聞いた「定年後のライフスタイル」

サライ本誌最新号

住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。
  2. アウトサイド・ジャパン展

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

シニアの再就職|立ちはだかる「年齢制限の壁」と「スキル・経験不足」

シニアの再就職|再就職の際、最も苦労したことは「年齢制限の壁」

人生100年時代に突入した、と言われている現代。定年を迎え会社を去っても、再就職を考えるシニアは決して少なくないだろう。

高齢者の就労支援を行う株式会社マイスター60が実施した、再就職に成功した30代から70代までの当社の全派遣スタッフ310名に再就職活動についてのアンケート調査から、60歳以上の男女計150名の有効回答の結果を発表しよう。

シニアの再就職

・再就職シニアの4人に1人が悩む「年齢の壁」

マイスター60の派遣スタッフの中で60歳以上の再就職成功者150名を対象に、マイスター60に登録する前の再就職活動において最も困ったことを聞いたところ、最も多かったのが「年齢制限の壁(27.3%)」だった。

「年齢制限の壁」と回答した人の中には、求人条件では年齢制限が記載されていないので応募したが、実際には年齢制限が設定されており断られてしまったと回答した方も少なくなく、年齢制限の壁に多くの人が直面している実態がうかがえた。

また「スキル・経験不足」と回答した人も12.0%いた。「その他」の自由回答として多かったのが、「不採用が続くため精神的に気が滅入った」という精神的な問題や、「現役と再就職後の仕事内容のギャップ」「新しい設備に知識が追いつかない」などの環境変化への戸惑いなどが見られた。

シニアの再就職

・再就職した理由は「生活のため」に並び「やりがい・生きがいを求めて」が上位に

次に再就職をした理由を聞いたところ、「生活のため(50.7%)」「やりがい・いきがいを求めて(50.7%)」が共に並び上位に入り、収入面だけでなくやりがいや生きがいといった要素も、大きな就労意欲の動機として考えられていることが分かる。
シニアの再就職
シニアの再就職

・「自身のキャリアを今の業務に活かせている」と感じている方ほど、業務への満足度は高い傾向有り

次に現在の業務に自身のこれまでのキャリアが活かせているかどうかを聞いたところ、71.3%の方が活かせていると回答。合わせて現在の業務への満足度を聞いたところ、高いと回答した方は全体の35.3%という結果となった。

シニアの再就職

続いてキャリアを活かせているかどうかと業務満足度の関連性を調べてみると、キャリアを活かせていると回答したうちの45.8%の人が満足度が高いと回答した一方、あまり活かせていないと回答した人では9.4%、全く活かせていないと回答した方に限っては満足度0%という結果となった。

こうした結果から、現在の業務に自身のキャリアを活かせているかどうかと、仕事への満足度には一定の関係性が見られ、自身のキャリアをどのように活かしながら再就職できるかが、満足のいく再就職先選びのポイントとなると考えられる。

シニアの再就職

シニアの再就職

・「可能なまで働きたい」と6割が回答
・今の仕事について家族が喜んでいる68.7%

続いて今後、何歳まで働きたいかを聞いたところ、「可能な限り働きたい」と回答した人が最も多く60.7%の方が回答。合わせて家族の方が現在の仕事についてどのように感じているかを聞いたところ、68.7%の方が「喜んでいる」と回答した。

■これから再就職されるシニアへアドバイスを。(自由回答方式/一部抜粋)

「健康に留意。年下の管理職との対応時、相手を立てること。相手の意見をよく聞き、自分は新入社員(新人・初心者)と思って働くこと。」(70歳・男性)
「今までの肩書や実績は一切忘れること」(66歳・男性)
「できるだけ資格(国家)を取得しておくことをお勧めします」(62歳・男性)
「健康第一。そして過去のプライドは捨てること」(73歳・男性)
「職場に慣れるために周りへの態度、挨拶を明瞭にし、適度なコミュニケーション力を持つ事」(73歳・男性)
「資格取得をお薦めします。万一の場合『芸は身を助ける』と諺があるように、資格が助けとなると思います。」(72歳・男性)
「自慢話は絶対にしない事。前の職場のやり方を言わない。新派遣先のやり方をそのまま受け入れて、是非を言わない、考えない、素直に。年寄りの頑固さを捨てること。」(65歳・男性)
「派遣先の現場を取り仕切っているのは年下の若い人たちなので、若い人から謙虚に物を教えてもらう気持ちが大切だと思います。」(60歳・女性)

以上のように再就職されるシニアへのアドバイスとして、「健康に気を使うこと」や「謙虚さを忘れないこと」、「活用できる資格をある程度事前に保有しておくこと」などが多く見受けられた。

* * *

いかがだっただろうか。再就職活動には、想像以上に年齢の壁が立ちはだかっていることがわかった。また、今までの自分のキャリアを活かした再就職が満足度の高いものとなるようだ。可能な限り働きたいと思うシニアも多く、家族も喜ぶ再就職。自分にも家族にも、満足できる再就職活動を行いたい。

【調査概要(※マイスター60調べ)】
調査対象:マイスター60に在籍する再就職に成功した33歳から79歳までの全派遣スタッフ男女計310名を対象にアンケートを実施。 全有効回答数162名の中から60歳以上の方の回答(男女計150名)を抽出し調査対象とした。※全体回答率:52.2%
有効回答数:150名(内訳:男性147名/女性3名、 60代98名/70代52名)
調査期間:2018年1月15日~2018年2月28日
調査方法:郵送調査

※株式会社マイスター60  https://www.mystar60.co.jp/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP